JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

宮原知子のかわいい衣装【画像】両親は医師?年収は?魅力がない魅力

   

宮原知子 脇 アップ 画像

2018年の平昌五輪でメダルを期待されている宮原知子(みやはら さとこ)選手。日本のエースと呼ぶには「華がない」、「魅力がない」という批判の声もありますが……まさか本気じゃないですよね?(笑)

 

彼女の演技の魅力とは?それを知ればあなたももっと好きになるはず!

 

Wikipediaでは知ることのできない宮原知子選手の素顔に迫ってみたいと思います!

関連記事

宮原知子選手のWikipedia風プロフィール

【名前】みやはら さとこ
【生年月日】1998年3月26日
【出身地】京都府京都市中京区
【身長】152cm
【体重】ー kg
【血液型】B型
【家族】父 母 妹
【コーチ】濱田美栄、田村岳斗、キャシー・リード、岡本治子
【振付師】ローリー・ニコル、トム・ディクソン、ステファン・ランビエール
【出身校】
・関西大学中等部
・関西大学高等部
・関西大学文学部(休学中)
【所属】木下グループ

パーソナルベスト
トータルスコア 218.33 GPファイナル(2016)
ショートプログラム 74.64 GPファイナル(2016)
フリースケーティング 143.69 GPファイナル(2016)

 

宮原知子 全日本選手権 画像

浅田真央選手が引退した日本の女子フィギュアスケート界。全日本選手権では3連覇(2014年、2015年、2016年)を果たしている宮原知子選手は間違いなく日本のエース。

 

前シーズンの終わりに発覚した左股関節の疲労骨折を治療するところから始まった2017-2018シーズン。五輪の代表選考を控える大事な1年間。

 

もう間に合わないかもしれないとまで言われていましたが懸命なリハビリを乗り越え、初戦こそ欠場しましたがグランプリシリーズの第4戦に間に合いました。さらに最終戦では復活優勝を遂げます。

 

グランプリファイナルへはロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手の欠場によって繰り上がり出場。運も味方につけた宮原知子選手。完全復活はもう目の前かもしれないですね!

【家族】両親は医師!宮原知子選手の性格は両親のいいとこ取り!

宮原知子 両親 画像

宮原知子選手の両親はともに医師。父・亮さんは京都市立病院呼吸器外科の部長。彼女の寡黙な性格はお父さん似なんですが頑固で無口なもの同士、とても気が合うそうです。

 

父・亮さんは娘の性格について明かしています。

「いわゆる球技が得意な子ではなかった。ただ、1度できたことができなくなる、ということはないです」

なるほど、なるほど!苦手を克服するために自分が納得するまで練習に打ち込める真面目さの原点ですね。

 

母・裕子さんも京都市立病院血液内科で副部長を務める医師。学生時代は弓道部に所属していましたが運動は苦手。母が語る娘の性格は……?

「人の悪口は1度も聞いたことがない。自分と向き合える性格だから個人競技に適しているのかな」

宮原知子選手ってあまり感情を表に出すことってないですよね?いい意味で淡々としています。自分の悪いところを見つめ直して練習で発散するんでしょうね。

 

ちなみに妹の由紀子さんも姉の姿を見てフィギュアスケートを始めましたが途中から体操に転向。今では両親とともに会場に駆けつけて声援を送っています。

 

フィギュアスケートはお金のかかるスポーツとも言われていますが両親がともに医師で部長と副部長(笑)中規模病院(100人~999人)に勤務する50代男性医師の平均年収が約1800万円、40代女性医師だと約1300万円。世帯年収が3000万円を超えています。

 

両親のサポートのもとで宮原知子選手は恵まれた環境の中で最大限の努力ができたんでしょうね。

【魅力】正確な演技ににじみ出る性格!「ミス・パーフェクト」の由来!

浅田真央選手のようなトリプルアクセルという大きな武器はありませんが「ミス・パーフェクト」と呼ばれ、ジャンプ、ステップ、スピンなどすべての要素で安定している選手です。

 

ミスのない演技の秘密は”練習の虫”と言われるほどの圧倒的な練習量。試合同様に音楽を流しての「曲かけ練習」。どんな選手でも本番並みに全力で滑ることができるのは1日に2回~3回程度。

 

ところが、彼女は1日に10回。多いときは20回もの曲かけ練習をするんです。音楽が流れれば本番と同じ!という気持ちだからこそ、本番で練習通りに滑ることができるんでしょうね!

 

演技の後半でもバテないスタミナも練習で積み上げたもの。演技の最後の最後まで、指先の神経にまで意識を集中させての演技。アッと驚くような演技構成ではありませんがスーッと引き込まれてしまう演技が魅力なんです。

【画像】衣装にこだわり強し!驚きのお値段は?

宮原知子 かわいい 衣装 画像

フィギュアスケートの衣装は選手と振付師が一緒になって衣装の色や形のイメージを考え、デザイナーに伝えます。宮原知子選手は他の選手に比べて衣装に対するこだわりが強いのかもしれません。

 

なぜなら自らがデザインした衣装を着用しているから。

 

ある程度イメージが固まっていてファッション雑誌の切り抜きなどをデザイナーに送る選手はいても自らデザインする選手は珍しいそうです。

 

ちなみにフィギュアスケートの衣装はフルオーダーのため非常に高価。

 

素材や装飾によって値段はバラバラですが鈴木明子さんの衣装が20万円前後、織田信成さんは高いもので50万円。浅田真央さんは一説によると100万円近い値段の衣装なんだとか!

 

演技、楽曲、衣装が揃ってフィギュアスケート。選手がどういう思いで衣装を考えたのかな?と注目してみるのも面白いかもしれないですね!

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です