JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

松田鈴英の可愛い画像!高校での成績やWikiは?姉も美女ゴルファー

   

松田鈴英 かわいい 画像

「ニューヒロイン誕生の予感!?」

2017年度の女子ゴルフプロテストに合格した松田鈴英(まつだ れい)選手。本人も予想していなかったトップ通過。いったい彼女はどんなゴルファーなのでしょうか?

 

魅力を紐解くキーワードは「笑顔」、「ドライバーの飛距離」、「姉との約束」。

 

さぁWikipediaよりも、いち早く松田鈴英選手の素顔に迫ってみましょう!

松田鈴英選手のWikipedia風プロフィール

【名前】まつだ れい
【生年月日】1998年1月24日
【出身地】滋賀県
【身長】165㎝
【体重】54㎏
【血液型】B型
【家族】父 母 姉
【平均飛距離】250ヤード
【得意クラブ】ドライバー
【ベストスコア】64(芦原)
【目標の選手】松森彩夏 選手
【出身校】福井工業大学附属福井高等学校
【プロテスト合格年】2017年(89期生)
【所属】フリー

 

毎年、歓喜と悲哀が交錯する女子ゴルフプロテスト。2017年度は高校生時代からトップアマとしてプロの舞台でも活躍していた勝みなみ選手新垣比菜選手が受験するとあって注目を集めていました。

 

今回のプロテストはハイレベル!

 

松田選手を含めてトップ通過者が3人。さらにスコアは通算11アンダー。例年だと「アンダーで終了すれば、まず通る」と言われるプロテストですが、1アンダーでも通らずに涙を流した選手は多かったでしょう。

 

トップ通過者に贈られるのは残りレギュラーツアー14戦への参戦権。プロテストの翌週、8月4日から北海道で開催される「meijカップ」へさっそく出場となることが分かって困惑する彼女。

「え?来週?北海道……!!?どうしよう、キャディーのバイトが入っているのに……」

彼女自身、本当にトップ通過は予想外だったんでしょうね(笑)。それでもレギュラーツアー初参戦という喜びを噛みしめて笑顔がこぼれていました。

【経歴・成績】高校時代は無名?黄金世代の陰に隠れた逸材だった!?

松田鈴英 スイング 画像

父・直樹さんと姉・唯里さんの影響を受けて10歳のときに始めたゴルフ。

「最初は(飛ばないし、当たらないから)楽しくない。2年くらい経ってからゴルフの魅力がわかってきたんです。とにかくボールが飛ぶことが嬉しくって……」

「遠くへ飛ばすためにはどうすればいいんだろう?」と試行錯誤を始めたときから面白くなったと話します。

 

“黄金世代”と呼ばれる勝みなみ選手と新垣比菜選手とは1999年生まれで年齢は同じですが、松田鈴英選手のほうが1学年上です。

 

中学校時代には全国大会へ出場するようになり、将来はプロを意識するように。ところが高校に進学すると伸び悩み、遠のいてしまった全国大会。高校卒業後は地元に戻ってキャディーのアルバイトをしながら、練習を続けていたと言います。

 

《中学・高校時代の主な成績》

  • 2009年「全国小学生ゴルフ選手権春季大会」2位
  • 2010年「滋賀県アマチュアゴルフ選手権」優勝
  • 2011年「滋賀県高校・中学ゴルフ選手権」優勝
  • 2011年「関西ジュニアゴルフ選手権」6位
  • 2011年「日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子12~14歳の部」8位
  • 2014年「中部女子アマチュアゴルフ選手権」9位

【ここに注目!】今から知っておきたい松田鈴英選手の魅力!

 

「どんなときも笑顔」が座右の銘!

松田鈴英 笑顔 画像

「どんなにスコアが悪くても常に笑顔でプレーできるプロでありたい!」

逆境に立たされたときこそ笑顔で乗り切れる選手は粘り強い。心のゆとりが平常心でプレーするには必要不可欠なんでしょうね。

 

さて、早くもルックスが注目される松田鈴英選手。名前が「レイ」ということもあって、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する綾波レイに例えられることがあるそうですが「私、その人は知らないんです」と笑います。

 

笑顔を絶やさない明るい性格は”笑う門には福来る”とプロ初優勝を呼び込みそうですね!

 軽快なスイングで放つドライバー!

軽快なスイングで平均飛距離250ヤードも飛ばすドライバーが魅力。レギュラーツアーでも十分に通用する飛距離です。

 

国内女子プロでは飛ばし屋と呼ばれる渡邉彩香選手(250.28ヤード)と比べても遜色がない飛距離。最近では葭葉ルミ選手(261.16ヤード)が新・飛ばし屋として注目を集めていますが、将来的には匹敵する飛距離を期待です。

 

彼女は身長こそあるものの今はまだ華奢な体つき。けれど、スイングはミート率が高く、ボールの初速が速いからこそ飛ぶんでしょうね!

プロテスト合格には姉との約束があった?

松田鈴英 姉 画像

姉・唯里さんは高校時代から中部地区では敵なし。福井工業大学に進学してゴルフを続けていました。「東海テレビ杯争奪中部女子学生ゴルフ選手権では」大学1年生のときから4連覇という偉業を達成しています。

 

2014年に「日本女子学生ゴルフ選手権」で初優勝。2016年にも「ゴルフ日本学生選手権」で初優勝。もしかすると妹・鈴英さんよりも実力は上だったのかもしれませんが……。

「選手生活を最高の形で締めくくれて良かった」

姉・唯里さんは大学卒業後は就職することを心に決めていたそうです。そしてプロの夢は妹に託され、見事に狭き門を突破したわけです。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です