JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

柳原可奈子の激やせの理由は?【画像 比較】現在の体重&推移を暴露

      2017/10/14

柳原可奈子 激やせ 画像

「痩せたら美人だと思う芸能人」でも1位を獲得するほどのポテンシャルを秘めている柳原可奈子さん。痩せた後の顔をシミュレーションした画像がSNSで話題になるほど!

 

安心感を与えるぽっちゃり体型が「激やせした!」と言われるようになったのは2014年ごろから。

 

画像で比較すると驚異の激やせぶりが一目瞭然?急に痩せてしまったのには何か理由があるんでしょうか?

関連記事

柳原可奈子さんのWikipedia風プロフィール

【名前】やなぎはら かなこ
【生年月日】1986年2月3日
【出身地】東京都中野区
【身長】153㎝
【体重】65㎏
【血液型】B型
【趣味】読書 アイドルの追っかけ
【特技】トロンボーン
【出身校】東京アナウンス学院
【所属】太田プロダクション
【出演番組】
《フジテレビ》
・「バイキング」(火曜MC)
・「もしもツアーズ」(ナレーション)
・「あの人はなぜホメられるのかTV」
《日本テレビ》
・「スッキリ!!」(天の声)
《テレビ東京》
・「ドラGO!」(ナレーション)
・「THEカラオケ☆バトル」
《BS-JAPAN》
・「空から日本を見てみよう+」(ナレーション)
《ラジオ》
「柳原可奈子のワンダフルナイト」

 

「エンタの神様」や「レッドカーペット」などネタ番組で女子高生や渋谷のショップ店員などの”あるあるネタ”を鋭い観察眼と独自の切り口で笑いに変える1人コントが好評でした。

 

現在は特徴的な声や司会進行力などを生かしてお笑いネタだけでないマルチな活躍ぶりです。

【画像で比較】激やせした理由は心身の疲労から?

ぽっちゃり、まるまるっとした愛嬌のあるルックスが幅広い層から愛されるキャラであった柳原可奈子さん。その魅力であるぽっちゃり体型が「激やせした」と言われ始めたのは2014年ごろから。

柳原可奈子 激やせ 比較 画像【左:2008年 右:2010年】

けれど、2010年「ニキビの日」記念日制定式にゲストとして出演したときには以前から体重の増減を繰り返していることを口にしています。

「最近痩せたんですよ。今65㎏。ピークは78㎏あったんです。今まで食べ過ぎた」

柳原可奈子 激やせ 比較 画像【左:2012年 右:2014年】

これまで時間をかけて痩せていたのが2013年から2014年にかけて一気に体重が減ったのが「激やせ」が騒がれるきっかけになったようです。

 

実は2013年3月9日に最愛のお父さんが亡くなったという訃報が報道されました。19歳のときにお母さんが他界している柳原可奈子さんにとっては心の支えだった父・きよしさん。

 

両親を20代で亡くしてしまうのは想像を絶する辛い経験。同年7月6日には激しい頭痛によって9日間入院するなど心身の疲れがピークに達してしまったようです。

 

レギュラー11本に出演していた彼女にとっては、そう長く番組に穴を開けるわけもいかず、すぐに復帰はしましたが心身の疲れがダイレクトに体重と直結したようです。

「痩せてしまった!」芸人としての悩みを救った明石家さんまさんの一言!

柳原可奈子 さんま御殿 画像

2016年2月2日に「踊る!さんま御殿‼︎」に出演した柳原可奈子さん。この日のテーマは「私が最近不安に思うこと」。

 

最近痩せてしまったことで「太っていることを自虐的にネタにしてもお客さんがあまり笑わなくなってしまった」という悩みを告白。

 

そのやり取りの中で明石家さんまさんの発した言葉が「泣けてくる!」と話題です。

柳原可奈子 さんま御殿 画像

  • さんま:「柳原って可愛いって本気で思っている人いっぱいいるぞ」
  • 柳原:   「普通の人からはデブって言われるし、デブ専の人からはガリガリで用がないって言われる魔のゾーンに入ってしまって…。もっとブスとかデブとか罵ってください」
  • さんま:「お前、すごいM入ったな(爆笑)」
  • 柳原:   「綺麗でいたいけれど、でもお笑い芸人として…」

そう言って言葉を詰まらせると、

  • さんま:「わかるよ。でも俺は柳原をデブとして扱ったことないやろ?」
  • 柳原:   「はい」
  • さんま:「そうやろ?トークでいけるからちゃうか!」

柳原可奈子 さんま御殿 画像

これには涙をこらえ切れなくなり、涙がポロリ。

 

女性として「痩せた」「綺麗になった」という言葉は嬉しい反面、お笑い芸人としては「ぽっちゃりキャラを生かしたい」という複雑な気持ち。

 

ぽっちゃりキャラが痩せたことで通用しなくなるという不安も「トークで勝負できる」という明石家さんまさんの言葉が吹き飛ばしてしまいました。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です