JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

酒井大祐と嫁•平山恵の出会いは?戦力外の退団から最後の五輪挑戦へ

   

酒井大祐 画像

長年プレーを続けたJTサンダーズを退団し、新天地サントリーサンバーズへ移籍した酒井大祐選手。リオ五輪世界最終予選には酒井大祐選手自身最後と決めたオリンピックへ挑戦します‼︎

 

『バレーボールを始めたきっかけは?』

『JT一筋から退団を経て新天地サントリーへ』

『酒井大祐選手のリベロとしての”ここ”に注目‼︎』

『奥さんの平山恵選手との出会い・馴れ初めは⁉︎』

などの話題を中心に酒井大祐選手の魅力と素顔に迫ってみたいと思います!!

酒井大祐選手のWikipedia風プロフィール

【ニックネーム】大さん
【生年月日】1981年10月22日
【出身地】福島県南相馬市
【身長】180cm
【体重】76kg
【血液型】A型
【出身校】
・南相馬市立石神第二中学校
・南相馬市立石神中学校
・福島県立相馬高等学校
・東海大学
【所属】
・JTサンダーズ(2004年-2015年)
・サントリーサンバーズ(2015年-)
【ポジション】L(リベロ)
【背番号】5
【利き手】右
【指高】230cm
【最高到達点】
スパイク:315cm
ブロック:300cm

バレーボールを始めたきっかけは?

酒井大祐選手の4歳年上のお姉ちゃんが地元のスポーツ少年団でバレーボールをしていて、その送り迎えについて行ったときに「バレーボールやってみないか?」と誘われたのがきっかけでした。

 

もともとは野球かサッカーをやってみたいと思っていたんですが野球とサッカーは小学4年生にならなければ入団できないというルールがありました。

 

けれど、
バレーボールだけはなぜか小学2年生からでも入団できたんだそうです(笑)それならバレーボールをやってみようかなと入団することを決めましたと言います。

 

もし、
野球もサッカーも小学2年生から入団できればまた違った人生になっていたのかも…いや、それでもきっとバレーボールを選んでいたかもしれないですね‼︎なぜかそんな感じがします( ̄▽ ̄)

 

【リベロへの転向と葛藤】

酒井大祐選手がリベロに転向したのは東海大学に入学してから。リベロに転向してからも1年間はずっと心の葛藤があったと言います。

 

高校まではエースポジションでアタックをバンバン打っていたのに、それが急にレシーブだけに専念するというのは戸惑いがあったんでしょうね‼︎

 

それでもリベロを続けるうちに”1本のレシーブの大事さ”に気づいたと言います。サーブレシーブがセッターにきれいに返すことができるかどうかが得点になるか、失点になるかのわかれ目だからです。

 

1本のレシーブの大事さを知った酒井選手はリベロとして大きく才能を開花します‼︎

 

そして、
全日本インカレでは2000年に第3位、2001年と2002年は準優勝。大学最後となる2003年に念願の優勝を果たします。

 

【Vプレミアリーグへ】

酒井大祐選手がJTサンダーズに入団してから長い間ベスト4入りを逃し続けてきました。2012年にはいわゆる下部リーグとの入れ替え戦であるチャレンジマッチも経験しました。

 

また酒井選手自身、初めて全日本デビューしたのは2010年の世界選手権と他の選手よりも遅く、2004年、2008年、2012年とオリンピックイヤーに日本代表に招集されるも最終合宿に残ることなく落選を経験しています。

 

2013/2014シーズンからヴゴヴィッチ監督に変わったことでブロックとスパイクレシーブを徹底し、サントリーから移籍してきた越川優選手が抜群に安定した攻撃でチームを引っ張りました。

 

その結果がJTサンダーズの10年ぶりの準優勝へと導きました‼︎

 

その勢いは翌2014/2015シーズンも衰えることはありませんでした。越川優選手をキャプテンに創部84年にしてチーム史上初となるリーグ優勝を達成。

【受賞歴】

  • 2004年『第53回黒鷲旗選抜大会 ベストリベロ賞』
  • 2014年『2013/2014Vプレミアリーグ レシーブ賞、Vリーグ栄誉賞』
  • 2015年『2014/2015Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞』『第18回アジア選手権 ベストリベロ賞』

けれどスポーツの世界は残酷なもので、11年間JTサンダーズ一筋でプレーし続けてきましたがチームの若返りの方針のため2014/2015シーズンをもって解雇通告を受けました。

 

2015年9月に新天地となるサントリーサンバーズへの移籍が決定。捨てる神あれば拾う神ありとはまさにこのことですね‼︎

酒井大祐選手のリベロとして”ここ”に注目

酒井大祐 リベロ 画像

抜群のサーブレシーブ力

JTサンダーズが低迷していた時期でも酒井大祐選手のサーブレシーブ成功率はとても安定しています。

 

どんなに変化の大きいサーブでも体の正面で捉えてセッターへ上げることができるのは技術というよりも「なにがなんでも上げてやる!!」という気持ちが前面に出ているレシーブです。

シーズン セット数 受数 成功数 成功率
2015/2016 73 234 154 66.2(4位)
2014/2015 79 390 291 74.6(1位)
2013/2014 106 525 383 73.0(2位)
2012/2013 108 568 398 70.1(3位)
2011/2012 84 368 255 69.3(4位)

 

 ブロックとディグをコントロールする声

リベロは6人の選手の中で最もコートの奥に位置を構えるのでコート全体を見渡すことができます。

 

セッターが攻撃の司令塔ならリベロは守備の司令塔と呼べます。そのためブロックの位置やスパイクを打たせるべきコースなどを細かく指示を出しています。

 

試合中の酒井選手を見てみると大声で指示を出したり、タイムアウトには必ずミドルブロッカーとコミュニケーションを取ってブロックの確認をします。

奥さんの平山恵さんってどんな選手⁉︎

酒井大祐 平山恵 画像

酒井大祐選手の奥さんは元JTマーヴェラスの平山恵選手。2007年5月の黒鷲旗大会を最後に現役を引退しています。

【生年月日】1983年11月27日
【出身地】滋賀県大津市
【身長】175cm
【体重】62kg
【血液型】B型

女優の常盤貴子さん似の美人選手で現役時代はアタッカーだけでなくレシーブ力を買われてリベロとしても起用されるなど幅広いプレーで活躍しました。

 

2009年5月14日に酒井選手の公式サイトにて結婚報告をしています。気になる2人の馴れ初めは…謎(笑)

 

ただ、
同じJTがつくチームですが本拠地は女子のマーヴェラスは兵庫県西宮市、かたや男子のサンダーズは広島県広島市とまったくの別々‼︎

 

JT内で共通の知人を通して知り合ったというのが自然な流れだと思います。

 

お子さんは娘さんが2人。両親ともにバレーボール選手なので将来は有望な選手になるかもしれないですね(^^)

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です