JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【ちゃんみな】彼氏と破局?ヤンキー時代の画像は?ラップが下手の噂

   

ちゃんみな 画像

「見た目はヤンキー、心はプリティー」

彼女は女子高生を中心にストレートな歌詞が心に刺さると話題のラッパー・ちゃんみな。みなちゃんを業界用語っぽくひっくり返してちゃんみな。そもそもがみなみゃん。さんって敬称つけなくても大丈夫ですか?(笑)

 

K-POPに日本語をミックスしたような独自の音楽性と彼女の飾らない魅力に中高生はドハマり!

 

ヒップホップに出会った原点や活躍を支える彼氏の存在……ちゃんみなの素顔とは?

ちゃんみなさんのWikipedia風プロフィール

【本名】乙茂内 美奈(おともない みな)
【生年月日】1998年10月14日
【出身地】東京都練馬区
【身長】160cm
【出身校】あずさ高等学校 渋谷キャンパス
【所属】ビクターエンタテインメント

 

愛称は「練馬のビヨンセ」。中学時代は荒れてビーバップハイスクールに憧れるヤンキーだったこともあり「練馬のヤンキー」とも言われているとか、いないとか(笑)……中学で一通りやんちゃをやり尽くしたちゃんみなが目指したのは、

 

「高校生のうちにメジャーデビューしてやる!」

 

ヤンキー時代の反骨心を胸に出場した「BAZOOKA!!高校生RAP選手権」をきっかけに注目。切れ味鋭い彼女のラップは女性だけではなく男性も熱狂させるフィメールラッパー。

 

2017年3月8日にはファン待望の1stアルバム「未成年」でメジャーデビューで夢を叶えました。

 

アルバムの内容は真骨頂であるハードなラップから踊れるダンスナンバー、そして苦手だったと話すバラードまで幅広いジャンルの10曲を収録。

ちゃんみなの音楽に対するブレない姿勢が支持される理由。次の目標は「20歳までにMステに出演すること」。有言実行のちゃんみなにとってはあくまでも1つの通過点でしょうね!

【日韓ハーフ】ヒップホップとの出会いは○○がきっかけ!

ちゃんみな ラッパー 画像

日本人でもあり、韓国人でもある。語学にいたって英語も話せるトリリンガル。様々なアイデンティティを持つちゃんみなだからこそオンリーワンの楽曲を制作し続けられるのかもしれないですね。

 

バレリーナだったお母さんの影響でバレエ、ピアノ、バイオリンを習い始め、クラシック音楽ばかりを聞いていた幼少期。3歳になると韓国へ移住。その後は日本、韓国、アメリカを行き来する生活。

 

小学校時代は転校を繰り返して、なかなか学校に馴染めなかったちゃんみな。イジメを経験して家に引きこもっていたこともあります。

 

このときの経験が反骨心を生んで中学ではヤンキーちゃんみなへと変貌を遂げるとは本人も両親も知るよしはありません(笑)

 

両親は共働きで家に1人で引きこもっている時期に出会ったのがヒップホップ。ネットで見たBIGBANGの「Haru Haru」という曲でちゃんみなの原点。

「『この曲ヤバイ!』と思って。それからヒップホップを辿っていって、ウィル・アイ・アム(米・ラッパー)とかキース・エイプ(韓・ラッパー)とかも知って、聴くようになりました。」

その衝撃は今まで習っていたバレエとピアノを速攻で辞めてしまったほど(笑)

【下手?】独学で学んだ唯一無二のラップ!

ちゃんみな ラップ 画像

ラップは”韻を踏む”ことが他の歌唱法にはない特徴。例えば「見”たい”!聞き”たい”!歌い”たい”!」のように……(笑)ところが、ちゃんみなのラップは韻を踏まないことが多い変則ラップ。

 

その理由はネットで見る動画から自己流でラップを学んだから。彼女の自由な発想が今までのラップの常識を変える流れになるかもしれません。

 

ネットで「ちゃんみな ラップ」と検索すると「下手」というキーワードが検索されています。実はこれ、彼女をディスっているのではなく「”下手な”芸人よりおもしろい」という賞賛の声!

ちゃんみな ラップ 小峠 画像

独特のキャラからバラエティ番組にも出演する彼女が即興で披露する芸人をいじるラップ。「櫻井・有吉のTHE夜会」ではお笑い芸人・小峠さんをラップでメタメタに(笑)

 

知名度上昇とともにバラエティ番組にちゃんみなが欠かせない日がやってくるかも?

【恋愛】彼氏の噂は?ネットでは破局という情報も……。

今が1番忙しい時期だから犠牲にしなきゃいけない物も出てくるってゆーのもわかってるし、自分の仕事に責任持たなきゃいけない事もどれだけ大変なことかもわかってる。

それが崩れそうな時大事な家族や友達や彼氏が支えてくれてるって本当に素敵。仕事で死ぬほど歌ってても常に歌っちゃうくらい幸せもの。

— ちゃんみな (@chanmina1014) 2015年4月21日

昔は苦手だったバラードを歌うようになったのはもしかしたら恋愛が影響しているのかもしれないですね。

 

ネットでは2016年2月以降に破局したという情報もありますが、定かではありません。

 

1つ言えることはちゃんみなにとってはこれから経験する色々なことが彼女の音楽の感性を研ぎ澄ませてくれるでしょう!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です