JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【石井優希】水着姿がインスタに?へそチラ&太ももの筋肉の健康美

   

石井優希 かわいい 画像

キリっとした切れ長の瞳が特徴的な久光製薬スプリングス所属の石井優希選手。
美女アスリートととして数々のメディアに取り上げられる人気選手です。

 

スタイル抜群の彼女の水着姿がインスタに投稿されているって本当?

 

「これは絶対に調べなければいけない!」という使命感に駆られたので噂の真相に迫ってみたいと思います!

関連記事

石井優希選手のWikipedia風プロフィール

【名前】いしい ゆき
【愛称】ユキ
【生年月日】1991年5月8日
【出身地】岡山県倉敷市
【身長】180㎝
【体重】68㎏
【血液型】A型
【出身校】
・倉敷市立東陽中学校
・就実高等学校
【所属】久光製薬スプリングス
【背番号】6
【ポジション】WS
【利き手】右
【指高】232㎝
【最高到達点】
・スパイク:306㎝
・ブロック:302㎝

 

石井優希選手は非常に器用なオールラウンダー。眞鍋ジャパンでは「パワーはチームNO.1」と言われ、強力なスパイクとサーブで得点を重ねてきました。

 

実力、人気、美貌を兼ね備えた選手。コート上でもテレビに出演してもとても華があります。

【真相】石井優希選手の「水着」画像がインスタに?

石井優希 久光製薬スプリングス 画像

石井優希選手の名前を検索すると出てくる「石井優希 水着」の関連キーワード。

 

「いやいや、グラビアアイドルじゃあるまいし、あるわけないでしょ?」と頭ではわかっていても「まさかね……本当にあったりしないよね?」と心は素直のようです。

 

さて、彼女のTwitterや2ch掲示板など穴が空くほど探したものの”水着画像”は見つかりません。

 

巷では8頭身とも言われる抜群のスタイル。「一度はユニフォームに隠れた肉体美を見たい!」という強い想いがひとり歩きしたんでしょうね。

【疑問】ちょっと小話!”水着”でバレーボールと言えば?

さて、バレーボールで水着と言えばオリンピックでも正式種目になっているビーチバレー。“夏季五輪の華”と呼ぶべき競技で、とても写真映えする競技。

 

ふと疑問に思ったことはありませんか?「なぜ、みんなビキニなの?」と!

 

実はルールに「ビキニあるいはワンピース型の水着を着用」とユニフォームの規定があるんです。さらに規定は細かくて……!

  • 水着はペアでおそろい
  • ブラは「大会ごとに主催者から支給されるトップスを着用」
  • パンツは「サイドの高さが7㎝以下」
  • スポンサーロゴは4つまで
  • 選手の名前を記載すること

2012年以降は宗教上の理由で肌の露出が許されない国の選手も参加できるようにショーツや長袖、ボディースーツの着用も認められています。

 

それでも選手の多くがビキニタイプの水着を着用する理由をビーチバレーの溝江明香選手が教えてくれています。

「世界的に小さい水着=カッコイイという共通認識がありまして、相手に『私はビーチを長くやってて強いんだよ』っていうのをアピールするために小さくするんです」

機能性やファッション性などを考えるとワンピースタイプやボディスーツよりもビキニタイプのほうが動きやすいようです。

 

ビーチバレーは1920年代のアメリカ・カリフォルニア州が発祥。サーファーが良い波を待っている間の時間つぶしにビーチで気軽に楽しくできるスポーツはないか……と考えたのが始まり。ルーツを知ればユニフォームが水着というのも納得ですね。

【健康美】跳躍力を生む太ももの筋肉!空中姿勢を保つ腹筋!

バレーボールって他の競技のようにユニフォームの下にアンダーシャツなどを着ないんですね。選手によってはスパイクを打つたび、ブロックに跳ぶたびにおヘソがチラッ!チラッ!と。

石井優希 へそ 画像

おヘソよりも注目したいのが見事な腹筋。無駄な脂肪が一切ないのはさすがアスリート!空中で姿勢を維持するための腹筋や背筋などの筋肉(体幹)が強靭なのは彼女の体重が乗ったスパイクを見れば一目瞭然!

石井優希 太もも 筋肉 画像

上の画像はタイミングがズレてスパイクを打てていませんが、2m24㎝のネットから軽々と頭が出る跳躍力。垂直跳びで70㎝を可能にする脚力。とくにジャンプ力は太ももの裏の筋肉とお尻の筋肉を鍛えることで伸びます。

 

また股関節の柔軟性も重要。石井優希選手に限らず日本代表選手が試合前のストレッチに時間をかけるのはケガ防止とパフォーマンスアップのためなんです。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です