JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

萩野公介の成績・タイム・記録まとめ!天才スイマーを育てた母の食事

   

萩野公介 メダル 画像

日本競泳界のエース・萩野公介選手。「どの種目を泳がせても速い」と言われる”マルチスイマー”という理想。追い求める背中は「水の怪物」と呼ばれるマイケル・フェルプス選手です。

 

憧れの選手が”怪物”なら萩野選手の小中高時代は”神童”と呼ばれる活躍。そして、競技生活を支えてくれたのは母・貴子さんの存在。

 

Wikipediaだけでは知ることができない親子の絆に迫ります!

関連記事

萩野公介選手のWikipedia風プロフィール

【名前】はぎの こうすけ
【愛称】ハム
【生年月日】1994年8月15日
【出身地】栃木県小山市
【身長】177㎝
【体重】71㎏
【血液型】B型
【家族】父 母
【出身校】
・作新学院高等学校
・東洋大学文学部
【所属】ブルヂストン
【泳法】個人メドレー・背泳ぎ・自由形
【自己ベスト】
・100m自由形:48秒75(2014年9月5日)
・200m自由形:1分45秒23(2014年9月21日)日本記録
・400m自由形:3分43秒90(2014年4月12日)日本記録
・1500m自由形:15分05秒35(2015年5月22日)
・100m背泳ぎ:52秒78(2014年9月6日)
・200m背泳ぎ:1分54秒23(2014年4月13日)
・100mバタフライ:52秒11(2014年6月22日)
・200mバタフライ:1分56秒57(2014年6月21日)
・200m個人メドレー:1分55秒07(2016年4月9日)日本記録
・400m個人メドレー:4分06秒05(2016年8月6日)日本記録

【国内最強?】目指すは世界で戦える「マルチスイマー」

400m個人メドレー。バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形の4泳法すべてを駆使してタイムを競う競技。ゆえに優勝者はキングオブスイマーと呼ばれます。

 

この競技の世界記録保持者(4分03秒84)であるマイケル・フェルプス選手。彼は水の超人と呼ばれたイアン・ソープ選手が去った後の競泳界で世界の頂点に昇りつめた「水の怪物」。

 

2008年の北京五輪で個人5種目とリレー3種目で金メダルという競泳史上初・五輪史上初の8冠を達成した最強のスイマーなんです。リオ五輪終了時点で獲得した通算金メダル数は23個……これは国家レベルです(笑)彼の偉業の数々は語りつくせませんので今日はこのへんで!

 

さて、なぜフェルプス選手の話をしたかというと……?萩野公介選手の持つ異名が「和製フェルプス」だからなんです。日本最強のスイマーはどのようにして水泳と出会ったのでしょうか?

【神童の誕生】いまだ破られない記録!競技生活を支えた母!

萩野公介選手が”プールの水”に触れたのはわずか生後6ヶ月のとき。でも、本当は母・貴子さんが妊娠中に「ママ友」を求めてベビースイミングに通い始めたので、お母さんのお腹の中にいるときから”プールの水”と出会っていたんです。

 

幼稚園になると選手育成コースに入って本格的に泳ぎを習い始めます。

 

小学校2年生のときに出場したジュニアオリンピックで優勝。下記の学童日本記録はいまだに破られていません。当時から「金メダルに一番近い小学生」と全国に名前を轟かせていたとか。

短水路 長水路
50m背泳ぎ 26秒37(2007年3月28日) 28秒47(2006年11月26日)
100m背泳ぎ 56秒52(2007年3月29日) 1分00秒49(2006年11月24日)
200m背泳ぎ 2分03秒87(2007年2月18日)
400m個人メドレー  4分30秒76(2007年2月18日)

 

小学校3年生からはもっと練習環境の良い「御幸ヶ原スイミングスクール(栃木県宇都宮市 )」に通います。そのときから萩野選手の競泳生活を支えたのが母・貴子さん。

 

このスクール、自宅から往復で2時間かかる場所なんですが高校を卒業するまでの10年間、週6で休まず送り迎えをしてくれたんです。

 

それだけではなく、高校時代は毎日の食事を専門家の指導を受けながら1日7食も作っていたと言うんです。作るお母さんも大変ですが、食べる萩野選手も大変。

 

その摂取カロリーは1日4000kcal!一般的な成人男性の1日の摂取カロリーが平均で2000kcalなので約2倍!!試合前に練習を追い込む時期は昼と夜にそれぞれ2000lcal食べても体重が減ってしまうんだそうです……。

 

猛練習と豊富な食事によって身体が小さかった幼少期とは比べものにならないほどガッシリした体型を高校時代に手に入れました。

【エースとして覚醒】ロンドン五輪で近づいた世界との距離!

萩野公介 ロンドン五輪 画像

萩野公介選手の名前が一躍有名になったのが2012年のロンドン五輪。北島康介選手に続き、史上2人目となる高校生で五輪出場。

 

400m個人メドレーの予選では全選手1位の記録で決勝へ進出すると、決勝では日本新記録となる会心の泳ぎでマイケル・フェルプス選手に競り勝っての銅メダル。

 

男子個人メドレー種目では日本人初、高校生選手としては56年ぶりのメダルでした。五輪の舞台を経験して覚醒した萩野選手は、この後、日本競泳界のエースとして成長していきます。

  • 2013年「世界水泳」
    ・400m自由形 銀メダル
    ・200m個人メドレー 銀メダル
  • 2014年 「パンパシフィック水泳」 
    ・200m個人メドレー 金メダル
    ・400m個人メドレー 金メダル
    ・200m自由形 銀メダル
    ・400m自由形 銀メダル
    ・800mフリーリレー 銀メダル
  • 2014年「アジア大会」
    ・200m自由形 金メダル
    ・200m個人メドレー 金メダル
    ・200m個人メドレー 金メダル
    ・800mフリーリレー 金メダル
    ・400m自由形 銀メダル
    ・100m背泳ぎ 銅メダル
    ・200m背泳ぎ 銅メダル
  • 2015年「世界短水路」
    ・200m個人メドレー 金メダル
    ・400m個人メドレー 銀メダル
  • 2016年「リオオリンピック」
    ・400m個人メドレー 金メダル
    ・200m個人メドレー 銀メダル
    ・4×200mフリーリレー 銅メダル
関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です