JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

松山英樹が彼女にしたいグラドルと密会!性格や態度の悪さと真の素顔!

   

松山英樹 画像

日本ツアー史上初ルーキーイヤー賞金王、史上最速(16試合)で年間獲得賞金2億円突破など数々の記録を打ち立てた松山英樹選手。

 

ただゴルフの実力以上に試合中の態度やルール上のトラブルが話題になり、それに加えてかなりぶっきらぼうな性格からマスコミからも批判を受けて『かなりワガママなゴルファー』というありがたくない称号も手に入れてしまいました!

 

でも、
実際のところ本当の性格はどうなのか、

『性格や態度が悪いとの噂の数々』

『グラドルとの密会でさらに悪役に』

『松山選手の本当の素顔とは?』

『プロとして成長して欲しいというファンの思い』

などの話題で松山英樹選手の素顔に迫ってみたいと思います!

性格や態度が悪いとの噂や評判

松山英樹 態度 画像

松山選手については素晴らしい実力を持っている選手で将来の日本のゴルフ界を背負っていくほどの才能があると言われていますが、性格やプレー中の態度がプロとしてふさわしくないと批判を浴びています。

 

プレー中の態度が悪いと言われる行為は

  • ミスショットを打った後にドライバーを地面に叩きつける
  • パットを外すとパターをグリーンに叩きつける
  • 記者のカメラのシャッター音が気になったのかパターを決めた後にボールを放り投げた

などなど。

 

シャッター音に関してはパターが入るか入らないかで勝負が決まる場合がありますしマナー違反というところもわからなくはないですけどね(^^;;

 

これ以外にも

  • 2013年7月の全英オープン3日目でスロープレーによって1打のペナルティ
  • 2013年10月のフライズドットコムオープンでデーブス・ラブ3世選手から『ボールを置く場所が違う』と指摘される

などルールに関してもトラブルを起こしています。

 

またインタビューでもテレビの映像として残る取材には表情穏やかに対応するけれど、顔が映らないペンだけの取材では明らかに不機嫌でめんどくさそうな態度で答えると言われています。

 

さらに質問が気に入らないと『はい、次』と質問を無視して話題を変えてしまうこともしばしば。

 

松山選手を取材するスポーツ記者からは

『メディア嫌いで有名な選手はたくさんいるけれど20歳そこそこの選手がここまでやるのを見たことがない』

と呆れています。

 

プレー中や記者に対する態度を聞く限りでは松山選手の性格は良くないと言われるのも無理はありませんね(^^;;

女性関係でもトラブルが!グラドルとの深夜密会

さらに松山選手の性格が悪いという噂の元凶ともなっているのが2013年11月にグラビアアイドルと深夜にホテルで密会し、しつこく口説いていたという記事が出たこと。

 

密会していたとされるのが『ギャラクシープロモーション』に所属する末永佳子さん。

末永佳子 画像

【生年月日】1990年10月12日
【出身地】千葉県
【身長】147cm
【スリーサイズ】80 – 55 – 80 cm
【カップサイズ】C
【所属】ギャラクシープロモーション

小柄な人がタイプという松山選手の好みにピッタリの女性。だからこそ週刊文春が報じた密会報道にも真実味が増しました。

 

2013年11月1日に中国で開催されていたWGC-HSBチャンピオンシップの2日目に背中を痛めてそれ以降の試合を棄権しました。

 

帰国してからは東京都港区のホテルに泊まりながら通院と治療に専念。そして11月4日の深夜1時すぎに以前から食事の席で同席したことがある末永佳子さんをホテルに呼び出しました。

 

ホテルではお互いの恋愛観などを話していたようですが、時間がたつにつれて松山選手がだんだんと口説きトークになりキスされたそうです。

 

末永さんは友人に電話したそうですが

『深夜に外を出歩く方が危ないから部屋にいなよ』

と言われるも

『このままなら絶対にやられるよ』

と言って末永さんは部屋を飛び出しました。

 

2013年11月24日には末永さんのブログにてアイドルユニットを脱退する意志を伝えいますが、実際は事務所にも無断で辞めてずっと連絡がつかない状態と言われています。

 

松山選手自身はもちろんこの件に関してコメントすることもなく真相が闇の中。さらにマスコミへの対応やプレー中の態度から松山選手ならやりかねないという印象を与えてしまいました。

性格や態度の悪さの実際のところは?

松山選手の性格やゴルフコースや記者に対しての態度については賛否両論があります。ネットを見る限りでは『否』の意見が圧倒的でした(^^;;

大学の恩師が語る松山選手の素顔

それでは松山選手をもっとよく知る東北福祉大学のゴルフ部監督である阿部監督に松山選手の性格を聞いてみたところ、

 

『松山は見ての通りマイペースな性格であまり話すのが得意じゃない。プロに転向してからはバラエティ番組への出演依頼があったけれどすべてお断りしています』

 

と言うように本当に口下手で天然すぎるほどのマイペースというのは本当なのかもしれません。

中学・高校時代を知る恩師から見た松山選手

高校時代の恩師であるゴルフ部監督の高橋監督は、

  • 口下手でシャイ。暇があればゴルフクラブを握っていた。
  • 日本ツアーで賞金王になったあと、こっそりと学校を訪ねてきたことがある。自分がスターだとか注目される存在ということには無頓着な性格。
  • 試合に出るのはあくまでも自分の課題を見つけるため。課題を克服するため自分の技術を向上させることが何よりも楽しそう。

 

ゴルフコースでのマナーも勝ちたいという思いやゴルフに対する思いが熱くて強すぎるからと考えれば感情を素直に出す選手とも捉えられます。もちろんマナー違反はマナー違反で直さなければいけないところですけどね(^^;;

 

松山選手の性格は不器用で周りに悪い印象を与えてしまう損な性格というのは間違いないようです。

“プロ”ゴルファーとして成長して欲しい

松山英樹 パター 画像

松山選手の性格をまとめてみると、

  • 口下手でシャイ。言葉で表現するのが苦手なのでマスコミへの対応が悪いと印象を与えてしまう。
  • 感情をストレートに出す。見方によっては高圧的、態度がデカイと取られる。
  • ゴルフに対する思いは侍のようにストイック。だから周りになんと言われようが自分の追求するゴルフを貫く。

 

勘違いされがちな性格もすべてはゴルフに対する気持ちが真剣だから。この性格があるからこそ世界を舞台に物怖じせずに戦えているというのも事実。

 

でも、
僕たちファンは松山選手をマスコミやメディアを通してでしか知ることが出来ません。愛想を振りまけということではないですが、やっぱりマナーが悪いとか女性関係のトラブルの話題はファンをがっかりさせてしまいます。

 

松山選手とファンを唯一つなぐのがメディアだと思います。ファンにとってはそこで見る松山選手が良くも悪くも真実であり事実ということを忘れないで欲しいですね(^^)

 

ゴルフだけじゃなく人としても憧れられるゴルファーに成長して欲しいというのがファンの想いだと思います!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です