トゥクタミシェワの現在は?太った?胸元の色気がヤバい!妖艶な魅力

トゥクタミシェワの現在は?太った?胸元の色気がヤバい!妖艶な魅力

エリザベート・トゥクタミシェワ 画像
シンクロナイズドスイミングや体操、フィギュアスケートなど「美」を競う競技に強いロシア。その中でも最もセクシーだと話題になっているのがフィギュアスケートのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手

 

最近、活躍を見なくなってしまったので引退してしまったのでしょうか?

 

Wikipediaでは知ることのできないトゥクタミシェワ選手の魅力に迫ってみたいと思います!

エリザベータ・トゥクタミシェワ選手のWikipedia風プロフィール

【愛称】Liza(リーザ)
【代表国】ロシア
【生年月日】1996年12月17日
【出身地】沿ヴォルガ連邦管区ウドムルト共和国グラゾフ
【身長】158cm
【コーチ】アレクセイ・ミーシン、タチアナ・プロコフィエワ
【振付師】タチアナ・プロコフィエワ、エマニュエル・サンデュ

パーソナルベスト
トータルスコア 210.40 2015 欧州選手権
ショートプログラム 77.62 2015 欧州選手権
フリースケーティング 141.38 2015 世界選手権
  • これまでの主な成績
    ・2015年「世界選手権」優勝
    ・2015年「欧州選手権」優勝
    ・2014年「GPファイナル」優勝
    ・2013年「欧州選手権」準優勝
    ・2012年「ロシア選手権」優勝
  

【現在】引退した?トゥクタミシェワ選手の”今”に迫る!

「トゥクタミシェワ選手の姿をすっかり見なくなってしまった」とガッカリしているファンはあなただけではありませんよ?

 

安心してください!引退はしていませんよ!

 

2016-2017のグランプリシリーズの第2戦カナダ大会では4位。第5戦中国大会で5位。2017-2018のグランプリシリーズは第3戦中国大会で7位。第5戦フランス大会で9位と大会には出場しています。

 

そもそもロシアは国内で代表の座を勝ち取るほうが熾烈なんです。ロシアでは毎年のように有望なジュニア選手がシニアデビューします。

 

エレーナ・ラジオノワ選手(2013-2014年から)、アリーナ・ザギトワ選手(2017-2018年から)、世界女王であるエフゲニア・メドベージェワ選手(2015-2016年から)など。*=()内の数字はシニアデビュー年

 

トゥクタミシェワ選手も世代交代の波に飲み込まれてしまって結果を出せずにいるようです。

【魅力】トゥクタミシェワ選手の妖艶な演技が再び見たい!

トゥクタミシェワ 衣装 画像

10代とは思えなかった貫禄と色っぽさ!

トゥクタミシェワ選手の10代のころと日本の10代の選手を比べてみると……とても同じ10代には見えません(笑)彼女はフィギュアスケーターとは思えないグラマーな体型と妖艶な表情で演技に貫禄を与えています。

 

さらに、彼女のグラマーな体型を引き立たせるセクシーな衣装。2015年の世界選手権で披露した衣装は「それ、本当にサイズが合っているの?」と思ってしまうほどセクシーな衣装でした。

トリプルアクセルを成功させるジャンプ力!

数年前からトゥクタミシェワ選手はトリプルアクセルを練習する動画をネットに投稿。女子でトリプルアクセル(3回転半)を公式戦で成功させたのは今までに伊藤みどりさんを始め、トーニャ・ハーディング、中野友加里さん、リュドラ・ネリディア、浅田真央さんの5人。

 

彼女は2015年3月に開催された世界選手権のショートプログラムでトリプルアクセルを成功。史上6人目のトリプルアクセルジャンパーとなりました。

 

彼女の筋肉はバネのように柔らかく、強い!どのジャンプも上へ上へ高さを出そうと跳ぶジャンプは男子のような力強さがあります。

 

とくに力強さが目に見えるのはコンビネーションジャンプの連続技。「3回転ルッツ+2回転トゥループ+2回転ループ」の最後のジャンプ。他の選手は小さく低いジャンプになりがちなのを1回目の3回転ルッツとほぼ変わらない高さで跳ぶところに驚かされます。

 

 

ロシア仕込みの正確なステップとスピン!

トゥクタミシェワ選手の演技はどうしてもダイナミックなジャンプに目が行きがち!ジャンプだけに頼らない”冷静で大人な演技構成”がスコアを底上げしています。

 

ジャンプでも生かされた体の柔らかさは弾むゴムボールのようでスケートリンクを縦横無尽に跳ね回ります。体の上下に複雑に動かす個性的な振り付けは他の選手にはない独創性。観客に「次はどんな動きをするの?」とワクワク感とアッと驚くような感動を与えてくれます。

 

トリプルアクセルを成功させたジャンプの高さとステップ・スピンの正確さが武器となり2015年世界選手権のショートプログラムでは世界歴代3位となる77.62という得点を記録しました。

【画像】太ったという噂は本当?比較して検証してみた!

2013-2014シーズンのトゥクタミシェワ選手を襲った突然のスランプ。

 

その原因は成長期。自然と体重が増加してしまって彼女の武器であるジャンプの高さが出なくなりました。それが演技全体にも影響してステップやスピンはバラバラ。集中力を欠いた演技でソチ五輪出場を逃してしまいました。

 

体重が100グラム違うだけでもジャンプに影響するという選手がいるほど繊細な感覚。それがキロ単位で変わってしまっては影響が顕著に表れるのも当然ですね。

 

彼女のジュニア時代と2014-2015シーズンの画像を比較してみました。

トゥクタミシェワ 太った 画像

ジュニア時代に比べると身体に厚みが増していますよね?このグラマーな体型が10代とは思えない妖艶な演技を生み出していました。

 

女子の選手の中には体重を気にして過剰な減量を続ける選手がいます。体重が落ちると同時に競技に必要な筋肉まで落ちてしまいます。

 

トゥクタミシェワ選手は体重が増加したときでも変わらず練習を続けたことでジャンプに必要な筋肉が鍛えられたのでしょう。ベストな体重ではその筋肉が高いジャンプを生む原動力です。

 

2013-2014シーズンは引退を噂されたトゥクタミシェワ選手。何度も不死鳥のごとく不調を乗り越えてきたので2017-2018シーズン以降の復活に期待したいですね。

フィギュアスケートカテゴリの最新記事