JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

石原佑里子の配信動画が流出!本人とほくろの画像を比較!完全一致

      2017/04/18

石原佑里子 グラビア 画像

『週刊プレイボーイ』や漫画誌『ヤングキング』の表紙などを飾り、フジテレビ「佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~」にも出演するグラビアアイドルの石原佑里子さんが2017年5月いっぱいで芸能界を引退することを所属事務所が発表。

 

突然すぎる引退にファンだけでなく2ちゃんねる掲示板も大騒ぎ!

 

急すぎる引退発表。本人の口からは沈黙。いったい彼女に何があったのでしょうか?

関連記事

【電撃引退】石原佑里子さんが芸能界を去る理由!

石原佑里子 田島佑里子 画像

所属事務所ASCHE(アッシュ)によると引退の理由は「学業に専念したいという本人の希望」だと発表されていて、すでに石原佑里子さんのTwitterやインスタグラムは削除され閲覧することはできません。

 

ファンにとっては何の前触れもない突然の引退。

 

彼女は現役女子大生グラビアアイドルとしてアイドル通販サイト「東京Lily」ではDVD年間売り上げ第1位を獲得したほど人気。

 

2017年はブレイクするグラビアアイドルの一人と言われ、週刊誌「週刊プレイボーイ」や漫画誌「ヤングキング」の表紙を飾るなど活躍が目立ちました。

 

その一方で本来の大学生としては仕事の忙しさから2016年の1年間は休学しなければいけない状態だったようです。

 

復学に向けて2017年3月ごろから仕事の数を減らし、4月からはすでに大学へ復学していると言います。

 

2017年4月16日に行なわれる予定だった大阪の撮影会や5月20日のDVD発売記念イベントは急きょ中止。Twitterで中止の呼びかけをするなど対応に追われる関係者。

 

表向きは「学業に専念するための引退」となっていますが、ネットではある動画投稿サイトに公開されていた1つの動画が彼女を引退に追い込んだのでは?と憶測を呼んでいます!

【疑惑】ほくろの位置が本人と完全に一致!

疑惑の動画と言われるのが石原佑里子さんに”よく似ている”女性が配信した動画。この動画、2015年ごろに公開されていたことが特定されています。

 

2015年ごろと言えば彼女が「ミス湘南ベストフォトジェニック賞」を受賞した年。もしも本人なら素人時代の動画ではないか?と推測されています。

 

では、なぜ石原佑里子さん本人という疑惑が浮上したのでしょうか?

 

それは石原佑里子さんのチャームポイントの両ほほにある特徴的な3つのほくろ。動画に映る女性と位置までほとんど同じなんです。

石原佑里子 流出動画 画像

たまたまほくろの位置が一緒だということはありますが3つも一致することはあるでしょうか?石原佑里子さん本人である可能性は高いと言えます。

【考察】ブログには今後の活動予定も掲載されていたのに……。

動画の女性が石原佑里子さん本人では?という疑惑を深めているのが配信した動画がネットで話題になった時期と引退発表があまりにもタイミングが良すぎること。

 

なぜなら2017年3月29日に投稿された彼女のブログには、

「みなさんこんばんは。

昨日Twitterで告知させていただいた石原佑里子、初のオフ会。

(中略)

さいっこおーに楽しみです!!!!

こうしてオフ会を事務所に開催していただけることは決して当たり前のことではありません。

(中略)

皆さんで楽しい思い出を作りましょう」

このようにオフ会の告知をしているからです。引退を目前に控えたグラビアアイドルが自身のイベントの告知をして「楽しみです!」とコメントするでしょうか?

 

配信した動画が流出したタイミングと石原佑里子さんの引退発表には少なからず関係があるというのが現在わかっている事実からの考察。

 

若気の至りだったのでしょうか?まさか素人時代の動画が見つかるなんて夢にも思わなかったのでしょうね。

石原佑里子さんのWikipedia風プロフィール

石原佑里子 画像

【別名義】田島佑里子
【ニックネーム】ゆりりん
【生年月日】1994年9月11日
【出身地】埼玉県
【身長】160cm
【体重】非公表
【スリーサイズ】B90-W58-H92
【血液型】B型
【特技】ダンス
【趣味】カラオケ オセロ ダーツ
【出身校】東洋大学
【所属】ASCHE

デビュー当時はおそらく本名と思われる「田島佑里子」名義で活動。

 

2016年9月10日に放送された「さんまの東大方程式」にて東大生に明石家さんまさんが合コンをセッティングするという企画では圧倒的なスタイルで東大生を誘惑。

 

「佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~」では深夜番組だからこその過激な企画にも果敢に挑戦する姿が好評でした。

関連記事

  関連記事

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です