JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

テレサ•ルーのスイングの秘密を解説!3つの意識を変えて飛距離UP!

      2016/05/08

テレサルー 画像

女子プロゴルフは国内、アメリカツアーともに韓国、台湾の選手が活躍しています。その中で台湾出身のテレサ・ルー選手に注目が集まっています!

 

とくにテレサ・ルー選手の笑顔に心を奪われたファンは多いはず。日本語もとても上手なのに『まだまだ全然ダメ』と照れる姿もかわいいんです(^^)

 

そんなテレサ・ルーさんの魅力を120%引き出すために

『ゴルフを始めたおもしろエピソード』

『過去の成績と獲得賞金』

『小さい体で驚異の飛距離の秘密』

『テレサ・ルーさんのスイングを学ぶ』

などの話題を中心にまとめてみました!

テレサ・ルーさんのWikipedia風プロフィール

【生年月日】1987年10月13日(27歳)
【出身地】台湾
【身長】164cm
【体重】58Kg
【血液型】A型
【利き手】右
【経歴】淡水商工職業高等学校
【プロ転向】2006年

2015年のクラブセッティング

ドライバー キャロウェイゴルフ XR PRO ドライバー(9度) 藤倉ゴム工業 モトーレ スピーダー569(2013年)フレックスS
FW&UT キャロウェイゴルフ X2 HOT PRO フェアウェイウッド(3番15度) キャロウェイゴルフ レガシーブラック ユーティリティ(3番20度、4番23度)
アイアン キャロウェイゴルフ APEX PRO アイアン(5番〜PW)
ウェッジ キャロウェイゴルフ MACK DADDY2 ウェッジ(50度、54度、58度)
パター オデッセイ タンク クルーザー パター #1
ボール キャロウェイゴルフ SR2.5 ボール

ゴルフを始めたおもしろエピソード

テレサ・ルーさんがゴルフを始めたのは11歳のとき。他のプロに比べてゴルフに興味を持ったのは少し遅いですね(^^)

 

ゴルフを始めるきっかけとなったエピソードがテレサ・ルー選手のお父さんは休日に家にいるときは常にゴルフ中継を見ていました。

 

小学校5年生のテレサ・ルーさんにとってゴルフ中継なんて退屈そのもの。だけど家にはテレビは1台しかなくチャンネルの選択権はお父さん。

 

そこでテレサ・ルーさんは

『ゴルフなんて簡単なんでしょ?』

と言って、その場でスイングをマネしてみた。

 

すると、それを見ていたお父さんは驚き、

『素晴らしいスイングをどこで覚えたんだ?』

と慌ててゴルフ場にテレサ・ルーさんを連れて行ってゴルフ仲間に見てもらったそうです。

 

そしてその場にいた全員一致で

『本格的にコーチをつけて練習したほうがいい』

という結論に至ったそうです(笑)

 

休日にリビングのソファーでテレビを見ている父親っていうのはこれは日本でもよく見かける日曜日の午後って感じですよね!そんな何気ない日常にプロゴルファーテレサ・ルー誕生の秘密があったなんて思いもよりませんでした(^^)

過去の成績と獲得賞金は?

テレサルー かわいい 画像

プロ転向は2005年。翌年2006年にはアメリカLPGAツアーに参戦。日本国内のツアーには2010年に出場していましたが、本格的に参戦するようになったのは2011年から。

 

意外にも知られていないのはジュニア時代にはオールアメリカンに選ばれた実力を持っています。

 

《過去3年間の獲得賞金》

  • 2012年 2255万円 39位
  • 2013年 9479万円 3位
  • 2014年 1億2317万円 2位

日本国内での賞金ランキングは賞金女王こそないものの最高位2位とランクイン。2015年10月現在も2位をキープしているんですが、他の選手に比べてあまり知名度がありません(^^;;

 

日本のテレビや雑誌にあまり出演していないのが原因かもしれないですね。

 

でも、
2013年『ミズノクラシック』で優勝してから日本国内ではすでに8回優勝。2015年10月現在では『ダイキンオーキッドレディース』『リゾートトラストレディース』『NEC軽井沢72』『日本女子プロゴルフ選手権』の4つの大会で優勝しています。

 

もし海外の大会に出場することなく国内の大会に出場していれば賞金ランキングもトップであったかもしれません!

小さい体で飛距離を出す秘密とは?

テレサ・ルーさんのボールの飛距離は250ヤード以上。女子プロゴルファーの中では間違いなくトップクラスの飛距離です。その飛距離を生むのがテレサ・ルーさんのゴルフクラブを振るヘッドスピードの速さ!

腰を反らない自然な構え

背中から腰にかけて平らになっているのがテレサ・ルーさんがゴルフクラブを構えた時の特徴です。

 

中には腰が反っている選手もいますが、これではうまく上半身をひねることができなくなってしまいます。

一つ実験です!

胸を思いっきり張ったまま上半身を左右にひねるのと、自然な状態で上半身を左右にひねるのではどちらが楽にひねることができますか?たぶん胸を張らない自然な状態の方が楽にひねることができたと思います。

 

また腰を反るというのは腰に負担がかかり腰痛や怪我の原因にもなります。テレサ・ルーさんのスイングは身体に負担の少ないスイングとも言えます。

柔軟性のある身体で捻りを生かしている

腰のひねりや肩のねじれを見ているとかなり柔軟性があることが分かります。テレサ・ルーさんのスイングは腰を中心として振り子運動の力をヘッドスピードの速さに変えて飛ばしています。

 

腰が回るのに合わせて肩も一緒に回って腕とゴルフクラブが自然と付いてくるようなイメージ。だから軽くクラブを振っているようで大きな力が出るのは上半身をうまく使えているからなんです。

お尻の筋肉を使う

ゴルフクラブを振り抜いた後に左右の太ももがぴったりとくっついています。これはしっかりと右足から左足に体重移動できている証拠です。

 

また太ももがぴったりとくっついているということはインパクト(ゴルフクラブがボールに当たる瞬間)にお尻の筋肉をうまく使えていることにもなります。

 

お尻の筋肉をうまく使うというのは分かりにくいかもしれませんが、立ったままの状態でお尻をキュッと引き締めると自然と股関節がグッと前に出てきませんか?

 

それがお尻の筋肉(大臀筋)がうまく使えている感覚です!

 

お尻の筋肉は人間の身体の中でも太ももの筋肉に並び一番大きい筋肉なので細い体で力がなさそうなテレサ・ルーさんでも男子に負けない飛距離が出るんです!

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です