JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

若林舞衣子のスイングは岡本綾子直伝!軸を意識で優勝カップを狙う!

   

若林舞衣子 かわいい 画像

実力は十分ながら優勝争いから遠ざかっている若林舞衣子選手。一打一打に集中して優勝争いに絡んでいくことができるのかが今後の課題になるのかもしれません。

 

そんな若林舞衣子さんを応援するために

『ゴルフを始めたきっかけは?』

『アマチュア時代の成績は?』

『若林舞衣子さんから学ぶ良いスイング』

『2015年のクラブセッティングは?』

など魅力を伝えていきたいと思います!

若林舞衣子さんのWikipedia風プロフィール

【生年月日】1988年6月9日
【出身地】新潟県加茂市
【身長】165cm
【体重】62kg
【血液型】A型
【経歴】開志学園高等学校卒業
【プロ転向】2007年

 

若林舞衣子さんは今までは試合中にプレッシャー感じてしまって自分らしいプレーができずに悩んだ時期があったみたいです。

 

そのプレッシャーを克服するために試合の移動中にはゴルフのことは考えずに『今日の晩御飯は何を食べようかな?』などいつも通りの気持ちで一打一打に集中するようにしたそうです。

2015年のクラブセッティング

ドライバー ヨネックス EZONE Tri-G ドライバー (10度) ヨネックス レクシス カイザ M (6 SR、45.5インチ)
FW&UT ヨネックス EZONE Tri-G フェアウェイウッド (3番15度、5番18度) ヨネックス ナノブイ ネクステージ ユーティリティー (3番19度、4番22度、5番25度)
アイアン ヨネックス N1-CB フォージドアイアン (6番~PW)
ウェッジ ヨネックス EZONE TOUR ウェッジ (52度、58度)
パター オデッセイ プロタイプ ix #1
ボール タイトリスト PRO V1Xボール(2015年)

ヨネックスは新潟県で開発と生産をおこなうことで品質を高めています。ジャパンメイドのゴルフクラブということで多くのプロも使用しています!

 

若林舞衣子さんが使用するドライバーには世界初の『同心円ウエイトシステム』という重心の深さを変えることでスピンの量を調整できる機能があります。

 

その日のコンディションによって最適な重心位置を調整することで約10ヤードの飛距離UPが可能なんだとか!

 

プロの試合はとてもシビア。
10ヤードグリーンに近づくだけでも今までよりも幅広くショットの選択が出来るようになるので、若林選手はこのクラブを選んだのかもしれません!

ゴルフを始めたきっかけや過去の成績は?

若林舞衣子 キャディー 画像

ゴルフと出会ったのは小学校5年生のときで両親がゴルフが好きでよくゴルフ場に連れて行ってもらっていたら、だんだんと興味が湧いてきたそうです。

 

それまでにも陸上や水泳、バスケットボールなどのスポーツをしていたそうですが、なかなかボールに当たらないのが逆にどうやったら当たるんだろうと興味を引きました。

  • 2003年 -日本ジュニアゴルフ選手権競技(女子12-14歳の部)優勝。
  • 2005年から3年連続でJGAナショナルチームに選ばれる。
  • 2005年の世界ジュニアゴルフ選手権(女子15-17歳の部)では優勝は10年ぶりで日本人選手2人目の快挙。
  • 2006年 – 日本女子オープンゴルフ選手権6位入賞。
  • 2007年に高校を卒業し女子ゴルフプロテストに合格でプロに転向。ヨネックス、ブリヂストンスポーツと専属契約を結ぶ。
  • 2008年にSANKYOレディースオープンでツアー初優勝。20歳と125日での優勝は国内女子ツアー史上6番目の早さ。
  • 2012年にはしばらく優勝からは遠ざかっていましたが西陣レディスクラシックでツアー2勝目。

 

《過去3年間の獲得賞金とランキング》

  • 2012 3587万円 20位
  • 2013 3114万円 34位
  • 2014 1573万円 56位
  • 生涯獲得賞金 2億3226万円(2015年9月現在)

若林舞衣子選手の不調から学ぶ良いスイングと悪いスイング

若林選手はプロになってから特定コーチをつけて技術指導を受けたことがありませんでした。自分自身の感覚というものも大事ですが時には客観的にアドバイスをくれる人がいることは心強いものです。

 

若林選手がコーチをお願いしたのは1987年米ツアー賞金女王で「世界ゴルフ殿堂入り」した岡本綾子プロ。

 

岡本綾子プロからのアドバイスはもともと若林選手は体の軸がブレて左に体が流れてしまう癖が不振の原因と指摘。スイングを1本の軸のように体を回転させるフォームにしたことでボールの軌道が安定してきたそうです。

軸がブレる悪いスイング

まずゴルフのスイングにおいて身体の軸はどこにあるんでしょうか?よく耳にするのは背骨と言われていますが、感覚としては右打ちの人の場合、左足の股関節から背中にかけての縦長の軸になります。

 

軸がブレる、ズレるというのはゴルフクラブを振り下ろす(ダウンスイング)ときに左肩が上がって右肩が下がると身体の軸は右足側にズレてしまいます。

 

また頭を動かすと軸がブレてしまうと頭を動かさない意識が強すぎると頭が固定されて十分に身体をひねることができないだけではなく、左足に左足に重心が乗ってしまって軸が左足側にズレてしまいます。

軸を意識した良いスイング

若林舞衣子さんのスイングを見ると左足から背中にかけて1本の軸が出来ているのが分かります。その軸の回転に合わせて肩もしっかり回転しています。

 

正しい軸回転を感覚として身につけるためには、

  • ゴルフクラブを振り上げたとき(トップ)にボールより1メートル後方に別のボールを置いて、目線を合わせるようにすること。
  • 肩を回転させるという感覚は右肩を真後ろに”引く”という意識のほうが上半身をより回転させることが出来る。

 

この2つを意識して正しい軸回転を身につけると打球が安定するだけでなく、少ない力でも飛ぶようになります!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です