バスケットボール

三好南穂(なほ)の姉もかわいい?彼氏がいそう?美女シューターの素顔

投稿日:2017年12月26日 更新日:

三好南穂 バスケ 画像

より高いレベルでのプレーを求めてシャンソンからトヨタ自動車へ移籍した三好南穂(みよし なほ)選手。正確無比のスリーポイントシュートは打倒JX-ENEOSを果たすために絶対不可欠な要素。

 

そんな彼女をバスケットボールへ導いた姉がかわいいという噂は本当?

 

Wikipediaでは知ることのできない三好南穂選手の素顔に迫ります!

三好南穂選手のWikipedia風プロフィール

【名前】みよし なほ
【愛称】サン
【生年月日】1993年12月21日
【出身地】千葉県市川市
【身長】167cm
【体重】60kg
【血液型】AB型
【家族構成】父、母、姉
【出身校】
・市川市立菅野小学校
・市川市立東国分中学校
・桜花学園高等学校
【所属】
・シャンソンVマジック(2014-2017)
・トヨタ自動車アンテロープス(2017‐)
【ポジション】G
【背番号】12

 

「太陽のような大きな存在になれるように」という意味が込められたコートネームの「サン」。

 

三好南穂選手のポジションはポイントガード。コートの中で指示を出してゲームをコントロールする司令塔の役割です。味方へのパスだけでなく自ら得点するなど総合的に高い能力が求められます。

 

ピンチのときでも安心してゲームコントロールを任せられるという意味でも「サン」というコートネームは彼女にピッタリですね!

【秘話】誰よりも強かった日本代表への思い!

三好南穂 日本代表 画像

2014年に日本代表となり第17回アジア競技大会に出場。全試合にスタメンで出場し、銅メダルを獲得するも三好南穂選手の心は複雑でした。

 

その理由が同時期に開催されていた第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権。

 

会見では「1軍チーム(世界選手権)と2軍チーム(アジア競技大会)ではない」と言われていましたが実力の差は歴然。世界選手権に出場できなかったというのが彼女の心に引っかかっていたんです。

 

2014-15年シーズンのケガで一度はメンバーに選ばれたもののリオ五輪の出場権が懸かった第26回FIBA ASIAバスケットボール選手権大会のメンバーから外れてしまいました。

 

その悔しい想いをぶつけたのが2015-16シーズンでした。リーグ戦では平均得点18点、リバウンド平均6.5、アシスト平均4.5というキャリアハイの成績でチームを3年ぶりのプレーオフ・セミファイナルへ導きます。

 

残念ながらチームは敗れてしまいましたが過去最高のパフォーマンスを発揮した成長力と勢いが評価されてリオ五輪日本代表入りを決めました。

【経歴】姉に影響を受けて!中学、高校時代の成績は?

三好南穂選手がバスケットボールを始めたのは小学校2年生のとき。ミニバスでプレーしていたお姉ちゃんの影響はあったものの一番の理由は「ダイエット目的」でした(笑)

 

小学校、中学校とバスケットボールに夢中になり、中学2年のときには都道府県対抗ジュニアオールスターで千葉県代表として全国制覇。

 

そして、進学先は全国屈指の強豪校・桜花学園高校でした。高校3年生のときにはインターハイで3位を経験。また、早くから国際試合の経験も積んでいて世界の高さへの対応力もあります。

  • 2010年「U-17女子世界選手権」では司令塔として5位入賞に貢献
  • 2011年「第1回ユース3×3世界選手権大会」に出場し、銅メダル獲得

「勝ったときは一緒に喜び合い、負けたときは一緒に悔しがる仲間がいる。そうやって絆が深くなる」と話すようにダイエット目的だったバスケットボールは彼女にとってはかけがえのないものに変わったんですね。

 

さて、彼女をバスケットボールの道へと導いたお姉さんですが残念ながら顔写真や画像は見つかりませんでした……。でも、きっと、きっと美女に違いありません(笑)

【魅力】爆発力に期待!正確無比のスリーポイントシューター!

三好南穂 みよしなほ バスケ 画

外から射抜くスリ-ポイントシュート!

「ドリブル、パスの技術はポイントガード=PG(司令塔)として吉田亜沙美選手や町田瑠唯選手に負けているかもしれないけれどシュート力では負けない」

その言葉と自信の通り2015-16年シーズンのスリ-ポイントシュートの成功率は48.28%で2位。平均得点は2015-16年シーズン通して16.25点とキャリアハイを記録。今最も成長著しい選手と言えます。

 1対1の駆け引きのうまさ!

三好南穂選手のスリ-ポイントシュートはディフェンスにとって「この距離なら打ってこないだろうな」という距離から決めてしまうところが大きな強み。

 

ディフェンスはシュートを打たせないために間合いを詰めるしかありません。すると、一瞬のスキを逃さずドリブルで抜き去ってしまいます。

 

次はディフェンスの頭に「ドリブルでも抜いてくる」というイメージが刷り込まれて容易に間合いを詰めることができません。こうなれば思うツボ!彼女のスリ-ポイントシュートが火を噴きます。

チームを勝利に導く爆発力に期待!

よくスポーツで極限に集中したときを「ゾーン」と呼びますがバスケットボールではゾーンに入った選手はシュートを外しません。……これマジで(笑)

 

彼女の負けん気の強さが生む勝負どころでの爆発力はまさに「ゾーン」。

 

U-17世界選手権では平均13分弱という短い出場時間ながらチーム4位となる平均6.4点を記録。フルタイム出場していれば20点、いやそれ以上の得点を重ねていたかもしれませんね。

【素顔】彼氏の噂は?結婚願望ってあるの?

小動物系のかわいらしい顔立ちの三好南穂選手。コアなバスケファンからは美人シューターとして知られているんです。

 

彼氏の噂は……。まーーーったくと言っていいほどありません(笑)でも、いつかは持ち味のスリーポイントがゴールを射抜くように素敵な男性のハートも射抜いてほしい!

 

ちなみに趣味は温泉なのでゆっくりと温泉街を浴衣デートできるような男性と出会えたらいいですね。

-バスケットボール