JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

伊藤壇に彼女や結婚の噂は?年俸は日本の〇〇倍?引退後の夢を語る

   

伊藤壇 画像

2017年6月8日放送の「クレイジージャーニー」に出演するのは過去19リーグプレーしたプロサッカー選手・伊藤壇(いとう だん)

 

「アジアの渡り鳥」の名の通り、自らがサッカーを出来る場所を探して、レギュラー争いのサバイバルを勝ち抜いてきた流浪のサムライフットボーラー。

 

番組では触れられていなかった驚きの年俸や結婚観から引退後の進路などプライベートな部分に迫ってみたいと思います!

伊藤壇選手のWikipedia風プロフィール

【名前】いとう だん
【生年月日】1975年11月3日
【出身地】北海道札幌市
【身長】173.5㎝
【体重】71㎏
【血液型】O型
【趣味】ドライブ DVD鑑賞
【特技】ビリヤード
【出身校】
・登別大谷高等学校
・仙台大学
【所属】ASポンタ・レステ
【背番号】
【ポジション】MF
【利き足】右

独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)が
スタジオに集結し“その人だから話せる”、“その人しか知らない”…常人離れした体験談を語る!

松本人志さん、設楽統さん、小池栄子さんをMCに迎えて毎週、濃いぃぃぃぃ番組内容の「クレイジージャーニー」。伊藤壇選手もこれまでの出演者に負けない体験談を引っさげて登場しました。

【唯一無二】挫折を経験して、アジアに目を向け、活路を見出した!

伊藤壇 サッカー 画像

「最も多くの国でプレーした選手」としてギネス記録にも申請中の伊藤壇選手。

 

彼が海外での生活を選んだのは華やかなプロの世界の現実……「戦力外通告」が理由でした。

 

大学卒業後、1998年に現在のベガルタ仙台に入団したものの2年間後には退団。しばらくは地元・北海道の地域リーグでプレーしていたもののモヤモヤとした日々。

 

「サッカー選手になる」ことと「海外に住む」という子どものころの夢を叶えるため自分自身を必要とするチームを求めて海外へ飛び出しました。

 

ほぼ一年ごとに所属するチームを変え、リーグを変え、今ではアジア諸国の20の国と地域のリーグでプレーしたという唯一無二の存在になりました。

【引退】「ケガが多くなってきた……」2017年シーズン限りで現役引退!

伊藤壇 引退 画像

「現役としてはラストイヤーになるはず。プロサッカー選手としての集大成としたい」

2017年シーズン限りで現役を引退することを所属事務所エイベックス・スポーツを通して発表した伊藤壇選手。

伊藤壇 引退 画像

引退後の進路……明言はしていませんがアジア各国でプレーした経験を生かしたビジネスやサッカー指導者としての道を模索しているようです。

 

高校卒業後、すぐにJリーグでプレーする選択肢があったみたいですが、大学へ進学したのは教員免許を取得するため。

「絶対に教師になる!という強い思いがあったわけではなく、サッカー選手になることは、いずれ引退することも考えないといけないと思い、資格を取っておきたかった」

高校生のときから将来のことを考えて行動する力。このことからもわかるように伊藤壇選手がアジアに活路を見出したのは、ただの思いつきではなくて勝機あってのことだったんでしょうね。

【暴露】アジア各国のリーグの年俸は?驚きの給与!

「自分が良ければ給料に反映されるし、逆にダメなら来月どうなるかわからない。評価がわかりやすいのが(アジアのサッカーが)自分には合っている気がします」

日本のJリーグ(1部)の平均年俸は約2000万円。億を稼ぐ選手もいれば、1000万円にも満たない選手もいるというわけです。それでは伊藤壇選手が活躍するアジア各国のリーグはどうでしょうか?

年俸 平均年収
マレーシア 約687万円 約180万円
シンガポール 約562万円 約384万円
インドネシア 約545万円 約33万円
タイ 約415万円 約110万円
ベトナム 約178万円 約30万円

 

現地で衣食住を確保するにはプロサッカー選手は困らないようですね。ただし、解雇されなければの話ですが(笑)。

 

さて、アジア各国を転々としたからこそ知るお金にまつわる面白エピソード。

 

所属したチームのオーナーはブルネイの皇太子。練習は超ダラダラなのに、試合になると急にやる気が出るチームメイト。

 

理由は皇太子も試合に出るから!

 

そして絶妙なアシストを皇太子にするとベンツを買ってもらえたりするから、みんな目が血走るほど真剣なんだとか(笑)

【素顔】伊藤壇選手は結婚しているの?

過去20年にも渡ってアジア各国の美女を見てきた……であろう(笑)伊藤壇選手。きっと奥さんも綺麗な人なのでは?と思ったら、どうやら独身。

 

2005年にマレーシアリーグでプレーしていたときのサイン会で「結婚はいつするの?」と子どもから質問されると「お金が貯まったら、結婚します」と苦笑いしていたと言います。

 

そろそろ機は熟したでしょうか?

 

引退後の第二の人生をともにできる素晴らしいパートナーに出会えれることを祈っています。香港リーグでは「香港サッカー界のキムタク」と呼ばれたイケメン選手。すでに意中の彼女がいるかもしれないですね

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です