エンタメ・芸能

浅川梨奈はEカップ!スリーサイズは?【画像】水着でマガジンを独占

投稿日:

浅川梨奈 かわいい 画像

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーであり、グラビアでは様々な雑誌の表紙を飾る浅川梨奈さん。「1000年に1度の~」と称される抜群のスタイル!

 

次期グラビアクイーンをも予感させる驚異のスリーサイズは?「セクシー過ぎる!」と話題沸騰中のCMとは?

 

アイドルの域を越えたグラマラスボディの秘密に迫ります!

浅川梨奈さんのWikipedia風プロフィール

【名前】あさかわ なな
【愛称】なぁぽん
【生年月日】1999年4月3日
【出身地】埼玉県
【身長】158.9cm
【体重】ー kg(りんご1個分♡)
【スリーサイズ】B-W-H cm
【靴のサイズ】23.5cm
【血液型】B型
【趣味】アイドル研究
【特技】なわとび 一発芸(高速まばたき)オタ芸
【所属】エイベックス・マネジメント

浅川梨奈 SUPER☆GiRLS 画像

浅川梨奈さんのイメージカラー(超絶カラー)はミントグリーン。

 

キャッチコピーは「アイスト1のアイドルヲタク!私の辞書に沈黙の文字はないのだーっ!」と得意のアイドルについて語り始めると止まらないマシンガントーク。

 

メンバーだけでなくファンからも愛される人懐っこい性格。「誰からも愛される」というアイドルとしての絶対的要素を持って生まれたのかもしれないですね。

 

個人としての活動も目覚ましく2015年6月に発売された「週刊プレイボーイ」で本格的な水着グラビアに挑戦。これが彼女の飛躍のきっかけになったんです。

 

2015年8月に発売された「週刊ヤングマガジン」では表紙、巻頭グラビア、巻末グラビアのすべてに起用されたんです。初登場にしてグラビア誌面を独占したのは創刊以来、彼女が初めての快挙なんですよ!

 

2016年に発売された雑誌や電子雑誌の中で表紙を飾った回数が多かった女性として「第3回カバーガール大賞」のコミック部門を受賞しています。

【原点】アイドルが好き過ぎて!本当にアイドルになっちゃった!

とにかく自他ともに認めるアイドル好き、アイドルヲタクの浅川梨奈さん。アイドルを目指したきっかけもSUPER☆GiRLSへの憧れからでした。

「私は小学2年生のころからアイドルが好きで“アイドルになりたい”と思うようになったのがきっかけです。

観たり聴いたりも好きでしたし、自分でもMVを見ながら踊ったり、カラオケで歌ったりするのが好きで。それでアイドルを目指しました」

SUPER☆GiRLSを受ける前にAKB48のオーディションを受けて2度も落選した経験があるそうです。今では彼女を落とした関係者は悔しがっているかもしれないですね(笑)

【魅力】奇跡のスリーサイズ?「1000年に1度の」水着グラビア!

浅川梨奈 水着 グラビア 画像

浅川梨奈さんのグラビアを見た人は圧倒的なスタイルに絶対に驚くと思います。引き締まったヒップ、細くくびれたウエスト、グラマーなバスト。そのスリーサイズは推定B88-W61-H85のEカップ。

 

きっと、彼女のファンの中にはドラゴンボールのスカウター並みの眼力を持っている人がいるはず(笑)

 

ジムに通いながらも極力なら動きたくないと話す浅川梨奈さん。美しいボディを維持する秘訣を聞いてみると……?

 

「リハーサルで思いっきり汗をかくこと」なんだそうです。つまり、ダンスで鍛えた見事なスタイル。アイドルになったからこそ生まれた奇跡のスリーサイズだったんですね。

【画像】CMが「セクシー過ぎる!」と話題沸騰中!

浅川梨奈さんの抜群のスタイルが存分に生かされているCMが放送されているって知っていましたか?

 

2017年12月1日から放送開始となったエイリアンと人類の攻防を描く大人気ゲーム「地球防衛軍5(PS4)」のCM。放送直後から「このCMの女の子って誰?」と話題に!

 

「ねぇ!入隊しよ!」の合言葉とともにショートパンツとタンクトップというセクシーな姿でトレーニングする浅川梨奈さん。

浅川梨奈 CM 画像

浅川梨奈 CM 画像

 

普段からジムに通っているものの撮影では1日に何度もトレーニングするのは初めてで筋肉痛になったと撮影秘話を明かしています(笑)

 

また、「小学生のころからめちゃくちゃゲーマー」と話す彼女。

 

友だちと鬼ごっこをしながらゲーム、ちょっとした移動中もゲーム、今でも気軽にできるスマホゲームは欠かせないとゲームに対する熱意を語っていました。

 

さて、「将来は女優になりたい!」と話す浅川梨奈さん。憧れる女優には「目の演技力が好きだから」と戸田恵梨香さんの名を挙げています。

 

女優に転向するにつれて水着でのグラビアを控える場合があります。20代半ばには彼女のグラビアが見れなくなるかも?と思うと寂しくなりますね。

-エンタメ・芸能