JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【渡邉彩香】不調の理由は?飛距離がヤバい!屈指の飛ばし屋復活へ

   

渡邉彩香 かわいい 画像

2015年の優勝以来、勝利から遠ざかっている渡邉彩香(わたなべ あやか)選手。ツアー屈指の飛ばし屋ながら持ち前の豪快なスイングはどこか空回り。

 

彼女の不調の理由はどこにあるんでしょうか?このままレギュラーツアーから消えていくなんて寂しい……!

 

データには渡邉彩香選手が勝てなくなってしまった原因が明らかに!

関連記事

渡邉彩香選手選手のWikipedia風プロフィール

【名前】わたなべ あやか
【生年月日】1993年9月19日
【出身地】静岡県熱海市
【身長】172cm
【体重】65kg
【血液型】A型
【平均飛距離】
【得意クラブ】
【ベストスコア】
【出身校】埼玉栄高等学校
【プロテスト合格年】2012年(84期生)
【所属】大東建託
【契約】
クラブ:ブリヂストン
ボール:ブリヂストン
ウェア:デサント
【生涯獲得賞金】2億8657万3207円(歴代78位)

過去5年間の獲得賞金
2016年 6277万5681円 12位
2015年 1億86万6583円 6位
2014年 7236万7610円 11位
2013年 2074万8000円 46位
2012年 38万4000円 146位

 

【異変】不調はいつから?勝てない日々が募っていく……!

渡邉彩香 不調 画像

2015年の賞金ランキングでは6位に輝き、注目の若手プロとしてリオ五輪も期待されていた渡邉彩香選手。

 

五輪出場の条件である世界ランキング上位2人に惜しくも届かず、涙の落選。けれど、五輪の未練を断ち切り、未勝利ながら2016年は賞金ランキングは12位と奮闘しました。

 

ところが彼女の異変は2016年8月の「NEC軽井沢72」から。それまで1度も予選落ちがなかったのですが、それ以降はシーズン終了までの14試合中5度の予選落ち。トップ10に入ったのは1度だけでした。

 

その悪い流れを引きずったまま迎えた2017年。5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディースオープン」で4位になって以来、トップ10入りを果たしていません。どうした渡邉彩香……?

【追求】不調の理由は?データに明確に表れた原因!

渡邉彩香 ウェア 画像

渡邉彩香選手の2017年10月22日終了時点までのデータと過去のデータを比較してみました。とくに注目したいのが「パーオン率」と「パーセーブ率」。

2015年 2016年 2017年
平均ストローク 71.4268 72.0016 72.8948
パーオン率 69.2185 68.7430 64.1082
平均パット数 1.7968 1.7998 1.8183
パーセーブ率 84.9548 83.2772 79.6784
リカバリー率 59.2401 57.9892 54.3788

 

パーオン率とは規定打数(パー)よりも2打以上少ない打数でグリーンに乗せることを指します。パー5なら3打以下、パー4なら2打以下、パー3なら1打です。

 

パーセーブ率はパー以下(バーディやイーグルも含めて)のスコアが取れる確率です。

 

ゴルフでスコアを伸ばすには、いかにボギーを出さずにパーでホールを終えるかが重要。なぜならボギー(+1打)を挽回するためにはバーディ(-1打)が必要だからです。

 

今季の彼女は明らかにパーオン率が低く、ショットが乱れていることがわかります。必然的にパット数も増えて、スコアが伸びません。

 

女子ツアーではイーブンパー(合計打数が規定打数と同じ)でホールアウトしても30位前後くらいですからね。いかにパーで粘ってバーディを狙えるかが勝利に結びつきます。

【克服】渡邉彩香選手が復活するためには?

渡邉彩香 美脚 画像

渡邉彩香選手自身も「不調」だということは認識しているようです。

「好不調の波は誰にでもあること。こういう時期をいかに乗り越えていくかが今後の課題だと思っています。近いうちにまた優勝してみせます!」

彼女の場合、根本的にスイングがダメになったわけではなく、本来のスイングよりもちょっとした体の向き、切り返しのタイミング、腕の振りがズレているように感じます。

 

本来のスイングを取り戻すためには勝ち急ぐよりもまずは目の前の1打に集中。スコアが崩れそうになったときこそ粘り強くパーを拾っていって欲しい。シーズンも終盤戦。復調の兆しを何か掴んでシーズンを終えたいですね。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です