JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

中井りんがコスプレする理由は?最強の筋肉美ボディの秘密【動画】

      2017/04/02

中井りん 画像

“エロツヨ”と呼ばれる新しい造語まで生み出してしまうほどの肉体美と格闘家としての実力を持つ中井りん選手。

 

彼女が筋肉だけではなく女子最強と呼べる強さの秘密とは?

 

中井りん選手が過激なコスプレを披露する理由や昔は細かった画像までWikipediaだけでは知ることが出来ない魅力と強さの秘密に迫ってみたいと思います‼︎

《関連記事》
中井りんの活動休止の理由や真相は?批判は誰が?復帰望むも引退危機

中井りん選手のWikipedia風プロフィール

【本名】中井りん
【生年月日】1986年10月22日
【出身地】愛媛県松山市
【身長】156cm
【体重】61.2kg
【血液型】A型
【出身校】
・東海大学付属高輪台高校
・帝京大学
【所属】修斗道場四国→パンクラスヴィーナス

 

『初代VALKYRIE女子無差別級王座(2010年)』『初代バンタム級 クイーン・オブ・パンクラス王座(2012年)』の2つのタイトルを持つ総合格闘家。

 

2016年末までの戦績は21戦18勝2敗1分け

 

2016年年末に初参戦となった「RIZIN」の舞台で総合格闘技デビュー以来、4戦全勝だった村田夏南子選手からKO勝利を奪ったのはまさに貫禄勝ち。

 

3歳のときに始めた柔道というバックボーンを持ち、高校時代は国体3位になるなど全国トップクラスの実力。総合格闘技に本格的に取り組むようになってからわずか1ヶ月あまりで訪れたプロ初戦。

 

決着は試合が始まってわずか1分25秒。中井りん選手のパンチが相手の顔面に綺麗にヒットしてのTKO勝利で鮮烈なデビューを飾りました。

毎回、過激なコスプレをする理由は?

中井りん コスプレ 画像

中井りん選手と言えば自身のブログだけでなく、計量前のパフォーマンスで鍛え抜かれた肉体美を惜しげもなく披露することで毎回注目を集めます。

 

彼女のパフォーマンス”だけ”を見ると正統派ではないイロモノ格闘家と捉えられかねませんが、それは実力と結果がキッパリと否定します。

 

コスプレやグラビアに挑戦する1番の理由は「日本の格闘技界に貢献したい」というまっすぐな想い。そのために自分に出来ることがあればチャレンジしたいと過去のインタビューで明かしています。

 

中井りん選手がよく口にするのは「ファンのため」という言葉。本当にファン思いであることがわかります。

現役女子最強?中井りん選手の強さの秘密!

 同体重の選手と比較しても圧倒的な筋肉!

中井りん 筋肉 画像

まず目を見張るのはその筋肉。

 

リオデジャネイロオリンピックの女子レスリング日本代表63kg級で金メダルを獲得した川井梨沙子選手とは身長、体重ともにほぼ同じですが中井りん選手ほどの筋肉はありません。

 

打撃、投げ技、絞め技など”何でもあり”のルールで戦うための肉体と言えます‼︎

 

中井りん選手は自身のトレーニング風景をYouTubeで公開していますがベンチプレスは120kg、スクワットは200kgもの重りを持ち上げることが出来るそうです。

 

一説ではベンチプレスは80kgと言われていますが彼女の筋肉を見れば120kgの重りを持ち上げてもなんら不思議ではありません。

 軽々と宙を舞う身体能力!

中井りん バク転 画像

中井りん選手の身体能力の高さは勝利後に恒例となっているバク宙のリングパフォーマンスが証明済み。筋肉ムキムキ=動きが遅い。そんなイメージは彼女には当てはまりません。

 

一切無駄な脂肪はなく相手と真正面から打ち合うパワーもありますが、華麗なタックルで相手の自由を奪うだけの高い身体能力があります。

 

小学校1年生から体操教室に通っていたことが驚異の身体能力の原点になっていることは間違いないと思います。

 柔道×打撃=中井りんのファイトスタイル

中井りん 試合 画像

中井りん選手のバックボーンは兄の影響で3歳のころから始めた柔道。

 

レスリング、ボクシング、空手などなど、数多くの格闘技の中からどの格闘技が最強か?という議論は存在しますが、中井りん選手は柔道の技に加えて打撃をマスターしているところに強さの秘密がありそうです。

 

組み手のみの柔道は打撃になると不利に思えますが、相手の襟や袖を取り合う組み手争いはトップクラスの選手になるとボクシングのジャプ並みの速さになります。

 

それだけ速く動く相手の腕を捉える中井りん選手の動体視力。それは打撃でも生かされ、相手のパンチは当たらず、自分のパンチを当てることが出来ます。

昔は痩せて細かった?過酷な筋トレで手にした肉体美!

中井りん 痩せてる時 画像

中井りん選手も総合格闘技を始めたころから今みたいな筋肉があったわけではないんです。“闘うための身体”を過酷な練習とトレーニングの積み重ねで手に入れました。

 

今となっては彼女が痩せているときの画像はかなり貴重。パンクラスに参戦する前、2007年に「スマックガール」に参戦していたころの写真です。

 

もともと筋肉が付きやすい体質だと話す中井りん選手。最新のトレーニングマシンなどには頼らず、使い込まれた古いダンベルやバーベルを持ち上げて作り上げた筋肉。

 

また、多くの格闘家がサプリメントなど栄養補助食品を口にしますが、彼女は鶏肉や魚、大豆食品など高タンパク低カロリーの食材で栄養を摂取しています。

 

一目見ただけで心奪われる中井りん選手の肉体美は効率を度外視して、丁寧に磨き上げられたものだということがよく分かります。

《関連記事》
中井りんの活動休止の理由や真相は?批判は誰が?復帰望むも引退危機

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です