JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【三原舞依】兄は美容師でイケメン?美容院の場所は?父の年収が凄い

   

三原舞依 かわいい 画像

浅田真央選手に憧れてフィギュアスケートを始めた三原舞依(みはら まい)選手。2016-2017シーズンの最後を飾る四大陸選手権では日本女子として史上4人目となる200点台での優勝で一気に平昌五輪の代表候補に浮上しました。

 

そんな彼女を応援するのは山下智久さん似の兄・武さん。めっちゃイケメンなんです!

 

Wikipediaでは知ることができない三原舞依選手と家族の話題に迫ってみたいと思います!

関連記事

三原舞依選手のWikipedia風プロフィール

【名前】みはら まい
【生年月日】1999年8月22日
【出身地】兵庫県神戸市
【身長】154cm
【体重】52kg
【血液型】A型
【家族】父 母
【コーチ】中野園子、グレアム充子
【振付師】ブノワ・リショー、デヴィッド・ウィルソン
【出身校】
・神戸市立飛松中学校
・兵庫県立芦屋高校
【所属】神戸ポーアイFSC
【ベストスコア】

トータルスコア 218.27 2017 国別対抗戦
ショートプログラム 72.10 2017 国別対抗戦
フリースケーティング 146.17 2017 国別対抗戦

 

【ライバル】三原舞依選手を強くした”戦友”の存在!

三原舞依 坂本花織 画像

中野園子コーチから指導を受ける三原舞依選手と1学年下の坂本花織選手の成長が女子フィギュアスケート界を盛り上げています。小学校時代からのライバルですが、リンクを離れれば「何でも言い合える親友」と話します。

 

2人はほぼ同じ時期にそれぞれ病気とケガを乗り越えた戦友。三原選手は難病の「若年性特発性関節炎」、坂本選手は「右すねの疲労骨折」を経験しました。

 

スケーティングが得意な三原選手とジャンプが得意な坂本選手。対照的な2人だからこそお互いの良いところを吸収して成長してきました。

【絆】闘病生活を支えた家族!一家全員が美容師!

三原舞依 高校 画像

難病と向き合い、日本を背負う選手にまで成長した三原舞依選手。経歴だけを見ればスーパーアスリートで雲の上の存在に感じますがスケートリンクを離れると普通の女の子。闘病生活を支えたのは家族でした。

 

彼女の実家はお父さんが美容室を経営し、お母さんもお店を手伝っています。父方の祖母も美容師だったので地元に根付くお店なのかもしれないですね。

 

兄・武さんとは兄妹仲がとても良いんです。アスリートが競技を始めるきっかけに「きょうだいの影響」を挙げることがありますが兄・武さんはフィギュアスケートとは無縁。

 

そのため「競技は最低限のことしか分からずに妹が頑張っているのに全然、力になれなかった」と嘆いたこともあります。

 

2016‐2017シーズンの四大陸選手権を制したときのコメントには最も身近で妹の努力を見守ってきた優しさがにじみ出ているように感じます。

「妹がこの舞台に来れたのも本人の努力ももちろんありますが、両親のサポートも大きく関係していると思います。

(練習の)毎回の送り迎え、食事の管理、マッサージ、身体のケア……。そんな家族を誇りに思います」

それに対して三原選手は帰国後のインタビューで美容師である武さんが兵庫県内に美容院を開店することに合わせて次のようにコメント。

「兄には何度も髪の毛を切ってもらっています。(優勝したことで)いい宣伝、いい開店祝いになったと思います」

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】月、第二、第三火
【住所】兵庫県神戸市須磨区稲葉町2-1-9
【アクセス】JR須磨海浜公園駅前 徒歩3分

【仰天】年間〇〇〇万円の費用?最もお金がかかるスポーツと言われる理由

身体的、精神的にも家族に支えられて競技を続けることができた三原舞依選手ですが、それ以外にもフィギュアスケートは両親の金銭的なサポートが一番大きいんです。

 

ゴルフも”お金がかかるスポーツ”と言われますがフィギュアスケートは桁違い。毎日の練習で使用するリンクにも使用代が必要ですし、コーチには時間単位で報酬が発生します。

 

スケート靴も選手に合ったセミオーダーなので1足5万円から高いもので20万円。それは年間に2足~3足は必要になってくるんです。

 

さらに女子の場合は装飾などが多いため衣装代に1着10万円。浅田真央選手は少しでも家族の負担を減らしたいからと伊藤みどりさんの衣装をお下がりで使っていたという話はファンの間では有名なんです。

 

国内で練習して大会も国内だけなら年間500万円の費用。けれど海外の大会などに出場するようになると渡航費、滞在費なども加わり年間1000万円は”軽く”超えてくるというから驚き……!

 

もちろん世界的に活躍する選手にはスポンサーがつくんですが、それは本当にごく一部。浅田真央選手や羽生結弦選手クラスでないと難しいそうです。多くのフィギュアスケーターはエキシビションやアイスショーの出演料や大会での賞金が主な収入源。

 

三原舞依選手の両親も美容院を切り盛りしながらトップクラスのスケーターにまで育て上げたのは凄いの一言ですね!

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です