JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【鈴木ゆま】Wikiプロフィール!本名や年齢は?水着姿が「完璧」に女性

      2017/10/22

鈴木ゆま ニューハーフ 画像

2017年10月25日に放送される「今夜くらべてみました」に出演する鈴木ゆまさん。めちゃくちゃ美人で元・男性だということに驚いた人も多かったのではないでしょうか?

 

彼女が現在の姿になるまでには様々な困難があったと言います。そんな彼女を支えてきた言葉がとても深い……。

 

Wikipediaよりもいち早く鈴木ゆまさんの素顔に迫ってみたいと思います!

関連記事

鈴木ゆまさんのWikipedia風プロフィール

ショーパブ「金魚」はどこにあるの?

鈴木ゆま 金魚 画像

慶応義塾大学卒業後、劇団四季の俳優となってダンサー、振付師に。その後に働き始めたのがダンサーとして六本木にあるショーパブ「金魚」でした。

 

今はお店を辞めてしまったそうですが舞台などの振付やダンス講師として活動しています。

住所:106-0032 東京都港区六本木3-14-17
電話番号:03-3478-3000
営業時間:18:00~0:00

 

ミス・インターナショナル・クイーンに日本代表として!

鈴木ゆま ミス・インターナショナル・クイーン 画像

2017年3月に開催された「ミス・インターナショナル・クイーン2016」に日本代表として出場し、「タレントクエスト」部門で3位という輝かしい経歴を持っています。

 

この大会、2009年にタレントのはるな愛さんが日本人として初めてグランプリを獲得した大会で外見だけでなく内面の美しさも問われる大会なんです。

本名や年齢は?

鈴木ゆまさんの年齢は1982年7月28日。男性として生活していたときの名前は関川慶一(せきかわ けいいち)さん。とてもアラフォーには見えないのは普段の努力の賜物なんでしょうね。

 

ミス・インターナショナル・クイーンに出場するためには戸籍上は男性が条件。性転換しているけれど戸籍と本名はそのままなのかもしれないですね。

【葛藤】”女性”に目覚めたきっかけは?性転換したのはいつ?

あの日から、あの日から1年。 日本代表に選ばれてからこの一年。 あっという間だった、なのに、いま大きな変化を感じている。 私を選んでくださってありがとうございます! そして、ここまでサポートしてくださった皆さん、ありがとうございます。 大変だったけど、素晴らしい一年だった! 9/17は私の二つ目の誕生日。 Happy birthday Yuma!! 選ばれた人間として、 価値のある人間になりたい。 本当にありがとうございます! #鈴木ゆま #missinternationalqueen #日本代表 #劇団四季 #慶應 #慶應ボーイって呼ばないで #パーソナルトレーニング #トランスジェンダー #ニューハーフ #lgbt

Yuma Suzuki 鈴木ゆまさん(@yumayuma728)がシェアした投稿 –

鈴木ゆまさんは中学生になるまで「自分は女の子」だと思って育ったと言います。大人になればお母さんになって、結婚して子どもを産んで……と。ところが、お父さんとお風呂に入ると自分の身体はお父さんと同じ。次第に「自分は男の子」ということに違和感を感じた始めたそうです。

 

けれど、両親からは「良い大学に入って、良い企業に就職しなさい」と言われ、社会的に男性として生きていくように育ちました。生まれ持った性である男として男性を好きになればいいと「ゲイ」として生きていこうと自分に言い聞かせていましたが、やっぱり違和感を感じていました。

 

彼女の運命を変えたのが30代のときに出会った男性。初めて彼女を女の子として扱ってくれたと言います。当時の彼を喜ばせるために化粧をしてみたり、かわいい洋服を着てみたりと試行錯誤。これこそ乙女心ですよね!?

 

それ以降、少しずつ女性らしい服装を着るようになり、女性として生きていこうと思い始めたときに好きになった人が「女性が好きな男性」でした。

この男性には「女の子じゃないと好きになれない」と言われ振られてしまいました。このときに、「この先も女性じゃないということで辛い思いをするのなら性転換しよう!」と決心したと言います。

 

性転換して女性となったからと言ってトランスジェンダーとしての悩みが消えたかというと、そうではありませんでした。

 

ニューハーフであることをカミングアウトして振られたり、結婚しても子どもが産めないからと別れを告げられたり辛い経験をしてきました。

 

そんな彼女が胸に秘めている言葉が「whenever,whoever you can change yourself」。「いつでも、誰でも、あなた自身で変わることができる」。とても力強い言葉ですよね!?

 

そして、2015年、33歳のときに自身のFacebookで「女性として生きていく」宣言をして女性に性転換。女性ホルモンの注射で徐々に身体が女性らしくなるにつれて心の中にあった自分になれたと実感したと言います。

【素敵】男性、女性を超えた存在として人生を謳歌中!

日本ではまだまだニューハーフ(トランスジェンダー)だけでなくゲイやレズビアン、バイセクシャルの人たちにとって生きにくい世の中だと思います。

 

そんな世の中だからこそ鈴木ゆまさんは「セクシャリティーを捨てた」と話します。

「最近ますます男らしさと女らしさの境界線が歪んできているよね。最終的にはセクシャリティーを超えたところに幸せになる答えがあると思う」

鈴木ゆまさんの話って性別だけでなく、人種や生まれの違いで悩む人たちにも共通するところがありそうです。自分らしく生きている彼女だからこそ多くの人を魅了するんでしょうね。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です