JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

井上琴絵の彼氏は柳田将洋?姉は井上香織?負けん気リベロの結婚観

      2017/09/05

井上琴絵 かわいい 画像

「アイドルじゃなくて、バレーボール選手なの?」

そんな声が聞こえてきそうなほどの可愛らしさを持つのはJTマーヴェラス所属の井上琴絵選手。今までバレーボールファンの間だけで熱狂的人気でしたが日本代表に選出されたことで注目の美女アスリートです。

 

そんな彼女にはイケメンバレーボーラーの柳田将洋選手との交際が噂されているとか?

 

えっ?マジかよ?そう、まさにマ・ジ・か・よ!な噂なんです!2人の交際の噂……真相はどうなのでしょうか?

関連記事

井上琴絵選手のWikipedia風プロフィール

【名前】いのうえ ことえ
【愛称】コトエ、コト
【生年月日】1990年2月15日
【出身地】京都府京都市
【身長】161㎝
【体重】53㎏
【血液型】A型
【家族】父 母 兄 姉 弟
【出身校】
・京都市立花山中学校
・京都橘高校
【所属】JTマーヴェラス
【背番号】10
【ポジション】L
【利き手】右
【指高】213㎝
【最高到達点】
・スパイク:285㎝
・ブロック:275㎝

 

リベロはバレーボールにおいてサーブも含めて攻撃に一切参加できない 守備専門のポジション。ひたすらにボールを拾い続ける姿はまさに職人!

 

2016年、リオ五輪では佐藤あり紗選手が「可愛すぎるリベロ」として注目を集めましたが、彼女が美人系なら井上琴絵選手は可愛い小動物系!もちろん見た目だけでなく実力は本物ですよ!?

 

小学校3年生のときに始めたバレーボールは中学校まではアタッカー。高校からリベロに転向すると2006年、春高バレー準優勝。2007年、国体優勝。アジアユース選手権、アジアジュニア選手権で優勝するなど国際大会での経験もある凄いリベロです。

 

2010/2011シーズンはチームのリーグ初優勝とともにベストリベロ賞も受賞しています。過去、3度のケガも乗り越えて再び日本代表のユニフォームをまとう井上琴絵選手。

 

ちなみに「姉の影響で始めた……」とありますがデンソー・エアリービーズに所属していた井上香織選手とは血縁関係はありません(笑)。

【噂の真相】井上琴絵選手と柳田将洋選手は付き合っている?

井上琴絵 柳田将洋 画像

柳田将洋選手は男子バレーボール日本代表で強烈なサーブを武器に活躍する選手。2015年のワールドカップバレーでは石川祐希選手、山内晶大選手、高橋健太郎選手らとともに「NEXT4」と呼ばれてバレーボール人気に火をつけました。

 

【名前】やなぎだ まさひろ
【愛称】マサ
【生年月日】1992年7月6日
【出身地】東京都江戸川区
【身長】186㎝
【体重】78㎏
【血液型】O型
【出身校】
・安田学園中学校
・東洋高等学校
【所属】
・サントリーサンバーズ(2015‐2017)
・TVインジェルソル・ビュール(2017‐)
【背番号】8
【ポジション】WS
【利き手】右
【指高】240㎝
【最高到達点】
・スパイク:335㎝
・ブロック:315㎝

 

アイドル的人気を誇る選手だけに本当なら男性ファンも女性ファンもショック!いや、すでにもう胸が苦しい!井上琴絵選手と柳田将洋選手と交際の噂の真相は?

…。

……。

………。

2人に交際の事実はなさそうです。……ホッ!(笑)。それでは、なぜ交際の噂が広まったのでしょうか?

 

それは柳田将洋選手が過去に交際していたという噂の女性に秘密がありました。これは、これで女性ファン、ショック!

柳田将洋 河合由貴 画像

彼は2008年から2011年までJTマーヴェラスに所属していた河合由貴選手と2014年ごろまでは交際していたという噂があります。噂された理由は、

  • 「Twitterのアカウントに2人のイニシャルが入っている」
  • 「河合由貴選手の後輩が柳田将洋選手のTwitterに『大好きな先輩をよろしくお願いします。』とコメントした」
  • 「2人がお揃いのミサンガをしてる」

などなど。その情報が混同して「井上琴絵、柳田将洋が付き合っている!」となったのでしょう!

【熱愛】彼氏の噂はないの?好きな男性のタイプや結婚観!

「子どもが好きで、スポーツができる人。年上で背が高いとなお良いですね」

好きな男性のタイプを話す井上琴絵選手。年上という条件なら柳田将洋選手は、やっぱり候補から外れてしまうのかもしれないですね(笑)。

 

さて、彼女のTwitterや2チャンネル掲示板、ネットで検索できるものすべてフル活用しましたが彼氏に関する噂レベルの話題すらも見つかりません。

 

鉄壁の守備を見せる井上琴絵選手だけにプライベートも死守しているのかも?(笑)

「日本一になるために京都橘高校に入ったんで!」

高校時代を振り返って、こう話すように常に日本のバレーボール界でトップを走り続けています。トップ選手として”今”しか出来ないバレーボールに懸ける想いは人一倍強いのではないでしょうか?

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です