JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

【炎の体育会TV】美女大学生のメンバーは誰?美しい腹筋&可愛い画像

      2017/10/14

炎の体育会TV 美女学生チーム 画像

TBS「炎の体育会TV」の企画の中でも人気の「ジャニーズ陸上部」。KAT-TUNの上田竜也さんが監督となり、ジャニーズJr.から選抜されたメンバーが400mリレーなどで陸上の強豪校や実業団からの選抜チームと対決します。

 

2017年2月4日の放送で対決するのは2020年、東京五輪日本代表候補を含む美人女子大生チーム

 

大学女子選抜のメンバーは実力はもちろん、そのルックスの良さが放送開始直後からTwitterを中心に話題になっています!

関連記事

【青山学院大学】藤森安奈選手

炎の体育会TV 藤森安奈 画像

炎の体育会TV 藤森安奈 画像

【生年月日】1994年11月10日
【出身地】神奈川県横須賀市
【身長】162cm
【体重】52kg
【自己ベスト】
・100m:11秒68
・200m:24秒30

 

藤森安奈選手と炎の体育会TV陸上部との対決は彼女が東京高校の頃からの因縁です(笑)。東京高校は高校陸上競技の名門で”日本一速い女子高生”ということで体育会TVには出演しました。

 

その因縁は藤森安奈選手が青山学院大学に進学してからも続いています。おそらく炎の体育会TV陸上部へは最多出演となり、過去にはリレー対決に勝利したご褒美で小栗旬さんに”壁ドン”されたこともあります(笑)

 

体育の授業で50m走を走ったのを見た陸上部の顧問の先生が、その足の速さに才能を感じて無理やり入部届けを書かされてから陸上一筋。

 

2013年、アジア陸上競技選手権の4×100m女子リレーの日本代表に選ばれ、女子100m、200mの日本記録保持者・福島千里選手らとチームを組み、銀メダルを獲得。

 

2014年、仁川アジア競技大会でも4×100m女子リレーの日本代表メンバーに選ばれ、銀メダルを獲得しています。

【日本大学】エドバー・イヨバ選手

炎の体育会TV エドバーイヨバ 画像

炎の体育会TV エドバーイヨバ 画像

【生年月日】1997年5月18日
【出身地】神奈川県横浜市
【身長】167cm
【体重】56kg
【自己ベスト】
・60m:7秒44
・100m:11秒66
・200m:24秒60

 

エドバー・イヨバ選手にとって藤森安奈選手は東京高校の先輩。彼女もまた、炎の体育会TVとは高校時代からの縁があります。彼女はナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフ。高い身体能力を持っていて、東京五輪期待の星。

 

100mの自己ベスト11秒66はジュニア日本歴代8位タイ、4×100mリレーでは44秒48のジュニアアジア記録(日本高校記録)を持っています。

 

運動不足を解消しないと…。そう思い陸上を始めるとグングンと成績を伸ばし、中学2年生の時にはジュニアオリンピックの100mで2位。

 

高校進学時には様々な高校から声がかかりましたが、東京高校の監督だけが「君なら優勝できる」と声をかけてくれて進学を決意。

 

高校3年の時には監督の言葉通り日本ジュニア選手権、インターハイ、国体の3冠達成。2016年、リオ五輪4×100mリレーの女子日本代表候補にも選ばれました。

【東京学芸大学】安西この実選手

炎の体育会TV 安西この実 画像

炎の体育会TV 安西この実 画像

安西この実選手は2016年4月16日の放送で東京学芸大学女子陸上部として炎の体育会TVに出演。KAT-TUNの上田竜也さんが新監督となって再スタートとなった炎の体育会TV陸上部との初戦を4×400mリレーで対決しました。

 

炎の体育会TV陸上部のメンバーは上田竜也さん、ハリー杉山さん、森渉さん、ワッキーさん。

 

第3走目にバトンが渡るまでは東京学芸大学が大きくリードしていましたが、森渉さんが抜き去り、リードを奪い、最後はワッキーさんが大きく突き放すという結果で惨敗してしまいました。彼女にとって今回はリベンジの絶好の機会!

 

安西この実選手は陸上の強豪校出身で今は創部65年を誇る東京学芸大学の絶対的エースにしてキャプテン。400mの自己ベストは55秒97で、2016年の東京陸上競技選手権では女子400mで優勝しています。

 

炎の体育会TVの放送後には可愛いルックスが注目され、「再び登場しないか?」と期待の声があがったところで満を持しての再登場です。

【立命館大学】木本彩葉選手

炎の体育会TV 木本彩葉 画像

炎の体育会TV 木本彩葉 画像

2016年10月15日の放送で「上田ジャニーズ陸上部が立命館大学女子陸上部と4×400mリレーでリベンジマッチ」に登場。

 

木本彩葉選手は茨木市立西陵中学校、東大阪大学敬愛高等学校といずれも陸上の強豪校で練習を積み重ねてきました。

 

2015年、第92回関西学生陸上競技対校選手権大会では400mで2位になるなど関西を代表するランナー。

 

彼女の将来の夢は「教員になって陸上競技を広めること」だそうです。そうなると陸上競技に本格的に取り組むのは大学までなんでしょうか?

 

美人アスリート、美女ランナーとして活躍して欲しかったんですが……。

 

木本彩葉選手の鍛え上げられた腹筋はケガを乗り越えた証。2015年には一時期、陸上競技から離れなければいけないほどでしたが、ケガに負けない身体を作って復帰しました。

 

“進化”した身体と”新化”した走りでジャニーズ陸上部を置き去りにするところを見てみたいですね。

関連記事

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です