JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

アンシネの韓国での成績は?日本ツアーで結果を出す美脚スイングと強さの秘密

   

アンシネ ゴルフ 画像
イ・ボミ選手、キム・ハヌル選手など韓国出身の美女ゴルファーが多数参戦する日本ツアー。そこにゴルフファン待望となる韓国の“セクシークイーン”の異名を持つアン・シネ選手の参戦決定!

 

「彼女の韓国での成績は?」「本当に日本ツアーで活躍できるの?」「ゴルファーとしての強みが知りたい!」などなど湧き出る興味は尽きません。

 

それではWikipediaでは知ることができないアン・シネ選手の魅力に迫ってみましょう!

アン・シネ選手のWikipedia風プロフィール

【生年月日】1990年12月18日
【出身地】韓国・ソウル
【身長】165cm
【体重】53kg
【血液型】A型
【出身校】建国大学大学院
【得意クラブ】8番アイアン
【平均飛距離】 235ヤード
【ベストスコア】
【プロテスト合格日】TPD単年登録者
【所属】NOW ON
【契約】
クラブ:テーラーメイド
ボール:ブリジストン
ウェア:アディダス
シューズ:アディダス

韓国での実力は?批判をはねのけた強い精神力!

アンシネ 成績 画像
イ・ボミ選手やキム・ハヌル選手など韓国出身のゴルファーが日本ツアーへ参戦する中、「アン・シネ選手はいつ参戦するのか?」と噂されるほど日本でも昔から人気がありました。

 

アン・シネ選手は生粋の韓国ゴルファーかと思えば、ゴルフを始めたのはニュージーランド。

 

お父さんと一緒にニュージーランドへ留学していた小学校3年生のときに始め、中学1年生ではニュージーランド代表に選ばれるなどジュニア時代はアマチュア大会で15度の優勝を飾る活躍でした。

 

彼女が韓国に戻ってきたのは2007年。2008年には高校生ながらKLPGAの2部ツアーに参戦。

2009年は1部ツアーに昇格して、その年の新人王を獲得

2010年には年間2勝を挙げて賞金ランキング3位に入る活躍で一躍、韓国ゴルフ界のトップを走り続けるかと思われていましたが……。

 

2011年以降はこれと言った成績を残せずに「見た目ばかりに気を使っているから勝てない」と批判も受けました。

 

けれど、2015年9月「第37回KLPGAチャンピオンシップ」で激闘のプレーオフを制して5年ぶりとなる優勝がアン・シネ選手の評価をガラッと変えました。

 

ゴルフの実力よりも容姿のほうが注目され、正統派ではない”イロモノ”ゴルファーに見られがちですが、彼女の実力は本物だということを証明したわけです。

インタビューで”魅せた”静かに燃える闘志と神対応!

アンシネ クラブ 画像

アン・シネ選手の容姿は本当にモデルかと思うほど洗練されています。KLPGAの広報モデルを務めるだけでなく、韓国の男性誌「MAXIM」でも表紙を飾るほどです。

 

ただ、
本業であるゴルフで勝てない時期もモデルの仕事のオファーは絶えず、”練習嫌いのイメージ”がついてしまいました。

 

あるインタビューでは記者がアン・シネ選手の練習嫌いについて単刀直入に聞いたときの対応が素晴らしかったと言われています。

「私がそうした目で見られるのはわかりますが練習嫌いなんて、とんでもない。練習せず、努力せずしてレギュラーツアーでどうして生き残れますか」

そして最後に、

「そうしたイメージで見るのは、もうやめてくれますか?」

と、ニッコリ微笑みかけたそうです。「なにくそ!」と反論したくなる質問ですが事実を受け止める謙虚さと彼女が積み上げてきた実績に自信を持っていることがわかるエピソードですね。

アン・シネ選手は日本ツアーで活躍できるか?スイング動画で見る強み!

アンシネ スイング 画像

アン・シネ選手は決して飛距離がある選手ではありませんし、かと言って飛距離を出すために多くのプロが実践しているような筋力トレーニングはしません。

 

“しません”と断言してしまっては語弊があるかもしれないですが、彼女の「アスリートである以前に1人の女性だ」というポリシーに基づいて、体を大きくしたくないという思いがあります。

 

けれど、彼女のInstagramを見るとしっかり筋力トレーニングをしています。どちらかというと体の内側を鍛えて、”しなるムチ”のような筋肉を目指しています。

 

さて、飛距離を犠牲にしてでも美しさにこだわるアン・シネ選手のゴルファーとしての強みはなんでしょうか?

 

それは彼女の容姿と同じくらいに美しいアプローチとパッティングです。

 

2016年度のKLPGAツアーでは賞金ランキング53位でしたが部門別の成績では平均パット数は2位。パーオンしないホールでパーかそれよりも良いスコアを獲得する率を表したリカバリー率は61.41%で11位

 

どちらもショートゲーム(100ヤード以下のショット}の正確さを表す数字で上位にランクインしています。

 

気候もコースも違う日本ツアーでどれだけの成績を残すことが出来るのか、アン・シネ選手のゴルフが楽しみです。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です