JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

さくらジャパン(ホッケー)強かわいいメンバーは誰?美女BEST5

      2016/06/24

さくらジャパン メンバー 画像

「スポーツをしている女性は美しい」

 

4大会連続でオリンピック出場を決めた女子ホッケー日本代表さくらジャパンには「強さ」「美しさ」をあわせ持った選手が多数所属しているのを知っていましたか⁉︎

 

意外にも知らないホッケーのルールや見どころ、日本代表の実力や世界ランキングを知らないと試合観戦の面白みが半減してしまうかも⁉︎(笑)

ホッケーのルールとは?試合には〇〇する‼︎

【試合時間は?】

前半、後半35分ずつの計70分。前後半の間には5分間のハーフタイムがあります。

 

【コートの大きさは?】

ホッケーのコートは縦91.4m×横55m。サッカーのコートはオリンピックやワールドカップでは105m×68mのコートを使用しているのでホッケーのコートのほうが一回りほど小さいというイメージ。

 

現在ホッケーはオリンピック、ワールドカップなどにかかわらず国内の大会もすべて人工芝でおこなわれています。人工芝でおこなう理由は天然芝に比べて球速が速くなり、スピーディーな試合にするためです。

 

そして、

最もユニークなのが試合前にコートの水をまくこと‼︎

 

これは転倒したときに摩擦によるヤケドやケガを防ぐだけでなく、ダイナミックなプレー(倒れこみながらシュートを打つなど)が可能になり、より面白さを増すための工夫です。

 

【プレーヤーの人数】

各チームの人数はサッカーと同じ1人のゴールキーパーと10人のフィールドプレーヤーの計11人。18人(国際ルールでは16名)まで登録が可能でその中で交代は自由。

 

選手交代のタイミングが自由なため、例えば疲れている選手の見極めなどが試合の流れを大きく変えます。

 

【スティック】

ホッケーの1番の特徴はスティックでボールを扱わなければいけないところ。重さには最大737gの規定がありますが、長さには規定はありません。

 

つまりルール上は重さ737g以内でめちゃくちゃ長いスティックを使うことも可能です(笑)一般的に市販されているスティックは90cm。

 

スティックを近くで見ると平らな面とポコっと丸い面があり、ドリブルするときはスティックをクルッと回しながら平面の部分のみを使わなければいけません。

 

【ボール】

ボールは「その材質を問わず硬い球であること」

 

イメージとしては野球で使用される硬球とほぼ同じ大きさ、重さで、それよりも硬いのがホッケーで使用されるボール。野球の球よりも硬いのは表面を硬化プラスチックで覆っているためでもあります。

 

また、
ゴルフボールのように無数のくぼみ(ディンプル)がついていることも特徴です。

 

ちなみにホッケーのシュートは平均時速が160km、世界のトッププレーヤーともなると200km以上にもなります(笑)

ホッケーの見どころは⁉︎

スティック同士がぶつかり合うボールの奪い合い、速いパスワークなど見どころはたくさんありますがゴール前の攻防は必見です‼︎

 

ゴール前にはほぼ半円のサークルと呼ばれるエリアがあり、このエリアの中からのシュートしか得点にはなりません。つまり、いくらゴール前ががら空きだったとしてもサッカーのようなロングシュートは打てません。

 

得点するためには敵味方入り乱れるゴール前をドリブルやパスでかいくぐってシュートを打つ必要があります‼︎

 

流れるようなパスワーク。相手を惑わすドリブル。一瞬を切り裂くシュートなどホッケーの醍醐味がギュッと詰まっています。

さくらジャパンの実力と世界ランキング

さくらジャパンの世界ランキングは10位(2016年6月現在)
近年は10前後を行き来しているといった感じです。

 

オリンピックに出場する国(12チーム)のほとんどが日本よりも世界ランキングが格上。オリンピックという一発勝負の舞台で簡単にメダルが獲れる相手ではありません‼︎

2004年 アテネオリンピック 8位
2008年 北京オリンピック 10位
2012年 ロンドンオリンピック 9位

 

オリンピックでメダルを獲得するとなれば、僅差の試合を勝ち切る勝負強さが必要です。

 

アジア大会では2006年に銀メダル、2010年に銅メダルを獲得。さらに2013年にはアジアカップ、東アジア大会、アジアチャンピオンズトロフィーで優勝し、史上初の三冠を達成。

 

また、

2016年4月の8カ国大会では5位の中国を破って準優勝するなど、試合の流れをつかむ強さは着実に身についています‼︎

 

美貌も兼ね備えた⁉︎試合の鍵を握る注目プレーヤー

【中川未由希選手】

中川未由希 画像

リオ五輪が3度目のオリンピックとなるベテラン。

【生年月日】1986年12月20日
【出身地】岐阜県
【身長】161cm
【体重】51kg
【所属】ソニーHC BLAVIA Ladies
【ポジション】MF
【背番号】5

 

【永井友理選手】

永井友理 画像

スペインのチームに所属する攻撃の要。

【生年月日】1992年5月26日
【出身地】岐阜県
【身長】155cm
【体重】55kg
【所属】ソニーHC BLAVIA Ladies
【ポジション】FW
【背番号】9

【永井葉月選手】

永井葉月 画像

MF(ミッドフィルダー)として攻守に活躍が期待される存在。

【生年月日】1994年8月15日
【出身地】岐阜県けん
【身長】152cm
【体重】56kg
【所属】ソニーHC BLAVIA Ladies
【ポジション】MF
【背番号】18

【小野真由美選手】

小野真由美 画像

日本の組織的守備の要。

【生年月日】1984年8月14日
【出身地】富山県
【身長】169cm
【体重】59kg
【所属】コカ・コーラウエストレッドスパークス
【ポジション】MF
【背番号】8

【三橋亜記選手】

三橋亜記 画像

【生年月日】1989年9月12日
【出身地】宮城県
【身長】164cm
【体重】
【所属】コカ・コーラウエストレッドスパークス
【ポジション】FW
【背番号】7

さくらジャパンの魅力が伝わるCMが話題

プロミスを展開するSMBCコンシューマーファイナンスが男女ともにホッケー日本代表のオフィシャルスポンサー。選手がホッケーに懸ける想いをホワイトボードにつづりながら、躍動感あふれるホッケーの魅力が伝わるCMです。

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です