JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

鍋谷友理枝の高校での伝説的活躍とは?両親から継いだセッターの才能と可能性

   

鍋谷友理枝 かわいい 画像

相手コートを見つめるときの目ぢからがすごく印象的なデンソーエアリービーズ所属の鍋谷友理枝選手。

 

両親ともにバレーボール選手という生粋のサラブレッドで高校時代は並外れたバレーボールセンスでセッター、ウイングスパイカーの二刀流も経験しています‼︎

 

『バレーボールを始めたきっかけは?』

『天性の素質⁉︎中学・高校で残した伝説的活躍』

『大竹里歩選手との漫画みたいな青春ストーリー』

『鍋谷友理枝選手のプレーの見どころ』

などの話題を中心に鍋谷友理枝選手の魅力に迫ってみたいと思います‼︎

鍋谷友理枝選手のWikipedia風プロフィール

【読み方】なべや ゆりえ
【ニックネーム】レイ
【生年月日】1993年12月15日
【出身地】神奈川県川崎市
【身長】176cm
【体重】55kg
【血液型】
【出身校】
・小野学園小学校
・淑徳SC中学校
・東九州龍谷高等学校
【所属】デンソー・エアリービーズ(2011年-)
【ポジション】WS(ウイングスパイカー)
【背番号】15
【指高】224cm
【最高到達点】
スパイク:302cm
ブロック:288cm

バレーボールを始めたきっかけは?

両親はともに青山学院大学出身。お父さんは高校、実業団で活躍した選手でお母さんも春高バレーに出場するなどバレーボール一家のサラブレッドとして生まれた鍋谷友理枝選手。

 

バレーボールをするのは宿命とでも言える環境で小学校3年生のときにバレーボールを始めました。

 

また、
デンソー・エアリービーズのチームメイトである大竹里歩選手とは親同士の仲が良く、幼なじみで中学の同級生でした。

 

大竹里歩選手のお父さんは元全日本男子バレーでセンターとして活躍した大竹秀之さん。鍋谷選手のお父さんとは法政二高時代のチームメイトで昔から家族ぐるみの付き合いをしていたそうです。

 

【東九州龍谷高校で残した伝説的な活躍】

淑徳SC中学校の3年生のときには全国中学校体育大会でベスト8入り。東京都代表として出場した全国都道府県対抗中学大会ではオリンピック有望選手賞を受賞します。

 

中学3年間をともに過ごした2人。鍋谷選手は東九州龍谷高校、大竹選手は下北沢成徳高校と別々の高校に進学。

 

2人同じ高校に進むという選択肢もあったと思います。あえてそうしなかったのは別々の高校で日本一を目指したほうがお互いにより成長できると判断したのかもしれないですね‼︎

 

鍋谷選手は全国屈指の強豪校である東九州龍谷高校で一年生のときからレギュラーで活躍。

 

2009年には全日本選手権でNEC、パイオニアを破ってベスト4入りする偉業を達成。3年連続でインターハイ、国体、春高に出場すると、そのすべてでベスト4以上に進み、6度の優勝を手にしています。

 

また高校最後の春高バレーではMVPを獲得するなど高校バレーボール界を代表するアタッカーとして活躍しました。

 

【友であり、ライバル‼︎大竹里歩選手との漫画みたいな青春ストーリー】

鍋谷選手と大竹選手はお互いがキャプテンとなった高校3年生の全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)の準決勝の舞台で激突します。

 

この試合は事実上の決勝と言っていいほど白熱した試合となります‼︎

 

その試合の主役はもちろん鍋谷選手と大竹選手の2人。

 

鍋谷選手が打てば、大竹選手が打ち返す。両エースの意地が激しくぶつかり合う試合は1球、1球に会場が揺れるほどの歓声が巻き起こります‼︎

 

第1、第2セットを東九州龍谷が連取すると下北沢成徳も第3、第4セットを連取し、フルセットまで持ち込みます。

 

第5セットは第4セットを取った下北沢成徳の流れのまま5-10の最大5点差まで差が開きます。

 

けれど、
そこからジワジワと追い上げて東九州龍谷が逆転。17-16のマッチポイントを迎えると、最後は鍋谷選手の全身全霊のスパイクが決まり、自らの手で勝利を引き寄せました。

 

試合後、2人はコート中央に駆け寄り、大竹選手は「勝ったんだから連覇してよ‼︎」と声をかけ、鍋谷選手は「絶対する、絶対する」と何度もうなずいて答えていました。

 

その大竹選手の思いを胸に秘めた東九州龍谷高校は決勝で3-0のストレート勝ちで史上初の5連覇を達成したんです。

 

そして…

 

2人は高校卒業後、今度は別々ではなく同じデンソーエアリービーズに入団します‼︎

 

高校生時代は別々の高校で日本一を目指したライバルが、今度は同じチームで日本一を目指し、全日本代表ではオリンピックの金メダルを目指しています。

 

「漫画かよ‼︎」って思わずツッコミを入れてしまいたくなるほど、あまりにも良く出来た青春ストーリーですよね(^^)

鍋谷友理枝選手の3つの強みとプレーの見どころ

鍋谷友理枝 セッター 画像

セカンドセッターとしてトスアップできるWS

高校時代はセッターとしての能力も高く評価されていた鍋谷選手。「全日本の竹下佳江選手の後任は鍋谷だと思っている」とまで言っていました。

 

実際にデンソー以外のチームはセッターとして声がかかったと言います。でもウイングスパイカーとしての自分の意地と『小さくてもできる』というプライドのためにデンソーを選びました。

 

けれど試合の状況によってはセッターがサーブレシーブを取った場合、他の選手の誰かがアタッカーでトスを上げなければいけません。

 

第2のセッターとして鍋谷選手がトスを上げられるというのはチームの総合力も高くなります。

攻撃もできてレシーブ力の高さもある

全日本の戦術はレシーブをするアタッカーを「パスヒッター」、攻撃だけに専念するアタッカーを「ポイントゲッター」と呼んで分けています。

 

攻撃の起点となるセッターにいかにきれいにボールを返すか?ということが攻撃の選択肢を増やして相手に攻撃の的を絞らせません。

 

そのため、
レシーブ力が優れていて、なおかつ攻撃もできるという選手が求められるわけです。

 

鍋谷選手のレシーブ成功率はVリーグの2015-2016シーズンで55.5の18位。デンソーエアリービーズのリベロを除くすべての選手の中で1番の成績です。

相手レシーブを崩す猫サーブが強力

鍋谷選手のウイングスパイカーというポジションは全日本でもポジション争いが激しいところ。

 

エース・木村沙織選手だけでなく、サウスポーの長岡望悠選手、木村沙織2世とも言われる古賀紗理那選手など、メンバーに選ばれたとしても試合に出れるチャンスは少ないかもしれません。

 

それでもチームのために貢献したいという強い思いでピンチサーバーとして試合の流れを変えてくれると信じています。

 

鍋谷選手のサーブは打つときの手が招き猫のようにクニャっと曲がっているのが特徴的。

 

サーブ自体はジャンプフローターサーブと呼ばれるもので一般的ですが、そのサーブは相手コートで急激に落ちたり、選手の目の前でグッと伸びたり予測不可能。

 

とくに印象的だったのが2015年のFIVBワールドカップの第3ラウンド名古屋大会での対中国戦。第2セット17-18の場面で鍋谷選手をピンチサーバーとして投入。

 

サーブレシーブを崩すとそこから6連続得点で逆転し25-22で第2セットを奪ったシーンは、まさに日本に流れと勢いを与えるサーブでした。

 

バレーボール世界最終予選、そしてオリンピック本線でも鍋谷選手のサーブがチームの流れを変える”時”がくるでしょうね‼︎

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です