JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

村田理沙の大学中退の理由は?身長•体重やWikiと粘りのスイングの秘密!

   

村田理沙 ゴルフ 画像

ベッキー似の美人ゴルファー・村田理沙選手。
グアム知事杯女子ゴルフトーナメントの優勝をきっかけに注目を集めています。

 

どうしてもビジュアルが先行してしまいますが、見た目だけではないということを早く証明して欲しいなと思います!

『ゴルフを始めたきっかけや過去の成績は?』

『TPD単年登録ってなに?』

『村田理沙選手のスイングの特徴や動画』

『オフの過ごし方は?大学中退の理由は?』

などの話題を中心に村田理沙選手の魅力や素顔に迫ってみたいと思います‼︎

村田理沙選手のWikipedia風プロフィール

【生年月日】1995年6月22日
【出身地】東京都三鷹市
【身長】161cm
【体重】
【血液型】O型
【出身校】
・杉並学院中学校
・杉並学院高校
・山梨学院大学中退(山梨県)
【スポーツ歴】テニス 水泳
【趣味】アウトドア 読書
【所属】レオパレスリゾートグアム

 

村田理沙選手はお父さんはアメリカ人、お母さんが日本人のハーフ。ゴルファーらしからぬ色白な肌はお父さん似、可愛さはお母さん似なんでしょうね!

 

タレントのベッキーさんに似ていると言われる美しい顔立ち。あとは結果さえ残すことが一気に人気が出ること間違いありません。

 

その将来性に期待したレオパレスは村田選手と所属契約をしました。

 

この契約を結んだことで、グアム島で運営するレオパレスリゾート・グアム内の36ホールのゴルフコース「レオパレスリゾートカントリークラブ」、スポーツ施設「パンパシフィックスポーツセンター」を無料で利用可能。

 

さらに国内7カ所のホテルと賃貸物件もツアー中の宿泊先に利用できます。

 

これはお財布に優しい( ̄▽ ̄)
ゴルフの大会中の宿泊費は選手の自腹。さらにキャディーを連れて行く場合はキャディーの分も選手が支払います。

 

一回の大会に参加すると宿泊費、交通費(飛行機代やレンタカー代など)、キャディーへの報酬や食事代などで30万円から40万円ほど経費がかかります。

 

2015年の女子プロツアーは全37試合。
30試合以上に出場するとなると900万円から1200万円がかかるですから宿泊費が浮くのはありがたい‼︎

ゴルフを始めたきっかけは?

ゴルフを始めたのは小学校3年生で9歳のとき。きっかけはおじいちゃんとおばあちゃんのゴルフ練習について行ったことで興味を持ったからと言います。

 

小学校6年生で出場した全国小学生大会で9位。中学校になるときには『将来はプロになってやる』と中高一貫の杉並学院に進学します。

 

この学校は男子プロの石川遼選手の母校として全国的に有名になりました。

 

ゴルフ部も2004年ごろから前監督の吉岡徹治さんの元で選手の勧誘や育成、練習環境の改善を力を入れてきました。

 

ゴルフの超エリート校というわけではないにも関わらず良い選手が育つ環境がしっかり確立されている学校なんです。

アマチュア時代の成績は?

村田理沙 画像

他のプロの選手に比べてもゴルフを始める年齢が遅かった村田理沙選手。それでもグンと才能を伸ばすことができたのは、やっぱり杉並学院の練習環境と指導方法があったのは間違いないと思います‼︎

 

アマチュア時代から素晴らしい成績を残しています!

  • 2008『全国中学校ゴルフ選手権夏季大会』3位
  • 2009『全国中学校ゴルフ選手権春季大会』2位
  • 2010『日本女子アマチュアゴルフ選手権競技』ベスト16
  • 2011『石川遼ジュニアゴルフトーナメント』優勝
  • 2012『関東高等学校ゴルフ選手権』2位『日本女子アマチュアゴルフ選手権競技』ベスト32
  • 2013『日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部』12位 T
  • 2015年『第13回グアム知事杯女子ゴルフトーナメント』優勝

TPD単年契約とは?

村田理沙選手について調べていると2014年の1度目のプロテストは不合格。2015年に再度受けるも不合格となりました。

 

そこでプロテストには合格していないのにレギュラーツアーに参戦できるの?と疑問が!

 

レギュラーツアーの参加資格を獲得するためにQT(クオリファイングトーナメント)という試合に参加します。

 

この試合で最終予選を通過すると1年間限定でプロ資格が与えられて試合数は限られるもののレギュラーツアーに参戦できるんです。

 

これをTPD(トーナメントプレイヤーズディビジョン)単年登録と言います。

 

また、
レギュラーツアーで優勝すればプロテストの実技が免除になるという特典があります。

 

じゃあプロテストに合格しなくてもいいのでは?と思いますが、TPD単年登録には1年で54万円の登録料やクオリファイングトーナメントの参加費の108000円が必要になります。

村田理沙さんのスイングの特徴は?

村田理沙 スイング 画像

村田選手のドライバーの平均飛距離は244ヤード。女子プロゴルファーの中では平均よりちょっと上くらい。

 

渡邉彩香選手や横峰さくら選手は平均270ヤードも飛ばすので上には上がいるといった感じ(^^;;

 

ただ、
村田選手のスイングはとても綺麗なスイングをしているので、今後トレーニングによってはまだ飛距離が伸びる伸びしろがまだまだあります。

 

村田選手のスイングの特徴は、

身体の柔軟性を生かしたスイング

ゴルフクラブを振り上げた時(テイクバック)に右肩が正面まで向くかと思うくらいにひねられています。

 

この上半身と下半身とのねじれが軽く振っているようなスイングでも飛距離が出る秘密です。肩や腰周り、肩甲骨の柔軟性は生まれ持ってのものだと思います。

 

腕は一本の棒のように振り上げた瞬間も曲がらず、右足を軸とした身体の回転(ボディターン)でスイングしています。

下半身の体重移動をうまく使えている

ゴルフクラブを振り上げるのと同時に左足が少し内側に入ります。

 

スイングの頂点から振り下ろすための切り返しは左足を踏み込むところから始まり、腰、肩、腕の順に動いていきます。

 

ゴルフクラブを振り下ろす(ダウンスイング)のときには左腰が支点となって腰が回転。右足で地面を蹴る勢いも加わります。

 

ゴルフクラブとボールが当たる瞬間には左足を踏ん張ってしっかりと腰を回転。

 

ゴルフクラブを振り切る(フォロー)のときには股関節とお尻の筋肉で押すように左足に体重移動しています。

村田里沙選手のスイング動画

オフの過ごし方は?大学中退の理由は?

オフと言ってもまだプロテストに合格したわけではないので休養というよりもトレーニングがメインの毎日。

 

上田桃子選手とは昔から親交があって、東京都内のジムのトレーナーを紹介してもらい水泳や筋力トレーニング、ロードワークなどの走り込みで体づくりを継続しています。

 

『ゴルフ以外の世界も見てみたい』と山梨学院大学に進学しましたが、今は中退してプロとしてゴルフにより集中できる環境に身を置いています‼︎

 

大学を中退した理由については村田選手の口から直接語られていません。

 

『”超”がつくほどの負けず嫌い』という性格から2度もプロテストに落ちたのならもう次は落ちられないと腹をくくったのかもしれません‼︎

 

当然彼氏を作って遊ぶ余裕は今の村田選手には100%ないでしょうね( ̄▽ ̄)

 

それこそ背水の陣だと思います!

 

ちなみに趣味は映画鑑賞と買い物。好きな食べ物はカルボナーラとミートソース(笑)とゴルフコースから一歩離れれば20代の女の子と変わらない等身大の可愛さが今後さらに人気が出るかもしれないですね(^^)

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です