JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【宮根誠司】嫁のまゆみは韓国人?画像は?不倫・隠し子騒動の時系列

   

宮根誠司 画像

テレビ朝日のアナウンサーを経て、フリーへ転身。今では「情報ライブ ミヤネ屋」の司会として全国区のアナウンサーとなった宮根誠司(みやね せいじ)さん

 

2017年11月30日発売の『週刊文春』には隠し子を産んだA子さんの激白!として記事が掲載されています。

 

現在の奥さんと子供とは別居したのでは?と言われていますが噂は本当なのでしょうか?

関連記事

【時系列】宮根誠司さんの隠し子騒動!愛人Aさんの顔画像は?

宮根誠司 不倫 相手 愛人 画像

  • 1993年1月:モデル(イラストレーター・黒田征太郎氏の娘)と結婚して2人の子供ができる。その当時、出版社勤務の現在の嫁と知り合う。
  • 2004年7月:子供は嫁(モデル)が面倒を見るということで離婚。現在の嫁と交際がスタートするも同年6月に夜のお店で知り合った愛人Aさんとも交際開始(二股)。Aさんは二股を知らなかった。
  • 2006年8月15日:現在の嫁と入籍(公表していないのはAさんに結婚を隠すためでは?)
  • 2007年6月:愛人Aさんに妊娠していることが発覚。このとき初めてAさんは宮根誠司さんが結婚していることを知る。
  • 2008年2月:愛人Aさんが女の子を出産。
  • 2008年11月:再婚していることを公表。
  • 2011年4月~5月:現在の嫁が出産。同じ時期に愛人Aさんが経営するカジノバーで宮根誠司さんの誕生日パーティーが開催される。
  • 2012年1月:『女性セブン』が隠し子がいることを報道。自身の番組の冒頭で事実を認め、謝罪。

【嫁】奥さんの器がデカすぎる!名前は「まゆみ」で韓国出身?

宮根誠司 嫁 まゆみ 画像

宮根誠司さんは愛人Aさんから「子共ができた」と言われたとき、

「そのとき、僕が一瞬でも悩まなかったかと言ったら、嘘になると思います。正直な気持ちは『困ったな……』と思いました。だけど、尊い命が、すでに彼女のお腹の中にいると思ったら、僕がそれを奪ってええんかって考えて……」

愛人Aさんの妊娠を奥さんに伝えるまでに1ヶ月ほど悩んだと言います。打ち明けられた奥さんは1時間ほど沈黙。その後に出た言葉が……?

「(子供を中絶しなかったのは)それはとりあえず正解や。あとはあなたのできる範囲で、自己責任でちゃんとやりなさい」

「離婚」の2文字が口から出てもおかしくない状況で相手の女性の立場になって考えることができるなんて、ものすごく器の大きい奥さんですよね?きっと宮根誠司さんは奥さんに頭が上がらないことでしょう!

 

奥さんが韓国出身なのでは?と言われていますが、その噂の信ぴょう性は低そうです。噂の発端は「アナザースカイ(日本テレビ)」で訪れた先が韓国で観光大使を務めるほどの韓国好き。

 

韓流ドラマ「冬のソナタ」で韓国の魅力にハマってしまったんだとか。

 

そのため、理想の女性のタイプも韓国の女性なのでは?=現在の奥さんは韓国出身なのでは?と憶測が広がったようです。

【真相】嫁・子供とは別居中という報道は本当?

2017年11月27日発売の『女性自身』が宮根誠司さんが妻子との別居を報道。愛人Aさんとの不倫や隠し子をも受け入れてきた奥さんも堪忍袋の緒が切れてしまったのでしょうか?

 

実は……娘さんが都内の有名私立小学校に入学するため2018年の4月から東京で生活するそうです。

 

宮根誠司さんは平日は生放送の「情報ライブ ミヤネ屋」に出演するため大阪ー東京間を超遠距離通勤。娘さんの”お受験”は奥さんたっての希望だったようで従わざるを得ない状況だったそうです。

 

奥さんと愛人Aさんとの間にできた2人の娘のためにも、まだまだガンガン働かなければいけないですね。それこそ視聴率低迷で騒がれている「情報ライブ ミヤネ屋」だけはなんとしてでも終わらせるわけにはいきません。

宮根誠司さんのWikipedia風プロフィール

【名前】みやね せいじ
【生年月日】1963年4月27日
【出身地】島根県大田市
【身長】173cm
【血液型】B型【出身校】関西大学経済学部
【所属】TakeOff(テイクオフ)

 

関西大学を卒業後、朝日放送(現:ABC)に入社。もともとはアナウンサー志望ではなく大学の就職課に貼られていた朝日放送の募集要項を見て、面接の予行演習のつもりで応募したところ、面接でのトークが面白いと採用になったそうです。

 

ところが周囲はアナウンサーを目指して入社した同期ばかり。基礎知識で劣るため、なかなか担当番組がもらえない日々が続いた苦労人。

 

宮根誠司さんの転機は朝の情報番組「おはよう朝日です」に代打で出演したことでリポーターに抜てき。1990年にトーク力を生かしてメインキャスターへ昇格。1994年からは単独で司会を任されるまでになりました。

 

2004年に関西の芸能界を仕切っていたやしきたかじんさんの強い後押しもあって、アナウンス部課長職を最後に同年3月末をもってABCを退社。

 

2006年7月31日から月-金の帯番組として「情報ライブ ミヤネ屋」がスタート。2008年3月31日に全国ネット化。視聴率低迷が騒がれるものの現在まで続く長寿番組となっています。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です