JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

柏原明日架はムチムチで可愛い【比較画像】痩せた?美脚なスカート姿

   

柏原明日架 かわいい 画像

どんな状況でも力強い瞳で前を向いてプレーをする柏原明日架(かしわばら あすか)選手。宝塚歌劇団の男役のような凛とした立ち姿は男性ならず、女性も憧れるアスリートではないでしょうか?

 

そんな彼女が「痩せて、さらに美女になった」と噂に!

 

 

 

ムチムチだった体型が年々シャープに研ぎ澄まされるごとに賞金ランキングもグングン上昇している女子プロゴルファーなんです。

柏原明日架選手のWikipedia風プロフィール

【名前】かしわばら あすか
【生年月日】1996年1月30日
【出身地】宮崎県宮崎市
【身長】171cm
【体重】63kg
【血液型】B型
【平均飛距離】250ヤード
【得意クラブ】パター
【ベストスコア】66(Fairhaven)
【出身校】日章学園高等学校
【プロテスト合格年】2014年
【所属】富士通
【契約】
クラブ:キャロウェイ
ボール:キャロウェイ
ウェア:デサントゴルフ
シューズ:キャロウェイ
【獲得賞金】

年度 獲得賞金 順位
2016年 3327万2703円 29位
2015年 1791万6000円 50位
2014年 211万7000円 108位

 

2017年10月22日終了時点で獲得賞金は4802万6566円でランキングは16位。2017年シーズンの賞金シード獲得をほぼ確実にしています。

【天才】 最短距離でトッププロへ! 父のスパルタ指導!

柏原明日架 プロゴルファー 画像

父・武道さんとゴルフがしたいからと7歳のときに手にしたクラブ。ところが、お父さんは趣味でゴルフをやらせようなんて微塵も思っていませんでした(笑)

 

「中途半端はダメだぞ!プロになるんだな?」と娘の決意を確かめて「うん」とうなずいたのが全ての始まり。

 

父・武道さんはベストスコアが「77」のシングルプレイヤー(ハンデが1桁)。アマチュアではかなりの腕前ですがやるのと教えるのとではまったく勝手が違います。

 

経験の差を埋めるためにゴルフ雑誌やレッスン本の表紙がすり切れるほど読んで、独学でゴルフを学んで教えていたと言います。

 

また母・友美さんは練習や試合の送り迎えなどのために仕事を辞めてまでサポート。まさに家族一丸となってプロを目指したのがわかりますね!

 

「全国中学校ゴルフ選手権春季大会」を制した2010年には中学3年生ながら国内女子アマの最高峰である「日本女子アマチュア選手権」で2位の好成績を残して天才中学生として注目を集め始めました。

 

天才中学生はそのまま天才高校生となり、2年生のときにはイギリスでおこなわれた「ジュニアオープン選手権」で日本女子として初優勝。

 

2014年に「アクサレディス in MIYAZAKI」で4位、「ほけんの窓口レディース」で6位。同年のプロテストにも1発合格。2015年には3度のトップ10入りを果たし、初の賞金シードを獲得。トッププロへの道を最短距離で駆け上がってきました。

【イメチェン?】実は……美脚だった?パンツルックからスカートへ!

 

柏原明日架 スカート姿 美脚 画像

アマチュア時代からパンツルックがトレードマークとなっていた柏原明日架選手。「」の練習日に珍しく、いや本邦初公開とも言えるミニスカート姿でラウンドを行って取材陣を驚かせました。

 

2017年は韓国から”セクシークイーン”の異名を持つアン・シネ選手が参戦し、

 

記者も思わず「(アン・シネ選手を)意識しているんですか?」と聞いたらしいんです。すると……「全然違いますから!」とバッサリ否定。

 

どうやら契約しているウェアメーカーから「スカートも着用してみません?」と提案があったとか。趣味でゴルフを始める女性も増えてきているのが背景にあるんでしょうね。試合で上位に入ることの多い柏原明日架選手が着用すれば宣伝効果は抜群。

【比較画像】痩せた?ムチムチな体型がキレのある身体に!

柏原明日架選手と言えば筋肉質な体躯から繰り出すキレのあるスイング。高校時代のムチムチな体型から年々無駄なものを削ぎ落としたシャープな体型に!

柏原明日架 瘦せた 画像【左:2014年 中央:2015年 右:2016年】

これには「ムチムチだったときのほうが良かった!」と「いや、痩せてかわいくなった!」と意見が真っ二つに分かれているとか、いないとか(笑)

柏原明日架 ムチムチ 画像

「プロとして見られることへの意識が変わった」と話す柏原明日架選手。2017年はメイクも変えたのか女性らしさがグッと上がっています。

 

女性アスリートとして見た目が注目されるのは嬉しいことですが、そろそろ彼女も結果が欲しいところ。いまだにプロでは未勝利。喉から手が出るほど優勝カップが欲しいことだと思います。来期こそはスコアボードの一番上に輝く彼女の名前を見たいですね。

  関連記事

Comment

  1. 大森 敏正 より:

    いつも楽しく見ています。若いのでこれからです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です