JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【バレー】高橋沙織のWikiや身長は?日立退団の理由とエースへの跳躍

   

高橋沙織 バレー 画像

「第二のシンデレラガールとなれるか?」

トヨタ車体クインシーズ所属の高橋沙織選手。眞鍋ジャパンでは代表から外れ、日の目を浴びることはありませんでしたがバレーボールファンは彼女の登場を心待ちにしていました。

 

彼女のプレースタイルが迫田さおり選手を彷彿とさせる理由とは?

 

Wikipediaだけでは知ることの出来ない高橋沙織選手の経歴や魅力に迫ってみたいと思います!

高橋沙織選手のWikipedia風プロフィール

【名前】たかはし さおり
【愛称】サク
【生年月日】1992年12月9日
【出身地】岩手県北上市
【身長】178㎝
【体重】67㎏
【血液型】A型
【出身校】
・北上市立和賀東中学校
・盛岡女子高等学校(現:盛岡誠桜高校)
【所属】
・日立リヴァーレ(2011‐2014)
・トヨタ車体クインシーズ(2015‐)
【背番号】3
【ポジション】WS
【利き手】右
【指高】230㎝
【最高到達点】
・スパイク:310㎝
・ブロック:290㎝

高橋沙織 トヨタ 画像

高橋沙織選手のポジションはWS(ウイングスパイカー)と言ってバレーボールにおける攻撃の要。

 

ただ、全日本に眞鍋政義監督が就任してからはサーブレシーブをするWSを「パス・ヒッター」、サーブレシーブをしないWSを「ポイント・ゲッター」と明確に2つに分けるようになりました。

 

リベロ(守備専門のポジション)とパス・ヒッターがサーブレシーブに専念することで、相手サーブからの失点を防ごうという狙いがあります。

 

高橋沙織選手はパス・ヒッターとしてトヨタでは活躍していますが、日本代表では2016/2017シーズンをもって引退した迫田さおり選手を継ぐ選手だと確信しています。

【経歴】日立リヴァーㇾを退団した理由は?

高橋沙織 日立 退団 画像

高橋沙織選手は盛岡女子高校時代に春高バレーに出場。上位進出こそなかったものの、高い身体能力から高校日本代表にも選出されています。

 

サーブと攻撃力を買われ、2011年に日立リヴァーㇾに入団。2012年ロンドン五輪で活躍した江畑幸子選手の対角エースとして活躍しました。

 

チームは2013/2014シーズンからプレミアリーグへ復帰。リーグ優勝へ向けて追い風ムードでしたがシーズン終了後にエース・江畑幸子選手の移籍、濱田義弘監督の勇退。

 

チームの内情がガラッと変わったことで高橋沙織選手は新天地を求めて2014年7月に日立リヴァーㇾを退団。同年8月にトヨタ車体クインシーズに移籍するんですが……。移籍同意書なるものに日立リヴァーㇾがサインしなかったため、移籍したものの1年間試合に出場できない状態だったんです。

 

これは円満退団ではなかったということなんでしょうか?

 

日立としてはチームに残留して江畑幸子選手が抜けた穴を埋めるエースとして活躍して欲しかったという思いがあったのかもしれません。だから「移籍には同意できない」とサインしなかったのでは?と推測します。

 

1年間、活躍の場を奪われた高橋沙織選手。コートサイドでポツンと座る姿がどこか寂しげでした(笑)。

【魅力】驚異のジャンプ力!迫田さおり選手の跡を継ぐのは高橋沙織だ!

高橋沙織 スパイク 最高到達点 画像

高橋沙織選手の最高到達点はFIVB(国際バレーボール連盟)発表の最新の数値では310cm!!!日本代表では松本亜弥華選手の315㎝に次いで、2位(野本梨佳選手も310cm)のジャンプ力。

 

177cmという身長を考えれば驚異のジャンプ力ですよね?その姿は2012年、ロンドン五輪で次々とバックアタックを決めた迫田さおり選手を彷彿とさせます。

 

迫田さおり選手も小柄で身長は175cm。けれど、スピードを武器に相手のブロックが完成する前に打ち切るバックアタックを身につけました。体格、ジャンプの軽やかさ、鋭い目つき……。2人はよく似ています(笑)

2016/2017レギュラーラウンド
アタック決定率 35.0% 29位
バックアタック決定率 31.2% 9位
アタック決定本数(1セットあたり) 2.75本 19位
ブロック決定本数(1セットあたり) 0.18本 33位
サーブ効果率 6.2% 47位
サーブレシーブ成功率 59.9% 21位
総得点 179点 30位

 

高橋沙織選手は波の激しいシーズンでした。

2016/17シーズンの高橋沙織選手のレギュラーラウンド、アタックの打数が20以上あった試合は14試合、そのうち決定率が40%以上あった試合が7回、30%以上40%未満だった試合は2回、そして30%未満だった試合は5回ありました。

ただ、迫田さおり選手が1試合、1試合、海外の強豪に挑み続けて成長したように粗削りな部分に大化けの可能性があります。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です