JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【李博(りはく)】国籍は日本?帰化した理由!両親譲りのバレーの素質

      2017/09/10

李博 バレー 画像

日本と中国の2つの祖国を胸に戦う李博(り はく)選手。2016/2017シーズンに所属する東レ・アローズのリーグ制覇に貢献した得点力。日本が世界に挑戦するためには間違いなく彼が必要不可欠!

 

李博選手の身体能力の秘密は両親が〇〇だったから!実は……父母ともに凄い経歴を持っているって知っていましたか?

 

Wikipediaでは知ることができない素顔や魅力に迫ってみたいと思います!

李博選手のWikipedia風プロフィール

【名前】り はく
【愛称】リー
【生年月日】1990年9月27日
【出身地】宮崎県宮崎市
【身長】194㎝
【体重】82㎏
【血液型】ー 型
【出身校】
・日向学院高校
・筑波大学
【所属】東レ・アローズ
【背番号】15
【ポジション】MB(ミドルブロッカー)
【利き手】右
【指高】245㎝
【垂直跳び】70㎝
【最高到達点】
・スパイク:347㎝
・ブロック:325㎝

【家族】生まれも育ちも日本!両親は〇〇なアスリート一家!

両親は中国出身。父は元陸上三段跳び選手で身長は184㎝。母は中国代表の元バレーボール選手で身長は180㎝。アスリート一家で両親ともに高身長。

 

李博選手は中学3年生のときには身長が180㎝を超えていて、妹も小学校5年生ながら160㎝目前だったと言います。彼の身長と運動神経は両親譲りなんでしょうね。

 

現在は日本に帰化して日本国籍を取得。李博選手が2014年に日本代表に選ばれたときには「中国人なのになんで中国でプレーしない」などのバッシングも受けました。

 

彼のバレーボールは日本で培われたもの。日本を選んだことを後悔していませんし、日の丸を背負って戦うことを誇りに思っています。

【原点】「お前、今からミドルな」転機は突然やってきた!

李博 最高到達点 画像

バレーボールを始めてからずっとウイングスパイカーとして活躍してきた李博選手。転機は突如として訪れます。それは大学2年生のとき。

「試合に出てて、今日はセンターが調子良くないなって思ってたんです。そしたら監督に呼ばれて『お前はスパイクはどうでもいいから、ブロックだけやってこい』って言われたんです」

突然の指示を受けてコートに送り出された李博選手。ブロックだけが仕事と思っていたら当時のセッターはバンバン速攻を上げてくる、上げてくる!(笑)

 

けれど、ミドルブロッカーとして出場した試合が今までバレーボールをやってきた中で一番しっくりきた試合だと言います。それ以降はミドルブロッカーとしてポジションに定着。

 

2012年の全日本インカレでは優勝に貢献する活躍でスパイク賞を受賞。その攻撃力を買われて東レ・アローズ入部。今ではVリーグを代表するミドルブロッカーへと成長しました。

【魅力】高さとスピードが武器!サーブで世界を翻弄!

李博 スパイク 画像

スピードを生かした高い決定力

ミドルブロッカー(別名:センター)は主にブロックをすることが役割なのでチームでは身長の高い選手が起用されるポジション。一方でクイック攻撃(速攻)を駆使して得点を重ねる攻守の要なんです。

 

李博選手の武器はスピード。世界のミドルブロッカー(平均身長2m越え)と比べると小柄な彼が得点するためには相手ブロックが完成する前に打ち切ることが必要。

 

2015/2016シーズンにはアタック決定率が58.3%で1位を獲得。また2016/2017シーズンは積極的にミドルにトスを上げる藤井直伸選手とのコンビでリーグ優勝に大きく貢献しています。

大きく変化する魔球サーブ

日本代表の柳田将洋選手のサーブを見たことがあるでしょうか?時速120㎞/hを超える弾丸サーブは相手レシーバーを吹っ飛ばしてしまうほど(笑)

 

それに比べると李博選手のサーブは遅い。ところが相手の頭上を越えてコートに出る……寸前のところでストンと落ちます。これはサッカーでは無回転シュート、野球ではナックルボールと呼ぶ魔球サーブ。

 

2016/2017シーズンはさらにサーブに磨きをかけて相手レシーブを大きく揺さぶります。

個人成績まとめ
2015/2016 2016/2017
アタック決定率 58.3%(1位) 59.5%
アタック決定本数(1セット当たり) 1.75本(24位) 1.54本(21位)
ブロック決定本数(1セット当たり) 0.43本(12位) 0.53本(9位)
サーブ効果率 8.0%(37位) 18.6%(5位)
総得点 133点(32位) 194点(15位)

【素顔】李博選手のプライベートな一面は?

李博 藤井直伸 画像

迫力あるスパイクで会場を沸かせる李博選手。彼にトスを上げるのは同じく日本代表にも選ばれている藤井直伸選手。

 

コート上では固い信頼関係で結ばれている2人ですがプライベートでは一緒にいることは少ないんだとか(笑)。

 

お笑い番組を見たり、小説を読んだり、音楽を聴くことが好きなようなので休日は家で一人の時間を過ごすことのほうが多いのかもしれないですね。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です