JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

小原怜のかわいい画像!マラソンの記録&成績は?自己ベストを父母も期待

      2017/03/03

小原怜 かわいい 画像

2017年名古屋ウィメンズマラソンに挑む天満屋所属の小原怜選手。彼女にとっては”因縁”とも言える同大会で夏の世界陸上日本代表入りを懸けて走ります。

 

1秒差で代表入りを逃した2016年の悪夢を払拭することができるでしょうか?

 

これまでのマラソンのタイムや経歴、彼女の走りの秘密などWikipediaでは知ることができない魅力に迫ります!

小原怜選手のWikipedia風プロフィール

【名前】おはら れい
【生年月日】1990年8月10日
【出身地】岡山県倉敷市
【身長】165cm
【体重】49kg
【血液型】
【出身校】
・倉敷市立西中学校
・興譲館高等学校
【所属】天満屋
【自己ベスト】
1,500m: 4分19秒16
3,000m :9分11秒11
5,000m :15分39秒47
10,000m :31分48秒31
ハーフマラソン :1時間09分17秒
マラソン :2時間23分20秒

1秒の重さ!日本代表を懸けた田中智美選手との激闘レース!

小原怜 名古屋ウィメンズマラソン 画像

「田中智美が2位、小原怜が3位」

 

実況の声がそう伝えた瞬間、小原怜選手のオリンピック出場への夢はやぶれました。その場で倒れこんで天を仰ぐ彼女がとても印象的だったのを憶えています。

 

2016年の名古屋ウィメンズマラソンはリオ五輪のマラソン日本代表の選考会を兼ねたレース。すでに伊藤舞選手、福士加代子選手が内定していて残り一枠を懸けての戦いでした。

 

ゴール直前の130m付近までは並んでいた2人でしたが、最後の最後で田中智美選手がスパートをかけてゴール。2人の差はたった1秒。

 

どちらの選手にも間違いなくチャンスがありましたが、小原怜選手が流す涙を見ていると簡単に田中智美選手のほうが気持ちが勝っていた…とは言い切れません。

 

この悔しさを晴らすためには小原怜選手がマラソンで結果を出すこと以外にないでしょう。

「やっぱり小原怜が強いな!」

2020年東京五輪では、そう言われるような走りを見せてくれることに期待したいですね!

高校時代に逃した「全国」のタイトルを実業団で!

小原怜 天満屋 画像

倉敷市立西中学校のときから陸上を始めて、全国高校駅伝でも常連校の強豪・興譲館高校に進学。そこで一気に頭角を現し始めました。

 

全国高校駅伝・女子の部には高校1年、高校2年と連続出場したものの優勝には届かず。

 

高校最後の高校駅伝では最長距離の1区で区間賞を獲得する走りも興譲館高校は総合で2位。念願の全国高校駅伝での総合優勝は果たせませんでした。

 

彼女が初めて「全国」のタイトルを手にしたのは実業団・天満屋に入社した2年目。2010年の全日本実業団対抗女子駅伝の天満屋チームの総合初優勝に大きく貢献しました。

持ち味を生かした走りで日本のマラソンを変えてほしい!

小原怜 世界陸上 画像

小原怜選手の持ち味はスピード。1500mを4分10秒台で走れるスピードは高橋尚子選手をも超えます(大学時代のベスト記録が4分20秒台だそうです)。

 

初マラソンとなった2015年の名古屋ウィメンズマラソンを前にして天満屋の武富総監督は練習を見ている限りでは「2時間24分台」も可能と太鼓判。

 

2015年の名古屋ウィメンズマラソンは転倒のアクシデントで思うようなタイムは残せませんでしたが、2016年の同大会では2時間23分20秒でゴール。

 

徐々にマラソンに適した身体へ変化、成長していることがわかります。

 

ケニアやエチオピアなどアフリカ勢が年々レースを高速化している現状でも彼女のスピードなら……と期待せずにはいられません!

3度目の正直なるか?マラソン日本代表としてロンドン世界陸上へ

小原怜 マラソン 成績 画像

陸上の神様がいるのなら、その神様は小原怜選手に試練を与えたがるようです(笑)実は彼女がマラソンの日本代表入りを逃したのは2016年のリオ五輪だけではないんです。

 

2015年の名古屋ウィメンズマラソンが初マラソンとなった小原怜選手。同大会はは北京世界陸上の代表選考レースでもありました。

 

代表入りを狙い序盤から先頭集団に食らいついていましたが、15km地点の給水所で前田彩里選手と交錯して転倒してしまうアクシデントが発生。

 

このとき右太ももを負傷して中間地点付近からズルズルと先頭集団から離され、後半は大幅にペースを落として3時間を超えるタイムでのゴールとなりました。

 

ただ、小原怜選手が精神的に強かったのは2015年5月に行われた日本選手権の女子10000mで3位入賞となり世界陸上の女子長距離走の種目に初選出となりました。

 

さて、3度目の挑戦となる2017年の名古屋ウィメンズマラソンはロンドン世界陸上の代表選考レースです。いったいどんな結果が彼女を待ち受けているんでしょうか?

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です