JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

小関也朱篤と結婚した嫁の画像や子供の性別は?父としての強さと記録

   

小関也朱篤 読み方 名前 画像

2017年に開幕する世界水泳ブタペスト大会。そして続く、2020年の東京五輪。北島康介選手が去った競泳の平泳ぎでメダルを期待されている小関也朱篤(こせき やすひろ)選手

 

リオ五輪ではメダルを逃したものの急成長した彼の強さの秘密……少し覗いてみませんか?

 

Wikipediaでは知ることができない小関也朱篤選手の素顔と魅力に迫ってみたいと思います!

小関也朱篤選手のWikipedia風プロフィール

【名前】こせき やすひろ
【生年月日】1992年3月14日(23歳)
【出身地】山形県鶴岡市
【身長】188㎝
【体重】84㎏
【血液型】B型
【出身校】
・羽黒学園羽黒高等学校
・日本体育大学体育学部
【所属】ミキハウス
【種目】平泳ぎ
【自己ベスト・短水路】
50m平泳ぎ:26秒32
100m平泳ぎ:56秒34
200m平泳ぎ:2分02秒03
【自己ベスト・長水路】
50m平泳ぎ:
100m平泳ぎ:
200m平泳ぎ:2分07秒18

【記録】圧巻の三冠!世界水泳に向けて好発進の日本選手権!

小関也朱篤 北島康介 画像

男子の平泳ぎと言えば北島康介選手。アテネ五輪、北京五輪の100m平泳ぎ、200m平泳ぎで2大会連続2種目での金メダルは伝説的な活躍として日本競泳界に残り続けます。

 

さて、日本競泳界では「北島康介の後継者は誰だ?」と議論されていて、平泳ぎの新・エースに名が挙げられているのが小関也朱篤選手なんです。

 

2017年世界水泳の代表選考会を兼ねた日本選手権。今大会での小関選手は絶好調を通り越して、完全にゾーンに入っていました。極限の集中力の状態だと周りがスローモーションのように見えたりする、アレです(笑)

 

100m平泳ぎでは59秒26のタイムで4連覇目を飾ると派遣標準記録もクリアして世界水泳の代表に内定。

 

これで肩の力が抜けたのか2種目目の50m平泳ぎ(五輪では非正式種目)では27秒23の日本新記録をマーク。2010年に北島康介選手が出した記録を0秒07塗り替えました。

 

そして、200m平泳ぎの世界記録保持者の渡辺一平選手を抑えて2分07秒18で貫禄の3連覇。何よりも驚かせたのが、このタイム!

 

実はリオ五輪金メダルに相当する自己ベストで世界歴代4位の記録だったんです。

「無我夢中でやった。自己ベスト、25歳ですけど、うれしい」

【挫折と復活】平泳ぎの選手として覚醒!メダルを逃した五輪でさらに強く!

小関也朱篤 リオ五輪 画像

今でこそ平泳ぎのエースですが高校時代はまったくの無名だった小関也朱篤選手。トップアスリートが10代で頭角を現すことが多いことを考えれば異色な経歴です。

 

実は水泳を始めてからのほとんどを自由形の選手として歩んできました。本格的に平泳ぎに転向したのは大学3年生のときで今から世界のトップを目指すというには遅すぎる年齢にも思えます。

 

平泳ぎの選手として覚醒したのは自由形で身につけたパワーとスタミナ、そして生まれ持っての素質がバッチリ嚙み合ったから!

 

日本人の平泳ぎ選手としては大柄な188㎝の身長。腕を伸ばしたときの長さは2m(一般的には身長と同じ)。腕が異様に長いんです。ボートで例えるならオールが長いのと一緒で、より多くの水をかくことができます。

 

さて、彼には決して忘れられない大会あります。それは「ポスト北島康介」という立場を背負って挑んだ2016年のリオ五輪。

 

100m平泳ぎの予選で自己ベストを更新して決勝に臨んだもののタイムを落として6位。
得意の200m平泳ぎでは5位。メダルを期待されていただけに悔しい結果に終わってしまいました。

 

ただ、この悔しさがあったからこそ”今の小関也朱篤”があるとも言えます!

「ラスト50mでテンポを上げて、スピードを出せるようにトレーニングした成果が出ている」

リオ五輪の敗戦からの1年間はひたすらにレース終盤での泳ぎを意識。そして辛いトレーニングを乗り越えられたのは奥さんの存在がありました。

【画像は?】結婚した妻の支えが!子供の誕生でさらに強く!東京五輪に期待!

2014年の11月22日、いい夫婦の日に入籍した小関也朱篤選手。結婚相手の女性は一般の方で氏名や年齢は明らかになっていません。

 

ミキハウスに入社して1年目の結婚ということで大学時代から交際していた女性では?と言われています。

 

結婚後の小関選手は一気に平泳ぎのエースとして覚醒します。国内ではもはや敵なしの強さ!

2014年 日本選手権 50m平泳ぎ 2位
100m平泳ぎ 優勝
ジャパンオープン 100m平泳ぎ 優勝
200m平泳ぎ 優勝
2015年 日本選手権 50m平泳ぎ 3位
100m平泳ぎ 優勝
200m平泳ぎ 優勝
ジャパンオープン 50m平泳ぎ 6位
200m平泳ぎ 優勝
2016年 日本選手権 100m平泳ぎ 優勝
200m平泳ぎ 優勝
ジャパンオープン 100m平泳ぎ 優勝
200m平泳ぎ 優勝

 

生涯のパートナーを得るということはアスリートにとって、とても大きな力になることがわかりますね。

「(2020年の)五輪のときには3歳。おやじが何をやっているか分かると思う」

2017年8月20日に第1子である女の子が出産予定であることを明かしています。

 

結婚後に驚異的な強さを発揮し続けているだけに愛娘が産まれてきたら、どれだけ強い選手になってしまうんでしょうか?子どもが見守る東京五輪は金メダルを期待してもいいですよね?(笑)

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です