JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

ヨシダナギのタトゥーの意味は?カメラの機種は何?裸身の美人写真家

      2017/08/16

ヨシダナギ かわいい 画像

TBSの人気番組「クレイジー・ジャーニー」で一躍、話題と人気を集めることになった美人写真家のヨシダナギさん。今までのアフリカのイメージをガラッと変える色彩豊かな写真と自身の生き方が評価されています。

 

そんな彼女の左肩に彫られたタトゥーのデザインは何?タトゥーに込めた意味とは?

 

Wikipediaだけでは知ることのできないヨシダナギさんの秘密に迫ってみたいと思います!

ヨシダナギさんのWikipedia風プロフィール

【本名】吉田 渚
【生年月日】1986年7月6日
【出身地】東京都
【身長】ー ㎝
【体重】ー ㎏
【血液型】非公開
【趣味】アフリカへ行くこと
【長所】好奇心旺盛 自由奔放
【短所】小心者 人見知り
【好きな食べ物】ギョーザ 焼うどん
【嫌いな食べ物】マシュマロ ココナッツ グミ
【好きな色】グレー 黒
【苦手なもの】雷 静電気 社交辞令 注射
【惹かれる人】ドレッドヘアーの人たち
【嫌いなタイプ】自分と似ている人

ヨシダナギ 写真 画像

独学で写真を学んで、2009年から単身アフリカにわたり、世界中の少数民族の姿を撮影し続けているヨシダナギさん。彼女の作品は「絵のように色鮮やかな写真」が特徴的。唯一無二の世界観で人々を魅了しています。

 

彼女が他の写真家と一線を画す理由。それは……?

 

自らも裸体になって少数民族の生活に飛び込んでいく大胆な撮影スタイル。今日も世界中のどこかでヨシダナギさんはパンツを脱ぎます(笑)

【話題】クレイジー・ジャーニーで一躍有名に!写真家になったきっかけは?

ヨシダナギ クレイジージャーニー 画像

世界中を旅するゲストをスタジオに招き、体験談を語ってもらうTBSの人気番組「クレイジー・ジャーニー」。濃いぃーーーー番組内容だけにコアなファンばかり。

 

冒険家、ジャーナリスト、写真家、作家、経営者などジャンルを問いません。必要なのは自分自身の趣味、仕事にどれだけ「狂気」を持って取り組んでいるかだけ!この番組から生まれた有名人は数知れず!

  • 世界中のスラム街を旅する丸山ゴンザレスさん。
  • 奇界遺産写真家の佐藤健寿さん。
  • 20か国以上を渡り歩いたサッカー選手・伊藤壇さん

などなど。

 

さて、ヨシダナギさんは2015年の9月10日、17日と2週に渡って「服を脱ぎアフリカ民族と同じ姿で撮る写真家」として初出演。

5歳のときに槍を持って飛び跳ねるマサイ族に憧れ、「大人になれば肌の色が変わってマサイ族なれる!」と本気で思っていた幼少期。

 

10歳のときに母親から「あなたは日本人だから、ああはなれないのよ」と言われて挫折感を味わったというエピソードを披露。

 

20代のころに「海外に行けば人生観や価値観が変わるから」と友人と東南アジアに行ったけれど、人生観は変わらず。やっぱり「私を変えてくれるのはアフリカしかない」と再び海を渡ったと言います。

 

そこで見て、感じたものをもっと伝えたい!という気持ちが写真家になるきっかけでした。そのときは彼女自身も裸身で撮影するとは思っていなかったそうです(笑)

【追跡】使用するカメラの機種は?写真に対する”たった1つ”のこだわり!

ヨシダナギさんが撮影する独特の世界観を持つ写真はどのようなカメラによって撮影されているのでしょうか?

 

残念ながら型番はわかりませんでしたが、使用しているメーカーは「Nikon」

 

彼女が写真を撮り始めたころからたった1つだけ、こだわり続けていることがあります。何かわかりますか……?

 

それは「アフリカ人の綺麗な黒い肌の色を表現する」こと。

 

日本人などの黄色人種とは違って日の光によって青光りしたり、赤く反射したり、ときには紫色に写ることがあるそうです。

 

何度も何度も試行錯誤を繰り返してたどり着いた答えが……。日の出からの1時間半と日が沈みきるまでの1時間半なら変色することなく黒い肌本来の色みや質感をカメラに収めることができると言います。

 

たった3時間の間に最高の写真を撮るためには現地民族との信頼関係が大事。つまり自らも裸体をさらけ出して、同じ民族として受け入れてもらうことが大事なんですね!

【画像】左肩のタトゥーに込めた意味は?デザインは「鳥」?

ヨシダナギ タトゥー 画像

ヨシダナギさんの左肩には拳ほどの大きさのタトゥーが彫られています。日本では今だに批判や嫌悪感のあるタトゥーですが、彼女はいったいどんな思いを込めて彫ったのでしょうか?

 

まずはデザイン。画像を拡大してみると……。

ヨシダナギ タトゥー 画像

特徴的な尾の羽から彫られているのは「孔雀(クジャク)」あるいは「鳳凰(ほうおう)」ではないかなと思います。

 

クジャクは羽を広げたときに一本一本の羽の先にある丸い模様が目に見えるため「100の目を持つ鳥」と言われています。その目で人々を見守る意味や毒蛇や毒虫を食べる習性からも邪気から守る意味があります。

 

鳳凰は中国の神話に出てくる伝説の鳥。鳳凰が現れるのは徳の高い王によって安定した政治が行われているときなので平和の象徴。鳳はオス、凰はメスを意味して陰陽道の陰と陽に当てはめられることから調和をもたらすとも言われています。

 

アフリカに強い憧れを持つ彼女にとっては「少しでも現地の人たちに近づきたい」という気持ちの現れなのではないでしょうか?

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です