JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【アルカラ・田原和憲】脱退の理由は?病気で体調不良?うつの可能性

   

2002年に神戸で結成されたロックバンド「アルカラ」。ギターの田原和憲さんが2017年10月20日に脱退することがわかりました。

 

以前から体調不良がアナウンスされていましたが、まさかの脱退という結果にファンは驚いています。

 

いったい、彼の身に何があったのでしょうか?

【疑問】事実上の脱退ってどういうこと?全国ツアーはどうなるの?

田原和憲さんは2017年9月下旬からリハーサルスタジオに現れることなく、メンバーと連絡が取れなくなっていました。その後、10月上旬に彼の親族を通して「活動を続けることができない」という意思表示が伝えられたと言います。

 

ギター&ボーカルの稲村太佑さんは以下のようにコメントしています。

「この件をきっかけにお互い強くなって、いつか今度は僕自身がピンチをチャンスに変えたでって笑い合える、その日を夢見て精進し続け、邁進し続ける所存です」(一部抜粋)

残されたメンバーでこれからも「アルカラの音楽を届けたい」という気持ちは変わらず、バンドが解散するようなことはありません。

 

アルカラは結成当初の2003年にもギターの脱退があり、その前ギターの代わりに加入したのが田原和憲さんでした。バンドの解散の危機を救ってくれたんです。

 

稲村太佑さんの「今度は僕自身がピンチをチャンスに変えたでって笑い合える」というコメントには田原和憲さんに対する感謝の気持ちが込められていると思います。

 

10月27日から予定していた全国ツアー「KAGEKIにやってくれないかチュアー」やその他の出演を予定しているライブはサポートギタリストを迎えて予定通り行われるそうです。

 

4人でのライブを楽しみにしていたファンにとっては「ライブはやるのは嬉しいけれど田原和憲さんがいないのは寂しい」という複雑な思いを抱えているでしょうね。

【噂】体調不良は病気なの?うつの可能性って本当?

2017年10月1日、10日のライブでは田原和憲さん本人と連絡が取れなかったこともあって「やむを得ず体調不良」として公式に発表したそうです。

 

つまりは脱退した理由は「体調不良ではない」ということはわかります。病気などを心配していたファンにとっては一安心ですが……。

 

やっぱり詳細な脱退理由がわからないのはモヤモヤが募ります。メンバー同士の仲は良好でケンカなどで関係が悪化しての脱退でもなさそうです。

 

1つ考えられるのは田原和憲さんが”何か”に思い悩んでうつになってしまったのではないか?ということ。

 

ある日、突然になるのが「心の病」。時間がかかるかもしれないですが、少しずつ回復することを願っています。

 

3人がバンドを存続させると決めたのもいつか彼が戻ってくる場所を作ったという意味もあるでしょうね

【全文】公式HPから「アルカラからのお知らせ」

皆様にご心配をおかけしているG.田原和憲について、お知らせがあります。

既に体調不良というアナウンスをしご心配をおかけしておりましたが、9月下旬にライブのリハーサルを予定していたスタジオに現れず、そこから連絡が取れない状態が続いておりました。

以後、様々な方法でコンタクトを試みたのですが会うことには至らず、その後ご家族を通じて10月上旬に活動を続けることが出来ないという意思表示を受けました。引き続き本人とのコンタクトを試みたのですが、結果それは叶いませんでした。

そしてアルカラメンバー同士で何度も話し合いを重ねた結果、今後の4人での活動は難しいという判断にいたりました。

突然の出来事でメンバー、スタッフも動揺する中で、10月1日、10日に行われたライブでは急遽サポートギタリストを迎えることで出演し、その際の田原の欠席理由はやむを得ず体調不良ということで発表していました。

結成15周年のこの年に、このようなことになるとはメンバー、スタッフともに想像だにしませんでした。ただ、その状況の中でも、メンバー同士で話し合いを重ね、これからもメンバーはアルカラの音楽を届けたい、届けるしかない、という意志に変わりはありません。

よってファンの皆様、関係者の皆様にはご心配をおかけし大変申し訳ございませんが、全国ツアー『KAGEKIにやってくれないかチュアー』を含む、10月27日から開催されるライブはサポートギタリストを迎えて予定通り行わせていただきますことをお知らせいたします。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です