JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【動画】久保裕也の最新ゴール集!4人ぶち抜き超絶ドリブルがヤバい

   

久保裕也 サッカー 画像

サッカー日本代表の次期エースとして期待されている久保裕也選手。彼の凄さは驚異のゴール決定率にあります。

 

久保裕也がボールを持てば、ゴールが決まる……。少し大げさかもしれませんが、それほど質の高いプレーが注目を集める理由なんです。

 

なぜ、彼はゴールを量産することが出来るのでしょうか?それにはプレースタイルに秘密がありました!

関連記事

久保裕也選手のWikipedia風プロフィール

【名前】くぼ ゆうや
【愛称】スシボンバー
【生年月日】1993年12月24日
【出身地】山口県山口市
【身長】178cm
【体重】72kg
【血液型】 A型
【出身校】
・山口市立鴻南中学校
・立命館宇治高校
【所属】
・京都サンガF.C.(2011‐2013)
・BSCヤングボーイズ(2013-2016)
・KAAヘント(2017‐)
【ポジション】
・FW(ST、WG、CF)/MF’(OH)
【背番号】31
【利き足】右
【着用スパイク】NIKE マーキュリアル・ヴェイパー11

【由来】欧州で「スシボンバー」を使いたがる理由とは?

久保裕也 スシボンバー 画像

欧州のメディアからは「スシボンバー」の愛称で親しまれている?久保裕也選手。元祖スシボンバーと言えばドイツ・ハンブルガーSVで活躍した高原直泰選手。

 

なぜ欧州メディアは「スシ」を使いたがるのでしょうか?

「それはいわゆる”決まり文句”のようなものでニックネームではないんだ。日本はドイツでも有名だけど、中でもスシが一番わかりやすいんだ。日本のメディアがドイツのことを表すときにソーセージやビールを使うのと一緒さ」

……なるほど!!!少し納得できたような気がします。チョンマゲボンバーにならなかっただけ良かったと言えるかもしれないですね(笑)

【解説】久保裕也選手の凄さとは?プレースタイルの特徴!

久保裕也 プレースタイル 画像

左右から繰り出す強烈なミドルシュート

利き足は右ながら左足でも右足と変わらないボールタッチ。シュート精度は日本代表の中でも間違いなくトップクラス。中には代表選手の誰よりもシュート精度は上だと評価する記事もあるほど!

 

またシュートレンジ(シュートを狙える距離)が広いというのも持ち味であるスピードを最大限に生かすことにつながっています。

 

なぜならシュートの精度が高く、シュートレンジが広いとディフェンスは簡単にフリーにはできません。ディフェンスは久保裕也選手がボールを持ったら距離を詰めないとシュートを打たれてしまいます。

 

そして、ディフェンスが少しでも間合いを詰めた瞬間に、まるで居合の達人が刀を抜くかのようにスピードで抜き去ってしまいます。

トラップでディフェンスをかわす技術

FW(フォワード)にとってパスを受ける技術(トラップ)のうまさがゴールの決定率の高さに直結します。

 

オフェンスとディフェンスが入り乱れたゴール前。オフェンスはパスを受けたときに容易にドリブルしてしまうとボールを奪われてしまう場合がありますし、ディフェンスもそこを狙っています。
それならパスを受けた瞬間にシュートを打てる体勢でトラップできれば……?あるいはディフェンスがいない方向にトラップして抜くことができれば……?密集地帯でもフリーでシュートを打てる可能性が高くなります。

 

久保裕也選手の得点量産の秘密はトラップの技術が高いことはもちろん、ボールを受けるために常に動き回っていること。

自然体でゴールに向かうメンタルと秘めた闘志

「自分のプレーがうまくいけば、最後にゴールが必ずついてくると思うので、その前段階のところのプレーをしっかりやっていくのが大事かなと思います」

以前はもっとギラギラとゴールを狙っていたようにも見えた久保裕也選手ですがスイス、ベルギーとシーズンを重ねるごとにより冷静さが身についた久保裕也選手。

「ゴールを獲ることでしかフラストレーションを解消できない」

いや、この言葉から伝わってくるのはやっぱりストイックにゴールを狙い続けるギラギラとした久保裕也選手ですね。

【動画】久保裕也選手の凄さがわかるゴール集!

【動画】4人抜き?いや6人抜きのスーパーゴール!

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です