JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

宇佐美貴史の天才的ドリブルの秘密!都市伝説とスパイクの超こだわり!

   

宇佐美貴史 画像

ガンバ大阪で活躍する宇佐美貴史選手。ユース時代から『天才』と呼ばれ数々の伝説的な記録を残す。ネット上ではあまりにも凄すぎる記録の数々に都市伝説とまで言われていました。

 

その都市伝説級エピソードとともに語られるのが『宇佐美貴史のドリブルは止められない』という多くの有名選手の証言。

『宇佐美選手が残した都市伝説級エピソードとは?』

『フィジカル面、練習法などからわかった3つの秘密』

『変態的なスパイクのへのこだわり』

などの話題から宇佐美貴志のドリブルの秘密を探っていきます!

宇佐美選手が残す数々の伝説とは?

宇佐美選手は過去に様々な驚きのエピソードを残しています。あまりにも凄すぎて話に尾ひれがついた都市伝説じゃないか?というようなエピソードまで(笑)

【幼少期】

  • 1歳半でボールを蹴り始めて3歳のときには蹴るときに太ももの内側が擦れからか自分からオムツを外して両親に渡した。

【小学生時代】

  • 小学1年生ながら4年生のチームの練習に参加。2年生のときには5年生のチームに参加。宇佐美選手が小学5年生になったときはチームメイト7人+ゴールキーパーの計8人相手にドリブルで全員かわしゴール
  • 小学4年生から卒業するまで毎年200点前後を決め、合計600点以上を記録。1試合に7点以上決めるのは普通だった。所属チームはあまりにも1人で点を取るから敵チームから宇佐美FCと呼ばれていた。

【ガンバ大阪ジュニアユース時代(中学生)】

  • 中学1年生ながら練習は中学3年生と一緒に。
  • 全日本ユース選手権で10得点を記録し大会得点王。

【ガンバ大阪ユース時代(高校生)】

  • 中学3年生でユースチームに昇格しレギュラー獲得し第31回日本クラブユースサッカー選手権優勝に貢献。
  • 高校1年生でエースナンバー『10』をつけて第16回Jユースカップ優勝。
  • 日本ユース代表として2007年の豊田国際ユースサッカー大会、2009年コパ・チーバスなどの数々の大会で得点王獲得。

【ガンバ大阪時代】

  • チーム史上初、高校2年生でプロ契約。17歳14日でガンバ大阪史上最年少公式戦出場と初得点
  • 2009年のシーズンは7得点を記録し高校生Jリーガーとしてシーズン最多得点を獲得。さらにベストヤングプレーヤー賞も受賞。

なぜドリブルであんなにも抜けるのか?ドリブルに隠された3つの秘密

ドリブルで相手を華麗に抜き去る姿はサッカーを知らない人でも釘づけにしてしまう魅力があります。宇佐美選手のドリブルはどのようにして生まれたのでしょうか?

股関節と背骨の柔軟性が生む『読めない』動き

宇佐美貴史 ドリブル 画像

このドリブルは宇佐美選手が最も得意とする右足のアウトサイドを使ったフェイント。このあと宇佐美選手は一気にスピードを加速させて相手を置き去りにしてしまいます。

 

相手が一歩も動けずに立ち尽くしてしまうのは、宇佐美選手が動きを読ませないから。そんな忍者みたいな動きができるのは『股関節の柔軟性』『魚のような背骨の柔らかさ』があるからです。

 

上の画像のように右足のアウトサイドを使った場合、左足が軸足になって体を支えますがうまく股関節を内側にクッとひねる動きができているのでスムーズに動き出せます。

 

もしこれが踏ん張るために少しでも股関節を外側にひねる動きになっていれば、右に行く動きを読まれていたでしょうね!
正面を向いた状態から進行方向に体をひねる動きがとてもスムーズなのは背骨が魚のように柔軟だから。

 

魚も正面を向いて泳いでいたと思ったらクルッと方向転換して敵から逃げるような動きができます。まさしくあの動きと同じように背骨がぐにゃりぐにゃりと柔らかいのが相手に読まれない動きになります。

たった一つの意識を持つだけでドリブルは上手くなる?

宇佐美選手が練習するときに意識したのは『常に全速力でドリブルをする』こと。とてもシンプルな答えながら絶大な効果を発揮します。
これは世界トップで活躍するドリブラーも常に心がけていることで、トップスピードでドリブルすることで足さばきがスムーズになるだけでなく心配機能も鍛えられます。

 

また全力でダッシュ、ストップ、ターン、シュートを繰り返すことで試合のスピードの中でも通用するドリブルを身につけました。

常に視野を確保する理想の姿勢

ドリブルで相手を抜いたらそれで終わりではありません。味方にパスを出すのか、まだまだドリブル突破を続けるのか、あるいはスペースが空いたのでシュートを狙うのか様々な状況判断が求められます。

 

宇佐美選手がディフェンスを1人、また1人と次々に抜いていくのは『前傾姿勢にならない』から。前傾姿勢で下を向いてボールを目で追うだけではディフェンスの次の動きに対応できません。

 

また人間の頭は約5kgと言われ、ボーリングの玉の11ポンドに相当するため僕たちが思っているよりはるかに重いんです。だから前傾姿勢になると身体の重心が前になり過ぎてしまいます。

 

すると上手く股関節が使えなってスタートダッシュでの遅れや、重心が前になり過ぎるためにストップする動作もバランスを崩してしまいます。

 

宇佐美選手は相手を抜く瞬間こそ少し前かがみになりますが、そのあとは徐々に上体を起こして理想的なドリブルの姿勢になります。

宇佐美貴史が吠える!スパイクへのこだわり!

宇佐美選手の持ち味であるドリブルとシュートを最大限に生かすためにスパイク選びも重要になってきます。

 

【宇佐美選手が着用するスパイク】

宇佐美貴史 スパイク 画像

【メーカー】アディダス
【モデル】アディゼロ F50 TRX
【カラー】Cホワイト×Sゴールド×ブラック

【メーカー】アディダス
【モデル】アディゼロ F50 TRX
【カラー】Cホワイト×Rブルー×グリーン

 

スパイク選びにはこだわりがあります。

  • まるで素足のような感覚でスパイクを履いていないと感じさせるようなシューズがいい。
  • 足首の動きをなめらかにするために足首周辺の革はなるべく薄い方がいい。
  • ボールのタッチやドリブル時の足の位置を確認するために色は派手な方がいい

その他にも軽さや足の甲の革の厚さなどなど。

 

ちなみに足の甲の革の厚さが変わったときは一瞬でわかったそうで、すぐにアディダスにクレームの電話をしたところ、

『そんなのわかるのは中村俊輔選手か宇佐美選手くらいだよ』

と偉大な先輩と並べられたことに気を良くして

『ホンマに?次は気をつけてや』

と鼻歌まじりに電話を切ったそうです(笑)

 

このエピソードからも宇佐美選手のスパイクへのこだわりは超人的、いや変態的とも言えます( ̄▽ ̄)

 

最後は元日本代表のゴン中山選手と宇佐美選手の新旧ストライカー対談です。ゴン中山選手が『宇佐美ファンになっちゃうね』と言わすほどのプレーが凝縮しています。

  関連記事

原口元気 画像
原口元気の素行の悪さの裏にレッズ愛!悪童支える美人嫁との結婚秘話

ジュニアユース時代から浦和レッズ一筋でプレーするも自身の成長を求めて2014-2 …

瀬戸貴幸のトルコでの年棒は?日本代表入りの可能性考察と嫁との秘話!

彼の名は瀬戸貴幸。高校時代はまったくの無名選手。 もちろんJリーグからも声がかか …

柴崎岳 画像
柴崎岳の年俸•年収や移籍の噂は?着用スパイクと”天才”を生んだ2つの要因

冷静なプレーとサッカーに対する情熱をあわせ持つ鹿島アントラーズの柴崎岳選手。ポス …

大島僚太 画像
大島僚太の彼女や結婚観は?スパイクのこだわりと性格!超絶ゴール集!

6大会連続でオリンピック出場を決めたU-23日本代表。 個性あふれるメンバーを自 …

久保裕也は兄•父と顔が似てる?性格はサッカー小僧!年俸や移籍金は?

U-23日本代表のエースストライカーとしてリオ五輪で活躍が期待されるBSCヤング …

南野拓実 画像
南野拓実の彼女はれいなか栞?画像で検証!性格•髪型•私服のモテ3要素!

2016年リオデジャネイロオリンピック、2018年W杯で活躍を期待される若手注目 …

井手口陽介 画像
井手口陽介は小学校から怪物!身長生かすプレー!海外や代表の評価は?

2018年にはロシアでサッカーワールドカップが開かれます。2010年南アフリカ大 …

浅野拓磨 画像
浅野拓磨は家族•兄弟思いの絆秘話!移籍の可能性や年俸は?

俊足を生かした攻撃でリオ五輪のエース候補として期待されるサンフレッチェ広島の浅野 …

武藤嘉紀 画像
武藤嘉紀の筋肉がC・ロナウドのよう!ハットトリック決めた得点力の3つの秘密!

プロ1年目にしてリーグ戦33試合に出場しJ1新人最多得点記録に並ぶ13得点の強烈 …

中島翔哉 画像
中島翔哉の結婚•彼女の噂は?薬指の指輪の謎!身長差も埋める超絶テク!

U-23日本代表ではエースナンバーの10番をつけて活躍し、海外からも注目されるF …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です