JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

寺本明日香の腹筋・筋肉美【画像】身長と体重は遺伝?引退の噂の真相

      2017/09/27

寺本明日香 かわいい 画像

体操女子日本代表の中で最も小柄ながらエースとして体操界をけん引する寺本明日香選手。彼女の142cmの身長って10歳の女の子の平均身長と変わらないくらいなんですよ!

 

あの小さい身体で世界の強豪と戦える秘密はどこにあるんでしょうか?

 

体操を始めたきっかけや引退の噂まで寺本明日香選手の素顔に迫ります!

関連記事

寺本明日香選手のWikipedia風プロフィール

【名前】てらもと あすか
【愛称】あすっしー あすちゃん
【生年月日】1995年11月19日
【出身地】愛知県小牧市
【身長】142cm
【体重】37kg
【靴のサイズ】ー ㎝
【血液型】O型
【兄弟構成】一人っ子
【出身校】
・名古屋経済大学市邨高校
・中京大学スポーツ科学部
【所属】レジックスポーツ
【得意競技】跳馬 平行棒 平均台
【得意技】平行棒の離れ技
【主な成績】

  • 2013年
    「世界体操」個人総合 9位
  • 2014年
    「世界体操」団体 8位・平均台 4位
  • 2015年
    「世界体操」団体 5位・個人総合 9位
  • 2016年
    「全日本個人総合」2位
    「NHK杯」1位
    「全日本種目別」段違い平行棒 1位・平均台 1位
    「リオ五輪」団体 4位・個人総合 8位
  • 2017年
    「全日本個人総合」5位
    「NHK杯」3位
    「全日本種目別」段違い平行棒 2位・平均台 1位

寺本明日香 高校 画像

「もっと色々な技ができたら楽しいのに」

小学校1年生のときに鉄棒で遊んでいて、ふと思ったことが体操を始めるきっかけ。小学校、中学校では「『オリンピックに出たい!』と思うよりも楽しく体操ができればいい」という想いのほうが強かったんです。

 

全国大会や国際大会を経験していくうちにライバルは日本全国からアジア、そして世界の強豪と変化していきます。

 

「それほど自主的に頑張っていたわけじゃないんですけど、ライバルが現れると『負けたくない』って気持ちが芽生え始めて……」

 

いつしか体操の魅力に憑りつかれ、とにかく練習に没頭。彼女の実力はロンドン五輪の日本代表に選ばれるまでに成長しました。

 

「日本の体操界をけん引していけるような存在になりたい」

 

その言葉の通り、2016年のリオ五輪では主将として体操女子代表の48年ぶりの4位入賞に貢献。自身も個人総合で8位に入賞する活躍でした

【魅力】寺本明日香選手の安定感を生む秘密!

寺本明日香 ハミ出る 画像

体操は「17歳限界説」と言われるほど選手生命が短い競技。ロンドン五輪では最年少で出場した寺本明日香選手もリオ五輪では20歳ながら最年長だったんです。

 

個人総合では1964年の東京五輪6位の池田敬子さん以来の快挙。メダルの輝きはありませんが、52年をかけて再び日本が世界と戦えるレベルになったという意味では大きな一歩だと思っています。

 

体操では身長が高いほうが(手足も長いため)技の出来栄えを評価するE得点を伸ばすことができます。逆に身長が高すぎても体の回転に不利に影響するので、体操選手に長身の選手は少ないと言います。

 

ちなみに身長は母・恵子さんよりも小さいみたいです。

寺本明日香選手は日本代表の中でも頭一つ小さい身体。身長にハンデがある彼女の強さの秘密はどこにあると思いますか?

「できる技を、より美しく丁寧に、でいい。そう考えたら演技中に観客の顔が見えるくらいに落ち着いてできるようになりました」

寺本明日香選手の強さの秘密の1つ目は「ミスの少なさ」。

「もともとフィギュアスケートには学ぶところがいっぱいあって。同じ”魅せる”ことが求められるので表情の使い方、手の指先まで意識を持っていくこと、そして1つ1つの動作に余韻を残すことを意識しています」

そして、もう一つは「演技の丁寧さと美しさ」です。

【画像】華麗な演技と際立たせる筋肉美!

男子も女子も体操選手の身体は腕の筋肉が盛り上がり、脚は馬のように太く強そうに見えます。彼らたちの筋肉はボディビルダーがするようなウェイトトレーニングを一切していないというから驚きです。

 

寺本明日香選手も見事な筋肉美!彼女の場合はギュッと引き締まっているので実際の手足の長さよりも長く見えます。身長差を補う点でも優れた肉体。

寺本明日香 筋肉 画像

寺本明日香 筋肉 画像

寺本明日香 筋肉 画像

【真相】2020年、東京五輪が最後か?引退の時期はいつ?

ロンドン五輪で16歳、リオ五輪を20歳で終え、2020年の東京五輪を24歳で迎える寺本明日香選手。

 

リオ五輪が終わった直後のインタビューでは「(東京は)まだわからない。やる気になれば、またやります」と曖昧な返事。

 

過去には左手中指と薬指の骨折や左足首のじん帯を損傷するなど満身創痍。当然「引退」の2文字が頭をよぎってもおかしくないのですが……。

「終わってみるとやっぱりメダルが欲しかったという気持ちが湧いてきました。(4年後は)まだまだやれると思っています。技の美しさに磨きをかけて、焦らずに取り組んでいきたい」

寺本明日香選手の演技が東京五輪でも見ることができそうですね!

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です