JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

清水聡が結婚?嫁は美人?”弱い”を一蹴する戦績×強さの秘密と年収暴露

   

清水聡 画像

2016年12月30日にプロ2戦目を迎える清水聡選手。相手はフィリピンのカルロ・デメシーリョ選手と決まり気合い十分‼︎

 

世界チャンピオンを目指す清水聡選手に結婚しているお嫁さんがいるとか…⁉︎

 

ボクシングを始めた意外なきっかけから清水聡選手の強さの秘密までWikipediaだけでは知ることの出来ない魅力と素顔に迫ってみたいと思います‼︎

清水聡選手のWikipedia風プロフィール

【名前】しみず さとし
【生年月日】1986年3月13日
【出身地】岡山県総社市
【身長】179cm
【リーチ】181cm
【体重】56kg
【階級】フェザー級・バンタム級
【血液型】A型
【出身校】
・総社市立昭和中学校
・関西高等学校
・駒澤大学経営学部
【所属】
・駒澤大学(2004-2009年)
・自衛隊体育大学(2009-2014年)
・ミキハウス(2014年-)

 

清水聡選手のアマチュア時代の戦績は「本人は詳しく覚えていない」と言い、「170戦150勝70KOくらい」だと言います(笑)

  • 2004年『彩の国まごころ国体』優勝
  • 2007年『全日本選手権(技能賞も獲得)』『秋田わか杉国体』優勝。
  • 2009年『アジア選手権』バンタム級 優勝
  • 2012年『アジア選手権』フェザー級 優勝

2005年と2007年に世界ボクシング選手権へ出場。2008年北京オリンピックアジア予選を2位で勝ち抜き、フェザー級の出場権を獲得しました。

 オリンピックでのメダル獲得を目指して‼︎

清水聡 メダル 画像

清水聡選手は2012年ロンドン五輪の男子ボクシング•バンタム級の銅メダリスト。ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太選手とともに44年ぶりのメダル獲得に日本国中が湧きました。

 

高校卒業時から何度もプロ転向の話が舞い込み、破格のファイトマネーを提示されたり、世界戦の約束を提示されるも彼が言った言葉がシビれます‼︎

 

「プロのチャンピオンベルトよりもメダルの方が何倍も価値がある」

 

この信念を貫くためにアマチュアを続けてオリンピックを目指し続けました。

 ボクシングのきっかけは”あの”テレビ番組⁉︎

ボクシングと言えば殴り合い。清水聡選手も昔から根っからの格闘技好きかいうとそうではありません。小学校時代は電子ピアノを習い、中学校では卓球部に所属していました。

 

少し内気にも思える彼がボクシングを始めたきっかけは何だったんでしょうか⁉︎

 

テレビ番組で不良少年が元世界チャンピオンに挑戦するという企画を見て刺激を受けたと言います(笑)

 

そう‼︎

TOKIOがMCを務めた『ガチンコファイトクラブ』がきっかけ‼︎

 

ぞして、
父・真吾さんの友人が会長を務める倉敷守安ボクシングジムに通い始めるとメキメキと上達。

もう1度輝ける場所へ‼︎プロ転向を決意。

清水聡 プロ 画像

銅メダル以上のメダル獲得を目指してリオ五輪に挑戦していましたが、残念ながら代表選考から落選。

 

東京五輪を目指すことも考えたそうですが、モチベーションは続かないだろうと悩んでいた清水聡選手の背中を押した”ある”選手の存在。

 

実は清水聡選手を再びリングの上に引き戻したのは以前所属していたミキハウスで同僚だったカヌー日本代表の羽根田卓也さんが活躍する姿でした。

 

「舞台は違うけれど、自分ももう1度輝きたい」

 

プロ転向を決意した瞬間でした。

 

「2年で世界チャンピオンを目指す」

 

そう言って怪物・井上尚弥選手や八重樫東選手らご所属する大橋ジムへ。

 

2016年9月4日。迎えたプロデビュー戦。対戦相手は韓国フェザー級王者の李寅圭選手。

 

結果は4度のダウンを奪って5ラウンドTKO勝ちという圧巻の内容でした。今後プロとして大きく飛躍すること間違いなし。

 

同じくロンドン五輪後にプロとなった村田諒太選手はデビュー戦で約1000万円のファイトマネーを手にしています。

 

清水聡選手は自衛官時代はどれだけ勝っても年収400万円でしたが、プロとなった今、自分の拳1つで年収1億越えも夢ではありません‼︎

清水聡選手の”強さ”の秘密!不安材料も一蹴⁉︎

清水聡 デビュー戦 画像

【階級に見合わないリーチの長さ】

清水聡選手はフェザー級と言って55.338kg-57.153kgまでの階級。身長と体重は比例するため、多くは清水聡選手よりも小柄な選手が多いんです。

 

数字で表すと167cm〜169cmの選手が多いような印象を受けます。清水聡選手の身長は179cmなので6階級も上であるミドル級の選手の平均身長と変わりません。

 

そのため相手の間合いの外からでも得意の左ストレートを繰り出すことができます。相手はなす術なく倒されてしまいます。

 

まさにプロデビュー戦は相手のパンチが届かない間合いから一気に攻め込む清水聡選手のペースでした。

【減量が心配されるも…】

身長が179cmある清水聡選手の普段の体重は64kgほど。フェザー級で試合に出場するたびに約8kgもの減量を余儀なくされます。

 

今後、減量が年齢的にも代謝が落ちていくため辛いのではないか?と不安視されています。

 

が‼︎

 

ロンドン五輪の時にはフェザー級よりもさらに2つ下のバンタム級(52.163kg-53.524kg)で出場しています。つまり10kg近い減量は経験済み。

 

さらにはオリンピックでは11日間の間に決勝まで進むと最大5試合あるという過密スケジュールをこなせるほどの体力があったでしょう。

 

リーチを生かせるフェザー級こそ最も清水聡選手が輝く階級かもしれません‼︎

実はおっちょこちょいな性格⁉︎メダル紛失事件。

2012年のロンドン五輪で獲得した銅メダルを2013年3月、都内のイベント後に紛失したと原宿署に遺失届と盗難届を提出していた清水聡選手。

 

見つからないまま3年の月日が流れ…。もう手元には戻らないかと思っていた矢先…。

 

自宅の衣装箱の中に鈍く光る銅メダルが…‼︎

 

実は2016年1月に新居へ引っ越し。荷ほどきの時に何気なく衣装箱を開けてみるとメダルがしっかりと入っていました。

 

散々騒ぎになったこともあり「ヤバい…‼︎」と思って1度はフタを閉めたとか(笑)思わず二度見するパターンのやつですね。

 

イベントが終わり、メダルケースが割れやすいため衣装にくるんだそうです。それを帰宅後、無意識に衣装箱に入れたと言います。

 

おっちょこちょいな性格が生んだ騒動に「恥ずかしい。ご心配おかけしました」と謝罪したそうです‼︎

清水聡選手は結婚している⁉︎「嫁」と検索される理由とは…。

清水聡 ラウンドガール 画像

アスリートが活躍する裏には奥さんの内助の功が付きもの。家事や食事面だけでなく精神的にも支えになります。

 

清水聡選手の名前を検索すると出てくる『清水聡 嫁』というキーワード。「ロンドン五輪、そしてプロ転向を支えたお嫁さんがいたんだな」と思ったら…。

 

清水聡選手は独身…。

 

ネットでは奥さんとFacebookで知り合って結婚したという噂もありますが、どうやらガセネタのようです。

 

2016年3月14日に放送された『有吉ゼミ』では「オリンピックに出たのに結婚できないアスリート」として出演…ということで未婚なのは確定的ですね‼︎

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です