鈴木愛のふてくされ顔が嫌い?態度悪すぎは本当?性格から暴く素顔

こんなにも喜怒哀楽がハッキリわかる選手も珍しい。2013年の森田理香子選手以来の日本人賞金女王となった鈴木愛選手

 

2019年シーズンも豪快なスイングと繊細なパターを武器に賞金女王へ一直線です。

 

そんな彼女に囁かれる「ふてくされ顔が嫌い」、「態度が悪すぎる」といった声・・・。

 

Wikipediaでは知ることのできない彼女の「ふてくされた態度の真意」に迫ってみたいと思います!

広告

鈴木愛選手のWikipedia風プロフィール

【名前】すずき あい
【生年月日】1994年5月9日
【出身地】徳島県三好郡
【身長】155cm
【体重】55kg
【血液型】B型
【平均飛距離】240ヤード
【得意クラブ】パター
【ベストスコア】65(サンライズヒルズ)
【出身校】倉吉北高等学校
【プロテスト合格年】2013年(85期生)
【所属】セールスフォース
【契約】
クラブ:PING
ボ―ル:タイトリスト
ウェア:デサント
【生涯獲得賞金】4億8827万4944円(歴代30位)

過去5年間の獲得賞金とランキング
2018年1億4422万5665円3位
2017年1億4012万2631円1位
2016年1億2493万9506円5位
2015年5644万8371円5位
2014年6042万4436円14位
広告

【安定の強さ】日本人女子として4年ぶりの賞金女王

ボテンシャルは十分!将来は2年連続での賞金女王に期待したい

2017年シーズン、鈴木愛選手は年間獲得賞金・1億4012万2631円でを獲得し、自身初となる賞金女王の座を手にしました。

 

日本人では2013年の森田理香子選手以来となる快挙。彼女の知名度のグーンと伸びたことは間違いありません。

 

2018年は惜しくも賞金女王の座をアン・ソンジュ選手に譲ってしまいましたが安定の強さで3位でシーズンを終えています。

 

さて、2019年シーズン。2019年11月の第2週目を終えて賞金ランキングは1位。再び賞金女王の座を手にすることができるのか?最終戦まで見逃せません。

 

鈴木愛選手に期待するのは「2年連続賞金女王」です。

 

日本人ではレジェンド・不動祐理選手が2000年~2005年まで6年連続で獲得して以来、日本人が2年連続で賞金女王の座に輝いたことはありません。

 

日本女子プロゴルフ界を盛り上げるためにも“絶対的なヒロイン”が必要!そう、宮里藍さんのような!

鈴木愛選手と宮里藍さんのゴルフを通じた「縁」とは?

実は宮里藍さんと鈴木愛選手にはゴルフを通して「縁」を感じるエピソードがあるんです。

 

鈴木愛選手が注目されるきっかけとなったのが2014年9月「日本女子プロゴルフ選手権」でのレギュラーツアー初優勝。

 

これは宮里藍さんが2006年に21歳83日で達成した同大会史上最年少勝利を更新する20歳128日での優勝だったんです。

 

そして、運命的なのは彼女がプロゴルファーを目指そうと思ったきっかけが宮里藍さんが同大会で優勝する姿を見たことだったと言います。

 

自身が憧れた選手の記録を塗り替える。漢字は違えど、同じ”あい”という名前を持つ選手が。

 

彼女には宮里藍さんを超える選手として期待せずにはいられません!

広告

【態度悪すぎ?】ふてくされた顔はセルフコントロールだった?

鈴木愛選手はミスをするとあからさまに苛立った態度や悔しさを表情に出したままプレーすることがあり、一部では「ふてくされた態度が嫌い」「プレー中の態度が悪すぎる」と言われています。

 

今まで彼女のプレーを見てきて「確かにその通り!」と思うこともありました。でも、感情を表に出すのには理由があったんです。

「ミスをしたらその場で(気持ちを)処理するようにしていました。もやもやした気持ちを次に持ちこさないためには感情を一度表に出して気持ちを切り替えた方がいいと思っていたので」

また、彼女自身もゴルフに対する姿勢を改めようと思ったと言います。

「その(不機嫌な)シーンだけを偶然見てしまった人はどう思うかを考えたんです。不機嫌そうにプレーしているだけのゴルファーとは思われたくないし、ファンの方を嫌な気分にさせてしまっては申し訳ないですからね」

今でも態度に出てしまうことがあるので彼女が目指す「ファンの方を魅了できるプロになりたい」という理想に近づくためにはまだまだ気持ちのコントロールが必要。

 

それでもショットの調子がいいとき、パットが決まったときに見せる笑顔を見れば「」となる。

 

今では彼女のふてくされた態度は最高級の笑顔までの伏線です(笑)しっかりと伏線を回収できるように声援を送り続けましょうね♪

広告

【目標】強さも大事ですがゴルファーとしての品格も大事です!

勝って結果を出しているなら、どんな態度でプレーしてもいいのか?といえば、それはNO。これは鈴木愛選手も十分に理解していることだと思います。

 

名前が同じ”あい”ということで比較されるのは国民的スターである宮里藍さん。問われるのは結果だけでなくプロアスリートとしての品格ではないでしょうか?

 

鈴木愛選手がプロになった直後は練習嫌いで有名。それを見かねたメーカー関係者から、

「怒られました。『せっかくの才能が台無しだ』とまで……。練習が好きではなかったけど、繰り返しているうちにルーティンが出来上がった」

彼女がテーマに掲げたのは「クラブハウスを最後に出る選手になる」。今では日没まで練習することが当たり前になりました。

「自分で言うのもおこがましいですが、『”あい”と言えば鈴木愛』と言われるのが目標です。そのためにはもっと自分に厳しくならなきゃ」

今、鈴木愛選手は自身のプレーに対する態度や練習に対する姿勢を改革中。もう少しの間、彼女を温かく見守ってみませんか?(笑)

 

鈴木愛選手、自身が目指す「ファンを魅了することができるプロになりたい」という目標に少しでも近づけましたか?

 

2017年の賞金女王は彼女が心技体のすべてでベストパフォーマンスを出した結果だと思います。

 

ファンになってしまえば「ふてくされた顔」もかわいく見えてしまうもの(笑)2019年の最終戦までを今の勢いのまま突っ走ってほしいなと思います。

コメント

  1. ドラなお より:

    本当にこの人が上位にいると気分が悪いです、まして優勝争いをしていたらチャンネル替えます。

タイトルとURLをコピーしました