JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

島村春世は妹と顔が似てる?【画像】何人兄弟?サポーターの着用理由

   

島村春世 かわいい 画像

女子バレーボール日本代表のパワフル娘と言えば……?そうっ!NECレッドロケッツ所属の島村春世選手ですよね!?

 

実は……7歳離れた妹と顔がものすっっっごく似ていると話題!それは双子レベルにソックリ!!

 

彼女のプレーを支える黒いサポーター(スパッツ・タイツ)の秘密などWikipediaでは知ることができない素顔に迫ってみたいと思います!

関連記事

島村春世選手のWikipedia風プロフィール

【名前】しまむら はるよ
【愛称】ジョン
【生年月日】1992年3月4日
【出身地】神奈川県鎌倉市
【身長】182cm
【体重】73kg
【血液型】O型
【出身校】
・鎌倉市立腰越小学校(腰越JVC)
・鎌倉市立腰越中学校
・川崎市立橘高等学校
【所属】NECレッドロケッツ(2010年-)
【ポジション】MB
【背番号】7
【利き手】右
【指高】231cm
【垂直跳び】59cm
【最高到達点】
・スパイク:295cm
・ブロック:275cm

 

身長の高さが求められるミドルブロッカー(MB)というポジションながら182㎝の身長をフルに使って果敢に攻めて守って躍動します。

 

島村春世選手は得点を決めた後の笑顔がとっても癒される選手。彼女の笑顔はチームを救う?(笑)チームが流れに乗っているとき、常に彼女の笑顔がコートにあります。

【家族】何人兄弟?妹も姉の背中を追って!

島村春世 妹 画像

島村春世選手は2人の姉と弟と妹に挟まれた5人きょうだいの真ん中。祖父母と一緒に暮らしていたので幼少期は家の中がハチャメチャ。

 

学校から帰ってくると30分ごとにテレビのチャンネルの争奪戦。「ご飯ができたよ」はおかず争奪戦の始まり。とにかく毎日が賑やかで退屈しなかったと話します。

 

さて、一番末っ子の愛さん。小学校3年生のとき、橘高校の1年生だった姉・春世さんの試合を見てバレーボールを始めました。その後は中学校、高校と姉と同じ道を歩んで、ポジションもセンター。

 

ガッツポーズする姿は姉妹でそっくり!!

島村春世 妹 画像

最後の春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権)では西日本短大付属高校に敗れました。卒業後はVリーグではなく青山学院大学へ進学して競技を続けています。姉妹で初めて別々の道を歩みます。

「よく『姉妹で2020年の東京五輪に出れたらいいね』と声をかけられますが、プレッシャーです」

そんなプレッシャーもはねのけて姉妹が同じ舞台に立つ日を楽しみにしたいですね!

【理由】着用する黒いサポーターに強さの秘密が……?

島村春世 サポーター タイツ 画像

試合によっては両腕、両足に黒いサポーターを付けて全身タイツ(笑)を着ているようにも見える島村春世選手。

 

どちらのサポーターも床面との摩擦を減らしてケガを防ぐためのもの。また素材がコンプレッション(着圧)素材となっていて、適度に筋肉を包み込んで筋肉の動きをサポートします。

 

筋肉の無駄な動きが抑制されて疲労の軽減や血流の向上による疲労回復効果など様々な機能があるサポーターが発売されています。

 

島村春世選手の代名詞とも言える高速ブロード攻撃。コートを横切るように移動して打つスパイク。

 

右利きの彼女はライト方向に移動して左足で踏み切るのですが、踏み切る左足よりも着地するときの右足のほうに負担がかかるので右足だけにサポーターを着用するのも納得!

 

高さではなくスピードと運動量で勝負する島村春世選手にとって身体をするサポーターは欠かせません!

【素顔】島村春世選手のプライベートを覗き見!

オンとオフの切り替え!

練習は週5日から6日。午前中に体の基礎を作るためのウェイトトレーニングや体幹トレーニングを3時間、午後からはボールを使った戦術などのチーム練習を3時間。さらに……!

 

全体練習が終わったあとも個人練習をするなど1日6時間以上の練習をこなしています。まさしくバレーボール漬けの毎日(笑)

 

休みが共通ということもあって休日はチームメイトと過ごすことが多いと言います。日本代表の選手はみんなスタバ好き。カフェでは彼氏や好きなタイプの男性などガールズトークが繰り広げられているのかも知れないですね!

一番ハマっている趣味はカメラ

スマホで撮影するのではなく一眼レフの本格派。主に風景を撮影して楽しんでいるそうなんですが、残念ながらTwitterやInstagramなどのSNSはやっていないみたいです。

 

撮影した写真が世にでることはあるのでしょうか!?(笑)

 

コート以外のオフショットを楽しみにしているファンのためにもSNSを始めて欲しいですね!

 

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です