JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

井上咲楽の水着やハーフと妹の噂は?下品•可愛くないを一蹴する”美”眉毛

      2017/01/19

井上咲楽 画像

2017年注目度赤丸急上昇を予感させるのはタレントの井上咲楽さん。番組出演こそ少ないものの彼女の持つ強烈なキャラクターが話題となっています。

 

テレビで激白した個性が強過ぎるエピソードとは⁉︎

 

芸能界入りのきっかけや「将来大化けを予感させる美人画像」などWikipediaでは知ることの出来ない彼女の素顔や魅力に迫ってみたいと思います‼︎

井上咲楽さんのWikipedia風プロフィール

【名前】いのうえ さくら
【本名】井上 咲樂
【生年月日】1999年10月2日
【出身地】栃木県芳賀郡益子町
【身長】151cm
【体重】非公表
【血液型】A型
【趣味】漫画を読むこと
【特技】長距離走とバレーボール
【出身校】栃木県茂木高等学校
【所属】ホリプロ

 グランプリ受賞よりもインパクト‼︎

井上咲楽 スカウトキャラバン 画像

『第40回ホリプロスカウトキャラバン』でソフトバンク賞を受賞した井上咲楽さん。

 

ホリプロが主催する伝統ある新人発掘オーディションで第1回の榊原郁恵さんに始まり、井森美幸さん、深田恭子さん、綾瀬はるかさん、石原さとみさんなどをこれまでに輩出してきました。

 

彼女のパフォーマンスは過去、稀に見るほどのインパクトを残したとか…。

井上咲楽 ホリプロ 画像

自己PRでは自作の映画泥棒のかぶり物を身につけて、1人漫才を披露。中学生の時にはお笑い芸人になりたいとネタをノートに書き出しては文化祭などで舞台に立っていたそうです。

芸名がエンジョイ・ガールだった可能性も⁉︎

井上咲楽さんの本名は読み方は同じでも難しいほうの「樂」。両親は「人生を楽しく咲かせて欲しい」という願いを込めました。

 

ところが「咲樂」ではインターネットでは検索しにくいだろうということから芸名を付けることになります。その候補に挙がったのが以下の5つ。

  1. 井上咲楽
  2. #上咲楽
  3. 咲樂
  4. ブリンブリン咲楽
  5. エンジョイ・ガール

4と5の芸名は井上咲楽さん自身が提案したもので、エンジョイ・ガールは井上咲楽さんがTwitterやInstagramで使っていた名前だそうです。

 

これは「インパクトはあるけれど将来的には通用しなくなる」と却下‼︎

 

次に提案したブリンブリン咲楽はプリクラを撮るときに両手でピースを作って目元に当てる”ブリンブリンポーズ”に由来するとか(笑)

 

もちろんこれも却下‼︎

 

井上咲楽さんのユニークさも尊重しながらも女優として活躍する将来を願って1番無難な「井上咲楽」に芸名が決まりました。

 

自分で「ブリンブリン咲楽」や「エンジョイ・ガール」などのインパクト勝負の名前を挙げておきながら内心は最初から本名が良いと思っていたそうです(笑)

井上咲楽さんの仰天エピソードが個性が強過ぎる⁉︎

【実家は父自作のロッジ風⁉︎】

井上咲楽さんの実家は山のてっぺんを切り拓いて、お父さん自らが作ったロッジ風の家だそうです。きこりのような大柄のお父さんを想像しますが、至って普通。

 

井上咲楽さん自身もハーフではなく純日本人だそうです。

 

小学校1年生の頃から住みだした山の上の家。行きは坂道をサーっとくだるからいいものの、帰りは立ちこぎでガーっと登るから毎日が大変だったと振り返ります。

 

周りは自然に囲まれていて「イノシシが出るのは当たり前」と言う野生児っぷりはお父さん譲り。お父さんは冬になると2週間に1回は釣りに出かけて、その度にワカサギを100匹以上釣ってくるんだとか(笑)

【個性豊かな3人の妹たち】

井上咲楽さんの家族についてもう少し触れておくと実は…4姉妹の長女。次女の栞ちゃん、三女の春菜ちゃん、四女の夏樹ちゃんと個性豊かな3人の妹がいます。

 

次女の栞ちゃんは自治会でディズニー旅行に行ったにもかかわらず、1人で行動するらしく「群れるのが嫌い」という一匹狼な性格だったり…。

 

三女の春菜ちゃんは将来の夢は料理研究家。おだてられることに弱く、井上咲楽さんの友だちが家に遊びに来た時にはよく料理を作ってくれたり…。

 

四女の夏樹ちゃんは両親が甘やかすので、咲楽さんが両親に代わってよく叱ったりするそうです。

 

4人それぞれが個性が強く、テレビ向きな性格。近い将来、”井上4姉妹”が話題となる日は来るんでしょうか⁉︎

【事あるごとにおならを自ら実況】

【ぶっ飛んでる⁉︎今でもおねしょを告白】

2016年4月5日に放送された『今夜くらべてみました』に出演した井上咲楽さん。その放送内で「中一の時、おしっこを漏らした」や「最近おねしょをしてしまった」と告白。

渡部建さん「俄然、この子に興味出ました」

徳井義実さん「持っている体験が凄いから、トークの技術どうでもいいですよ!これ」

今のバラエティ番組には欠かせない2人の芸人さんが絶賛するほどの逸材。

 

一部の視聴者には「下品だ‼︎」と捉えられた発言の数々ですが、そもそもブリンブリン咲楽やエンジョイ・ガールの芸名でデビューしようとした彼女にとってはネガティヴな意見も、それこそ”屁”ではないようです(笑)

眉毛なし=超絶美少女⁉︎眉毛あり=個性派美少女⁉︎

井上咲楽 眉毛 画像1

バラエティ番組などでは彼女のユニークなキャラクターばかりに注目が集まりますが、澄ました顔は「若い頃の柴咲コウ」と言われるほどの美しさも兼ね備えています。

 

井上咲楽さんを象徴するのが俳優の加藤諒さんを彷彿とさせる”太い眉毛”。昔はコンプレックスだったけれど「この眉毛がなかったらデビューすることもなかった」と言います。

井上咲楽 眉毛 画像2

こち亀の両津勘吉に似ていると周りからは言われるけれど、井上咲楽さん自身は両津勘吉を知らないため、いまいちピンときていないそうです(笑)
生えっぱなしの”ネイティヴ眉毛”を今後はテレビで何度も目にすることになるでしょうね‼︎
眉毛を生かして”超個性派女優”として活躍することも、眉毛を整えて”超絶美少女”として活躍することも…。井上咲楽さんの女優としての成長と共に眉毛の変化も楽しみです。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です