JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

貴家悠の病名は?うつ病?テラフォーマーズが病気療養で休載の理由

   

テラフォーマーズ 休載 理由

ヤングジャンプで連載中の『テラフォーマーズ』。昆虫や動物の力を得て、ゴキブリから進化した宇宙人との戦いを描いた大人気漫画。

 

2017年3月9日発売のヤングジャンプ15号から原作者である貴家悠(さすが ゆう)先生の病気療養によって長期の休載となることがわかりました。

 

病名や病状だけでなく漫画の今後はどうなるのでしょうか?

原作者・貴家悠(さすが ゆう)先生はこんな人!

貴家悠 病気療養 画像

小学校のときに読んだ『世紀末リーダー伝たけし!』が漫画家を目指すきっかけでした。けれど学生時代はラグビーに明け暮れてまったく絵の勉強はしたことがなかったと話します。

 

それでも漫画家への夢は諦めきれず2009年、大学3年性のとき「2年やってダメだったら就職する」と両親に約束して漫画家を目指すために大学を休学。

 

漫画家・橘賢一さんのアシスタントに応募するために集英社に持ち込んだテラフォーマーズの原案が評価されて2011年、当初の約束どおり『ミラクルジャンプ』の創刊号にて『テラフォーマーズ』の漫画原作者としてデビュー。

 

2013年「このマンガがすごい!」オトコ編で1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック」で2位を獲得して一躍大人気漫画へ。累計発行部数は2016年4月時点で1600万部を突破、今も伸び続けています。

 

貴家悠さんは『テラフォーマーズ』の前にもヤンキー漫画や自身の経験を生かしたラグビー漫画を持ち込みましたが、ことごとくボツ。

 

その理由は「絵がヘタクソ」だったからです。絵の勉強をしてこなかったのが、ここに来て致命的となったわけです(笑)

 

けれど細部までこだわった変身のアイディア、惹きつけるセリフ、読ませるための構成力は飛び抜けた才能を持っていて「絵は抜群にヘタだけど最後まで読ませるのは凄い!」と編集部を唸らせました。

貴家悠先生の病名や病状は?そんなに深刻なの?

貴家悠 病名 病状 画像

週刊少年ジャンプからのお知らせでは休載の理由を「貴家悠先生の病気療養」と伝えています。再開予定は2017年の秋頃で半年近くの療養が必要な病気のようです。

 

さらには2017年5月19日発売予定となっていた「テラフォーマーズ」21巻の発売を延期。「テラフォーマーズ 第21巻 アニメDVD同梱版」の予約も取り消しとなりました。

 

少なすぎる情報のため読者からは「どんな病気なのか?」「症状はそんなに悪いのか?」と心配の声があがっています。週刊連載という過酷な連載スケジュールに体調を崩した漫画家は少なくありません。

 

週刊少年マガジン『あひるの空』の日向武史先生は原因不明の病気によって約5ヶ月休載。

週刊少年ジャンプ『ワールドトリガー』葦原大介先生は頚椎症性神経根症によって現在も療養中。

 

貴家悠先生も過労によって「心を病んでしまった」という可能性もありますし、再開時期を明記していることから「何かしらの病気の診断」を受けたとも考えられます。

ゆっくり療養してほしい反面、未完のまま終わらないかが心配!

テラフォーマーズ 連載 再開 いつ 画像

原作者の貴家悠先生の体調不良はもちろん心配ですが病気療養のあと、病気が完治したとしても連載を再開するのかどうかが読者が最も気になるところで、本音だと思います。

 

世の中には雑誌の廃刊や作者の訃報によって未完となってしまった漫画は山ほどあります。

 

もしも2017年秋頃に連載が再開できなかったとしても、どれだけ時間がかかったとしても貴家悠先生が漫画の完結を目指して書き続けることをファンは願っています。

 

それまでテラフォーマーズのファンは待ち続ける覚悟ができていると思いますよ!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です