JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【考察】浅田真央の引退後の仕事はコーチ?今後は解説者も視野に?

      2017/04/11

浅田真央 引退 画像

「選手として終える決断をしました」

日本フィギュアスケート界で最も愛された浅田真央選手が2017年4月10日に引退を発表しました。このニュースは衝撃となってネットニュースを駆け巡っています。

 

自身のブログに綴った引退を決めたきっかけや理由を原文まま紹介するとともに引退後についても考察してみたいと思います。

関連記事

【速報】浅田真央選手が引退発表!ブログに綴った想い!

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

 

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。

 

実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

 

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

 

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」(原文のまま)

【進路】引退後はコーチに転向か?それともタレントか?

浅田真央 コーチ 解説者 画像

フィギュアスケート選手の引退後の進路として考えられるのが「振付師やコーチとして後進の育成」か「解説者やプロのスケーターとして活躍」あるいは「タレントに転身」ではないでしょうか?

 

例えば高橋大輔さんの場合、世界フィギュアスケート選手権などのキャスターとして活躍するだけでなく、現役時代の表現力、演技力を生かしてダンスパフォーマンスなどの舞台をおこなっていたりします。

 

安藤美姫さんはプロのフィギュアスケーターとしてアイスショーに出演していますが、今ではバラエティ番組にも出演。ときに炎上を起こすタレントとしてニーズがあったり(笑)

 

織田信成さんもプロスケーターながら朗らかな人柄でタレントやCMで活躍。

 

では浅田真央選手の場合はどうでしょうか?

 

現役時代からもオフシーズンにはバラエティ番組に出演するもののトーク力は……。もちろんテレビ番組への慣れもあるでしょうがスケートリンクの上での存在感はありません。かと言ってスポーツキャスターのイメージも湧きません。

 

けれど2017年3月16日の日刊サイゾーのニュースでは、

「ここにきて、テレ朝のキャスターに内定しているという情報が飛び交っています。視聴率が低迷する『報道ステーション』(テレビ朝日系)の起爆剤として期待されており、松岡修造との2枚看板で平昌五輪をリポートすることになりそう。」

出典:日刊サイゾー

松岡修造さんのサポートがあれば、あのテンションで浅田真央選手のキャスターとしての経験値のなさをカバーしてくれそうですが(笑)
でも、報道ステーションのスポーツキャスター枠には水泳銅メダリストの寺川綾さんが就任しています。
さすがに浅田真央選手と入れ替えということはないでしょう!
ファンの気持ちを代弁するなら見たいのは浅田真央選手が優雅に氷の上を滑る姿。やっぱりプロスケーターとして体が動く限りは滑り続けてほしいというのが本音でしょう。

 

もちろん引退、即プロスケーターとは言いません。

 

もう一度氷の上に立つときは日の丸を背負った日本代表・浅田真央ではなく一人のフィギュアスケーターとして何のプレッシャーも感じずに自由に思うがままに滑ってほしいなと思います。

【夢と希望を与えた選手】浅田真央選手が残した計り知れない功績!

浅田真央 現役引退 画像

ここ数年は思ったような結果が出せず、悩みに悩んだシーズンが続きましたが浅田真央選手が残した成績は見事なものです。

 

彼女にとっては心残りのままの引退かもしれませんが、今までファンに感動を与え続けた演技の数々は風化することなく記憶の中に刻まれています。

 

浅田真央選手が残した最も大きな功績は「浅田真央選手の演技を見てフィギュアスケートを始めた」という次世代の選手たちではないでしょうか?

 

2010年、バンクーバー五輪での銀メダル。そして2014年、ソチ五輪ではメダル獲得こそなりませんでしたが6年ぶりに自己ベストを更新して涙したフリーの演技。

 

いくつもの感動を与えてくれました。フィギュアスケートを見るきっかけは浅田真央選手でした。本当に今までお疲れ様でした。今は十分な休息を。そして再び明るい笑顔でテレビの前に登場することを願います。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です