鈴木愛の体重は?お腹が太りすぎ?病気で痩せた件が心配【画像比較】

日本人初となる3週連続優勝(史上2人目の快挙)を飾り、勢いに乗っている鈴木愛選手。2年ぶりの賞金女王奪還に前進です。

 

その活躍と同じくらいに彼女の「お腹」が気になると話題!いわゆるアスリート体型ではなく少しボリューミーな体型。

 

最近は痩せたといわれていますが・・・果たして真相は?過去の画像と比べてみるとびっくり!

広告

鈴木愛選手のWikipedia風プロフィール

【名前】すずき あい
【生年月日】1994年5月9日
【出身地】徳島県三好郡
【身長】155cm
【体重】58kg
【血液型】B型
【平均飛距離】240ヤード
【得意クラブ】パター
【ベストスコア】65(サンライズヒルズ)
【出身校】倉吉北高等学校
【プロテスト合格年】2013年(85期生)
【所属】セールスフォース
【契約】
クラブ:PING
ボ―ル:タイトリスト
ウェア:デサント
シューズ:フットジョイ

過去5年間の獲得賞金とランキング
2018年1億4422万5665円3位
2017年1億4012万2631円1位
2016年1億2493万9506円5位
2015年5644万8371円5位
2014年6042万4436円14位

2019年シーズンの賞金女王争いは熾烈。鈴木愛選手、申ジエ選手、渋野日向子選手が三つ巴で争っています。

 

2017年に自身初となる賞金女王を手にし、再びその座に就けるかどうかに注目。また、今年は史上3人目となる年間7勝を達成し、さらなる上積みにも期待されています。

 

ちなみに年間に10勝をあげた選手は2003年の不動裕理選手のみ。まさにレジェンドです。

広告

【強い】ドッシリとした下半身がブレないスイングの秘密

鈴木愛選手の魅力は高い精度のドライバーショットと正確無比なパット。

 

プロになった直後こそ練習嫌いで有名でしたが今では真っ暗になるまでパット練習を続ける日も珍しくありません。

「人よりたくさん練習しても、トップには程遠い。こんなに練習してもトップになれないなら、もっと練習しないと」

生まれ持っての負けず嫌いな性格が向上心と探究心に火を付けたと言います。

 

鈴木愛選手がクラブを振り上げたとき(バックスイング)がすごい!腰の強いひねりが飛距離の秘密。背中だけでなく腰までもがボールに向くほど、ひねられています!

 

そこまで右に体重移動して軸がブレないのは強い体幹のおかげなのかな?と感心。

広告

【病気】ストレスからの腹痛?病名は過敏性腸症候群?

2019年シーズンの「伊藤園レディス」で優勝し、史上3人目の年間7勝を達成した鈴木愛選手。

 

一見すると絶好調に見える彼女ですが今シーズンは左手親指と手首の怪我により4大会連続で欠場するなど本調子ではない様子。また、怪我だけではなく、

「病名は言えないけど、ずっとおなかが痛くて医者からは薬では抑えられない、今のところそこまでする必要はないけど、『もし本当に悪くなったときは(手術を)考えてください』と言われた」

と病気であったことも明かしました。ストレスからの腹痛らしくお肉や脂っぽいものが食べられないそうです。

 

ストレスからの腹痛と聞いて「過敏性腸症候群」ではないかな?と思いました。

 

主な症状は下痢や便秘、またはその両方。頻繁に腹痛に襲われるだけではなく吐き気、食欲不振なども引き起こします。

過敏性腸症候群の原因
  • ストレス
  • 過剰な腸の働き
  • 腸の「知覚過敏」
  • 不規則な生活習慣

上記の原因に加えて自律神経の乱れなども指摘されていますが詳しい原因は解明されていません。

 

常に勝負の世界に身を置くトップアスリートにとっては、さまざまなことがストレスになるんでしょうね。大好きな焼肉も我慢する生活で2kg痩せたそうです。早く万全な体調に戻ってほしいと願うばかり。

広告

【画像】昔と今の鈴木愛選手のスタイルを比較してみた

「痩せた」といわれる一方で「アスリートにしては太りすぎ」といった指摘もあります。

 

ゴルフでは体重が重いほうがボールを飛ばせるといわれ、選手によってはオフシーズンに肉体改造(主にウェイトトレーニング)を行ない体重を増やす選手がいます。

鈴木愛選手もプロデビューしたときより明らかに体型が変わっていて・・・日焼けしている肌も相まってなんか強そう(笑)

 

公称では身長155cmで55kgとありますが筋肉が付きやすい体質なのか見た目以上にゴツく見えます。

最近はムチムチになりすぎてお腹のお肉がベルトの上に乗ってしまっています(笑)スイングのたびにチラッと見える「お腹がかわいい!」と話題だとか?

体重が増えたら怪我に繋がらないの?

サッカーやバスケ、バレーボールなど走って、跳んでを繰り返すスポーツでは自身の筋力よりも体重が重ければ膝や腰への負担が大きくケガに繋がりやすくなります。

 

ゴルフでは体重の増加はケガに繋がらないのでしょうか?

 

スイングのインパクトの瞬間に左足に一気に体重をかけてスイングすると左ひざ外側のじん帯を痛めたり、スイングの動作中に無理に膝をひねると十字じん帯を痛めることがあります。

 

鈴木愛選手がテーピングをしてプレーし始めたのは2016年の6月ごろから。2017年5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」でも左ひざにテーピングを巻いてプレーしている姿を見かけました。

「左ひざの少し上あたりで内側が痛く、インパクトからフォローで左足を踏ん張るのでしんどいです。傾斜が強いと体で打ちにいくので痛みが強くなります」

ツアーで随一の練習量の多さと言われる鈴木愛選手。「練習しなかったから悪いスコアが出たとは思われたくない」と負けず嫌いな性格がケガに繋がってしまったようです。

 

現役を続けていく限りはケガと向き合いながらプレーを続けていくしかないですね。ただ、無理はしないように息の長い選手になってほしいなと想います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました