JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

筒香嘉智の結婚•彼女の噂と美人の双子姉?HR量産の秘密と伸びる年俸

   

筒香嘉智 画像

横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智(つつごう よしとも)選手。ホームランバッターとして覚醒した彼が打ちたいときに打てるホームラン量産の秘密とは⁉︎

筒香嘉智選手のWikipedia風プロフィール

【名前】つつごう よしとも
【生年月日】1991年11月26日
【出身地】和歌山県橋本市
【身長】185cm
【体重】97kg
【血液型】A型
【家族】父、母、兄、双子の姉
【出身校】横浜高等学校
【所属】横浜DeNAベイスターズ
【背番号】25
【ポジション】外野手、三塁手、一塁手
【投球・打席】右投左打

 

筒香嘉智選手の「筒香(つつごう)」という苗字はとても珍しく、日本で3軒だけ。残りの2軒は筒香嘉智選手のお父さんのお兄さんの家と、その息子さんの家なんだそうです。

 

185cm、97kgというスラッガーにふさわしい体型は小さいころから「よく食べて、よく寝た」ことが大きく影響しているようです。母の孝子さんは「牛のように食べる子どもだった」と当時を振り返っています。

 

それもそのはず朝ごはん、給食、帰宅しておやつという名のご飯(笑)、晩ごはん、夜食と1日5食の生活を送っていました。1回で食べるご飯の量も恐ろしいほど多かったんでしょうね…(^^;;

兄のスパルタ指導がすべての始まり‼︎

今では横浜ベイスターズの主軸として活躍する筒香嘉智選手は小さいころからプロ野球選手を夢見ていたと言います。

 

甲子園常連校の野球部に所属していた10歳年上の兄の影響で自然と野球を始めるようになりました。

 

本格的にチームに入って練習し始めたのが小学校2年生のとき。地元の硬球野球クラブ、和歌山ニューメッツに入団するもニューメッツの練習は土日のみ。「それだけでは足りない」と平日は学校から帰ると兄との練習が待っていました。

 

「最初は遊び感覚で始めたけれど兄の指導は厳しくて、正直に言うとやらされている感がありました(笑)」と言います。

 

和歌山の常連校というと「智弁和歌山高校」の名前がパッと浮かびました‼︎もしそうならお兄さんもかなりの実力者。スパルタな指導というのも納得です( ̄▽ ̄)

 

ちなみにお兄さんは現在、横浜の学校で教師をしているそうです。人に何かを教えるという才能はこのときに培ったにかもしれませんね。

進路を決めた伝説の死闘‼︎憧れの横浜高校へ

スパルタな兄の指導もあって、野球の才能をグングンと伸ばす筒香少年。中学では埼玉西武ライオンズ所属の森友哉選手(大阪桐蔭高校で高校三冠達成)が在籍していたことで有名な堺ビックボーイズに所属。

 

選手の個性を伸ばすこと、型にはめない指導法が有名な堺ビックボーイズで今の筒香嘉智の原型が出来上がりつつありました。

 

中学3年生のときには全国大会ベスト8、ボーイズ関西選抜の4番として世界大会に出場するなど活躍から関西の強豪校からあまたの誘いを受けましたが、心の中ではすでに進路は決まっていました。

 

小学校1年生のとき、お父さんに連れて行ってもらった甲子園球場。PL学園対横浜高校の今でもなお、伝説と語り継がれる“延長17回の死闘”。そのマウンドに立っていたのは平成の怪物と呼ばれた松坂大輔選手。

 

17回、計250球を1人で投げきった松坂大輔選手の姿に憧れて、「野球をするなら横浜高校」とどこに行ってもそう答えていました。

ホームラン量産の秘密とそれに比例して伸びる年俸

本塁打 打率 打点 年俸
2010 1 .143 1 800万円
2011 8 .241 22点 900万円
2012 10 .218 45点 1300万円
2013 1 .216 3点 1950万円
2014 22 .300 77点 1600万円
2015 24 .317 93点 4600万円

 

2016年は年俸も1億円となるなど横浜ベイスターズで不動の4番となった筒香嘉智選手。2016年7月20日のヤクルト戦を終えた時点で2015年シーズンの自己最多記録24本の本塁打を軽く上回る26本目を記録し、自己最多記録を更新しました。

 

「ホームでは手がつけられない」

 

本塁打26本のうち20本がホームでの本塁打であることから、こう表現されている2016年シーズンの筒香嘉智選手のバッティングですが、

 

「もう手がつけられない」

 

というレベルにまで彼のバッティングは到達しています。

 

なぜなら23本目、24本目はビジターの試合ながらヤクルト戦で1日2本。25本目、26本目も同じくビジターのヤクルト戦で1日2本で2夜連続。もはやビジターでも手がつけられなくなってきました(笑)

バットの軽量化

2015年シーズン使用していた900gのバットから870gのバットに変更したこと。たった30g、されど30gの軽量化がバットの操作性を格段に上げています。

 

また、
バットが軽くなったことで飛距離が伸びなくなるのを防ぐために重心を先端方向に移動させるなど、シーズン前のオフには何度も何度も試行錯誤を繰り返したと言います。

打撃フォームの変更

なるべく投手の方に向いた右足を上げない、ノンステップ打法に近い打撃フォームに変更しています。

 

オフに訪れたドミニカ共和国のウインターリーグ。ここはメジャーリーグを目指す外国人の登竜門。日本にはいないタイプのピッチャーと対戦したいと志願して参戦しました。

 

スピードのあるピッチャーに対抗するためには打撃時に無駄な動きを少なくし、振り遅れをなくすためにたどり着いたのが右足を上げない打撃フォームでした。

可能性を残すスイング軌道

 

ホームランを打つべくして打つ筒香嘉智選手のバッティングフォーム。長打の秘密はバットとボールが当たるインパクトの瞬間に「下からパンチを出すように」左手を出すことだそうです。

 

すると左手で強くバットを押し込むことができるので最後までバットを振りきれると言います。

 

左手を出すようにスイングすることでもう1つの効果としてバットの軌道が地面と平行になり、タイミングがズレてもファール、あるいはヒットになる可能性があるので打率アップにつながります。

 

これを筒香嘉智選手は「色々な可能性が残るスイング軌道」として徹底しています。彼がホームランだけでなくヒットを狙えるバッターであるのは様々な工夫の賜物なんでしょうね‼︎

オフの素顔は⁉︎

筒香嘉智 私服 愛車 画像

【愛車も体格に合わせてゴツめが好み⁉︎】

筒香嘉智選手は車が好きと有名で、愛車はキャデラックエスカレード。新車価格は1200万円を超える高級車‼︎やっぱり1億円プレーヤーともなると軽自動車では格好がつかないですよね(笑)

 

【彼女や結婚の噂は⁉︎】

筒香嘉智選手にはプロ野球選手になってから彼女がいたことがないという噂があります。プロ3年目までは寮生活だったためプライベートもある程度制限されていたのかもしれません。

 

現在は神奈川市内で1人暮らしをしているようですが、本音としては早く結婚して家事や食事などの栄養面でサポートしてくれる奥さんが欲しいと思っていることでしょう‼︎

  関連記事

山田哲人 画像
山田哲人の成績•年俸の最新速報!トリプルスリーの神髄と覚醒の秘密

2015年「トリプルスリー」という流行語とともに大ブレイクした東京ヤクルトスワロ …

柳田悠岐 画像
柳田悠岐の筋肉•恩師が変えたフルスイング野球~最新成績と年俸予想~

福岡ソフトバンクホークスの若き大砲、柳田悠岐選手。彼のパワーはこれまでの日本人バ …

山田哲人 熊切 写真 画像
山田哲人の彼女はAKB?”夜の三冠王”が狙うアイドルOと女子アナT

2015年、2016年と前人未到のトリプルスリーを達成。今をときめく若き天才バッ …

村田兆治 現在 画像
村田兆治の現在の球速は?現役時代の成績•年俸•伝説【始球式動画】

今なお始球式などで投げる姿は現役時代と変わらない野球界の生ける伝説・村田兆治さん …

前田健太 画像
前田健太の球種の多彩さがメジャーで通用する鍵!成績や年俸の推移!

広島カープのエースにして今では日本球界を代表するピッチャーとなったマエケンこと前 …

柳田悠岐 嫁 画像
柳田悠岐の嫁の写真や子供の名前•性別は?噂になった彼女と天然伝説

福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐選手。プロ野球史上初「トリプルスリーと首位打者」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です