魅惑の美女・美人アスリート

伊藤ふたばがかわいい【画像】筋肉がヤバい!父の仕事は?家族の秘話

投稿日:

伊藤ふたば かわいい 画像

2020年の東京五輪で正式種目になったスポーツクライミング。日本は世界でもクライミング強豪国って知っていましたか?その中でも次世代のエースと呼ばれている伊藤ふたば選手

 

そんな彼女の研ぎ澄まされた筋肉が美しすぎるんです!

 

Wikipediaでは知ることのできない伊藤ふたば選手の素顔に迫ってみたいと思います!

伊藤ふたば選手のWikipedia風プロフィール

【名前】いとう ふたば
【生年月日】2002年4月25日
【出身地】岩手県盛岡市
【身長】160cm
【体重】44kg
【血液型】ー 型
【家族構成】父 母 兄
【趣味】練習 クライミング
【特技】トレーニング(体幹)
【出身校】盛岡市立松園中学校
【最高グレード】ボルダリング初段 リード5.13a
【ホームジム】THE STONE SESSION

伊藤ふたば 脇 画像

2017年1月に開催された「第12回ボルダリングジャパンカップ」で野口啓代選手、野中生萌選手らを抑えて優勝した伊藤ふたば選手。

 

これは第1回大会で野口啓代選手が記録した16歳3ヶ月を大幅に更新する14歳9ヶ月での史上最年少記録となりました。

 

スポーツクライミングには種目が3つ。高さ15メートルの壁を登る速さを競う「スピード」。高さ15~20メートルの壁をどこまで登れたかを競う「リード」。技術的に最も難しい高さ5メートルのルートを登る「ボルダリング」。

 

その中でも彼女はボルダリングが得意。

「登りながらホールドに飛びつくランジが好き。1回ではなかなかクリアできないけれど、登り切ったときの達成感が魅力」

この種目は「体を使ったチェス」と呼ばれるのでパズルを解くような感覚がやみつきになるんでしょうね。

【原点】初めて目にした15mの巨大な壁!父・崇文さんも驚いた才能!

伊藤ふたば ボルダリング 画像

伊藤ふたば選手が住む盛岡市には市の運動公園や公営施設にクライミングができる壁があるんです。身近にクライミングに触れる機会があるのは競技を始める環境として最高ですね!

 

クライミングが趣味の父・崇文さんに連れられて初めて目にした15mの壁。小学校3年生、9歳だった彼女はいとも簡単に登り切って才能の片鱗を見せました。

「もともと高い所が好きで、はまってしまった。完登したときは気持ちがいい」

そんな彼女が残してきた成績がこちら!

  • 2014年「第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会(リード・アンダーユースB)」 2位
  • 2015年「クライミング日本ユース選手権リード競技(アンダーユースB部門)」優勝
  • 2015年「全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会(ユースC)」優勝
  • 2015年「IFSC クライミング・アジアユース選手権」リード、ボルダリングで二冠
  • 2016年「全日本クライミング日本選手権リード競技大会(全日本ユース選手権も兼ねた)」に出場。女子のシニアの部で3位。ユースBの部で優勝
  • 2016年「IFSC世界ユース選手権(ボルダリング・女子ユースB)」2位

父・崇文さんも2016年の岩手県ボルダリング大会でマスター一般の部で2位の実力者ですが史上最年少優勝を決めて、今では日本を代表するクライマーへと成長した娘について、

「クライミングを始めた小学生のころは登り方を教えていたけれど、今はこちらが教えられている。優勝が決まった瞬間には涙が出た」

と喜びを語っています。

【夢】性格は負けず嫌い!憧れの人を越えて五輪で金メダルを!

「マイペースでふわふわしているけど、負けず嫌い」と話すのは父・崇文さん。

 

平日は3時間、土日は5~6時間も練習するんですが伊藤ふたば選手にとってはクライミングが趣味であり、生きがい。練習は苦になりません。

 

彼女が手本にしているのが2008年、2009年のW杯ボルダリング種目で2連覇を達成した野口啓代選手。

 

啓代ちゃん、ふうちゃんと呼び合う姿はまるで姉妹のよう。本当に仲が良くて、トレーニングを一緒にこなし、自宅にも泊まりに行く間柄。でも、競技が始まると話は別。

「お手本にしているけれど、私は負けず嫌い。啓代ちゃんを越えて世界チャンピオンになったら五輪のメダルが見えてくるはず」

【画像】かわいい!そして、一切無駄のない筋肉美!

長い手足で長身。無駄な筋肉がなく軽量。関節の柔軟性。競技に必要な素質を持って生まれた、まさにクライミングの申し子。体脂肪率は8%というから驚きですよね(笑)

 

ボルダリングで壁を登るときに体を支えるための突起物(ホールド)は指の第一関節だけで掴む場合もあるんですよ!すごい握力ですよね?

 

ちなみに、20代後半の女性の平均握力が28kgに対して伊藤ふたば選手は55.5kg。さすが超一流のアスリートですね!

-魅惑の美女・美人アスリート