JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【和月伸宏】顔画像&写真!ロリコンで逮捕?るろうに剣心は打ち切り

      2017/11/22

るろうに剣心 画像

人気漫画「るろうに剣心」作者の和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)さんが幼い女児が写った動画を所持していたとして警視庁に書類送検されたというニュースがありました。

 

アニメ化、実写映画がされるほどの人気作品の作者が書類送検されるということで大きな波紋を呼んでいます。

 

連載が打ち切りになるのでは?と読者は戦々恐々。事件の行く末を見守っています!

関連記事

【衝撃】作者・和月伸宏さんが書類送検!事件内容は?

和月伸宏 顔 画像

和月伸宏 顔 写真 画像

和月伸宏さんは10月に都内の事務所で10歳代前半の女児が服を着ていない様子が映った動画を収録した複数のDVDを所持していたということで書類送検。

 

その容疑を認め、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と警察に話しています。また、別の捜査では10歳代前半の女児のDVDを購入していた疑いが浮上。警視庁の少年育成課が自宅を捜索したところ複数のDVDを発見したと報じられています。

 

そもそも書類送検って?と疑問に思いますよね?

 

警察が犯罪捜査を行う場合、捜査対象の人物を「逮捕してから行う場合」と「逮捕せずに在宅のまま行う場合」があります。

 

逮捕した場合は警察は48時間以内に被疑者を検察へ送致しないといけないルールになっていますが、逮捕しない場合は被疑者の身柄が拘束されていないので捜査書類だけが検察へ送られます。

 

つまり、「書類送検」は事件を扱うのが警察から検察へ移る手続きのことを指します。

 

その後、検察が起訴するかどうかの判断を下します。書類送検されたという記録は残りますが、書類送検だけでは「前科」は付きません。起訴されて裁判所で有罪判決を受けて、初めて「前科」が付きます。

 

ちなみに、今回のケースで実刑となった場合は、

「18歳未満の子供の動画の単純所持は2015年7月から処罰対象になった。性的な目的で18歳未満の子供の動画を所持・保管すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される」

ニュースを受けてTwitterでは驚きの声が広がっています。

【疑問】「るろうに剣心」の連載はどうなる?

現在、漫画「るろうに剣心」は2017年9月に新たに北海道編が『ジャンプスクエア』で連載されています。けれど、この事件をきっかけに連載が中止、あるいは打ち切りになる可能性が出てきました。

 

過去には集英社「週刊少年ジャンプ」で連載されていた「世紀末リーダー伝たけし!」の作者・”しまぶー”こと島袋光年さんが出会い系サイトで知り合った16歳の女子高生と金銭を渡して男女行為を行ったとして逮捕されています。

 

その後、連載は未完のまま打ち切り。すでに発売していた単行本は絶版となりました。

 

以上のことを考慮すると「るろうに剣心」も打ち切りの可能性が高いと言えます。18年ぶりの連載再開。ファンにとっては待望の続編だっただけに残念で仕方ありません。

 

さらに、今回の事件によって実写映画の続編が白紙なる可能性や宝塚歌劇団での舞台化が今後、再演されない可能性まで出てきました。

 

ファンにとっては「悲しい、寂しい」といった感情の方が大きいかもしれないですね。

【追記】集英社が公式コメント!

BuzzFeed Newsの取材に対し、発行元の集英社はFAXで回答。

ジャンプスクエアで連載中の『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』について、12月4日発売号より当面の間休載することを明らかにした。

「今回の報道を受け、社として重く受け止めております。作家は、深く反省しています」としている。現在刊行中のコミックスに関する対応は「協議中のため未定」だという。

【出典:Buzz Feed News

 

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です