JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

向田真優の父はレスリング選手?成績•出身•Wikiは?強かわいい魅力と課題

   

向田真優 レスリング 画像

2020年東京オリンピックに向けての戦いは始まっています。女子レスリング53kg級の向田真優選手も熾烈な代表争いに身を置く選手の1人。

 

最大のライバルは”あの”吉田沙保里選手…。向田真優選手の強さの秘密とは⁉︎

 

Wikipediaだけでは知ることのできない向田真優選手の素顔と魅力に迫ってみたいと思います‼︎

向田真優選手のWikipedia風プロフィール

【名前】むかいだ まゆ
【生年月日】1997年6月22日
【出身地】三重県四日市市
【身長】157cm
【体重】57kg
【血液型】
【出身校】
・四日市市泊山小学校
・東京都北区立稲付中学校
・安部学院高等学校
・至学館大学

 

2016年12月23日に行われた『全日本選手権女子53kg級』で優勝した向田真優選手。決勝は東洋大学の宮原優選手を8-2のスコアで圧勝。

 

この階級では絶対女王の吉田沙保里選手は出場していませんでしたが、2020年東京オリンピックへ向けて「ポスト吉田」として名乗りをあげました。

 父の影響でレスリングの道へ‼︎

幼い頃は母と姉の影響で空手を習い始め、5歳からはブラジリアン柔術をしていた父の影響でレスリングに転向しました。

 

小学校3年生から小学校6年生まで出場した『全国少年少女選手権大会』では4連覇。小学校時代から無類のレスリングセンスを持つ選手として注目。

 

その実績から中学校進学と同時に、将来のメダリストの育成を目的とするJOCエリートアカデミーへ入校の推薦を得ることになりました。

 

アカデミーは寮生活を送りながら近隣の学校へ通学。練習は日本代表選手が使用するトレーニング施設で専門的な指導を受けられます。

 

入校1年目こそ大会では2位に終わることが多く、優勝は1度だけでしたが、2011年『全国中学校選抜選手権』での優勝を機に大きく成長を遂げたレスリング。

 

それ以降、国内外数々の大会では優勝の山を築き上げていきます‼︎

 積み上げた実績が自信に‼︎

2012年から2014年に出場した世代別の世界大会『世界カデット選手権 52kg級』では3連覇を達成。さらに2014年の『南京ユースオリンピック』で金メダルを獲得。

 

そして、

2015年には『クリッパン女子国際大会 シニアの部 53kg級』で初の国際大会での優勝を手にするなど彼女の名前は世界でも轟くようになります。

 

一方で2013年の『全日本選手権 51kg級』2位、2014年『全日本選抜 53kg級』3位と国内大会では苦戦を強いられます。

 

これは日本のレベルが高いという証拠ですよね‼︎そして日本国内で切磋琢磨することが向田真優選手の実力をさらに底上げします。

 

2016年『世界ジュニア選手権 55kg級』を全試合テクニカルフォール勝ちで金メダル。さらに『世界選手権 55kg級』でも全試合テクニカルフォール勝ちで金メダルを獲得する圧倒的強さを発揮。

 

世界選手権からわずか10日後の2016年12月23日。『全日本選手権 53kg級』を制しています。

向田真優選手の魅力と課題‼︎

向田真優 画像

【吉田沙保里選手直伝のタックル】

向田真優選手の武器は低い姿勢からのタックル。

 

「体格の良い外国人選手は返し技から試合を組み立てるため低いタックルが有効」と言われています。

 

吉田沙保里選手も相手の片足に電光石火のタックルを決めて瞬く間にポイントを奪い、勝ち星を積み上げてきました。

 

向田真優選手が目指すのは吉田沙保里選手を超えるような世界に通用するタックル。今後はタックルの決定力と失点を減らすディフェンス力の向上が課題です。

【厳しい評価も期待の表れ】

「残り30秒の攻めが甘い。(吉田沙保里とは違って)タックルに入る勇気がないようだ。」

こう話すのは至学館大学の監督であり、レスリング協会強化本部長の栄和人監督。向田真優選手への厳しい評価は彼女の才能を認めて、期待している証拠。

 

改善の余地があるということは伸びしろが十分にあるということ。課題を一つ一つクリアして絶対女王の座を手にして欲しいですね‼︎

吉田沙保里選手を超えられるか⁉︎

向田真優 吉田沙保里 画像

2020年の東京オリンピックまで現役続行することを決めた吉田沙保里選手。

 

2人は同じ階級のため向田真優選手は「霊長類最強女子」と真っ向からの対戦を制することができなければオリンピック出場の夢は叶いません。

 

吉田沙保里選手も向田真優選手を小学校から知っていて「体幹が強く、バランスが良い」と絶賛していますが、負ける気はさらさらありません。

 

向田真優選手にとっては吉田沙保里選手は偉大な存在ではありますが絶対に超えなければいけない壁。

 

吉田沙保里選手を超える日本人選手が現れることこそ未来の女子レスリング界が明るくなると言えます。向田真優選手が光明となれるか成長が楽しみです‼︎

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です