JOYSPO!!

スポーツは素晴らしい!! MoreEnjoy MoreExciting

無良崇人はほくろに願掛け!嫁の支えでメダルへ!五輪での可能性と魅力!

      2015/10/27

無良崇人 画像

27歳で迎える2018年の平昌オリンピックを目指すことを決めた無良崇人選手。選手の平均寿命が25歳とも言われるフィギュアスケートにとっては最後のチャレンジになると思います。

 

ただ抜群の身体能力を持つ無良崇人さんは27歳を迎えてもジャンプの高さが衰えることなく、さらには大人の色気のある演技で魅了してくれるでしょう!

 

そんな無良崇人選手の魅力をもっと引き出すために

『必然とも言えるスケートとの出会い』

『ベテラン無良崇人の魅力とは?』

『代名詞とも言えるオペラ座の怪人の演技』

『オリンピックでのメダルの可能性を考察』

などの話題をまとめてみました!

無良崇人さんのWikipedia風プロフィール

【生年月日】1991年2月11日(24歳)
【出生地】千葉県松戸市
【身長】170 cm
【体重】60 kg
【血液型】O型
【学歴】
・中野第二中学校
・駒場学園高等学校から倉敷翠松高等学校へ転校
・中京大学
【使用曲】

SP FS EX
2014-2015 ヴァイオリン協奏曲 ミュージカル『オペラ座の怪人』より 『Feeling Good』ボーカル:マイケル・ブーブレ/Til I Hear You Sing ミュージカル『ラヴ・ネバー・ダイズ』より
2015-2016 黒い瞳 O(オー)『シルク・ドゥ・ソレイユ』より

スケートを始めたきっかけは?

スケートを始めたのは1994年の無良崇人さんが3歳になるとき。父・隆志さんは元フィギュアスケートの選手で現在のコーチになります。

 

無良崇人さんが小さいときからコーチとしてスケートリンクに立っていたので朝と夜はレッスンでなかなか家にいることができませんでした。

 

なのでお母さんと一緒にお昼過ぎの休憩時間にスケートリンクへ遊びに行っていました。

 

すると、
そこで遊んでもらったりしているうちに氷の上に来るようになり、スケートをしている友だちができて、そのままスケートを始めたそうです。

 

僕たちが野球やサッカーに自然とのめり込むようにスケートを始めるべくして始めたという感じですね!

世界で屈指のジャンプを武器に獲得した過去の成績

無良崇人 衣装 画像
無良崇人さんはジュニア時代から高い身体能力を生かしたジャンプで数々の大会で結果を残してきました。

  • 2002年、2003年と全日本ノービス選手権Aクラスで連覇。2005-2006シーズンからは4期連続でジュニアグランプリシリーズにも出場し、ジュニア時代から海外での試合経験が豊富。
  • 2007-2008シーズンには全日本ジュニア選手権で初優勝し、翌年2008-2009シーズンからシニアに転向します。シニア移行後も高いジャンプは大きな武器になります。フィンランディア杯で初出場、初優勝。全日本選手権では3位と活躍。
  • 2012-2013シーズンにエリック・ポンパール杯でGPシリーズ初優勝。全日本選手権では再び3位となり世界選手権の代表に選出。
  • 2013-2014では織田信成選手が現役引退したことで繰り上げて四大陸選手権に出場。SPではほぼノーミスの演技で総合成績で自身のベストスコアを更新して優勝。その勢いそのままにチャレンジカップでも優勝します。
  • 2014-2015シーズンにはロンバルディアトロフィーで2位、GPシリーズのスケートカナダでは合計得点が250点を超えてベストスコアを更新し優勝

過去の成績を振り返ってみると2012-2013シーズンから世界でも勝てる強い選手に成長したように思います。ちょうどその時期は無良崇人選手が一般女子の方と結婚した時期。奥さんのお腹の中には子どもも妊娠していたというのが精神的に強くしてくれたのかもしれないですね!

2018年の平昌オリンピックでのメダルの可能性は?

無良崇人 ほくろ 画像

27歳で迎える次回冬季オリンピック。
おそらくこのオリンピックが無良崇人さんにとっての最後のオリンピックになると思います。

 

有終の美を飾りたいという想いはとても強いでしょうね!

 

ソチオリンピックのメダリストのスコアと無良崇人さんのベストスコアを比較してみました。

SP FS 合計点
無良崇人さんのベストスコア 86.28 173.24 255.81
羽生結弦 101.45 178.64 280.09
パトリック・チャン 97.52 178.10 275.62
デニス・テン 84.06 171.04 255.10

あくまでもスコアを比較しただけですが、無良崇人さんが2018年の平昌オリンピックでメダルを獲得するためには過去最高の演技をしても銅メダルに手が届くかどうか。

 

スコアアップのために今後の課題として2つのポイントをあげています。

【4回転サルコウを跳べるようになる】

無良崇人さんが跳べる4回転ジャンプは4回転トゥーループだけ。プログラムの中に複数回の4回転ジャンプを取り入れるのであれば複数種類の4回転ジャンプを跳べたほうがコンビネーションの幅も広がります。

 

練習では4回転サルコウの他にも4回転フリップ、ルッツ、アクセルの練習までやっているとインタビューで答えていました。

 

あくまでも4回転サルコウは後に続く4回転フリップなどのジャンプの通過点に過ぎないのかもしれないですね。

【表現力をもっと磨く】

2015-2016シーズンからソチオリンピックのアイスダンス金メダリストのチャーリー・ホワイト選手にコーチングしてもらうことで表現力やスケーティング技術の向上を目指しています!

 

フィギュアスケートはジャンプやスピンなどの技一つ一つの技術点と表現力やスケーティング技術などの演技構成点の2つの項目で採点されます。

 

いくら練習で完璧でも本番では何が起きるかわかりません。ジャンプは着地の転倒や回転不足で技術点は減点されることがあるため、演技構成点をいかに高くするかでスコアの底上げができます。

 

少なくとも平昌オリンピックまでにショートプログラム、フリースケーティングの両方合わせて10点は演技構成点を上げなければメダルは難しいと思います。

骨太ジャンパー!無良崇人の魅力とは?

無良崇人さんの代名詞とも言えるのが『オペラ座の怪人』だと僕は思います。その中で4回転トゥーループとトリプルアクセルを2回ずつ跳ぶんですが、トリプルアクセルの高さと迫力には驚きます!

 

無良崇人さんは大きくジャンプしてから回転するダイナミックな跳び方が特徴的。このジャンプが迫力ある男らしいジャンプと言われる由来です。

 

言葉で表現できるのもここまでが限界。
実際に演技の動画を見てもらえば分かると思います(^^)

  関連記事

宇野昌磨 画像
宇野昌磨の身長は可愛いが演技は大胆!4回転を2回で羽生結弦越えか?

日本の男子フィギュアスケートと言えば羽生結弦選手の名前がまっさきに思い浮かぶんじ …

ナム・ニューエン ナム・グエン 画像
ナム•ニューエンの身長や年齢のWiki!羽生結弦に勝つための3つの改善!

カナダの選手と言えばパトリック・チャン選手が有名ですが、ダークホース的な存在とし …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です