JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

座安琴希のダメ•下手を覆すデータとは?小学校→現在までの挫折と栄光

   

座安琴希 かわいい 画像

久光製薬スプリングスで守備専門のリベロとして活躍する座安琴希選手。小柄ながら抜群の身体能力を持ち、ミラクルレシーブを連発します。

 

沖縄出身ということもあって、悪霊を追い払う魔除けの意味を持つ守り神・シーサーのごとくチームのピンチを何度も救ってきました!!

 

『バレーボールを始めたきっかけは?』

『小学校から高校までの経歴と訪れた転機』

『落選とケガ‼︎経験した挫折と栄光』

『ダメ・下手の評価が変わるデータとプレー』

などの話題を中心に座安琴希選手の魅力に迫ってみたいと思います‼︎

座安琴希選手のWikipedia風プロフィール

【コートネーム】コト
【生年月日】1990年1月11日
【出身地】沖縄県うるま市
【身長】159cm
【体重】60kg
【血液型】A型
【出身校】
・うるま市立あげな小学校
・うるま市立高江洲中学校
・沖縄県立中部商業高校
【所属】久光製薬スプリングス(2008年-)
【ポジション】L(リベロ)
【背番号】10
【利き手】右
【最高指高】203cm
【最高到達点】
スパイク:280cm
ブロック:269cm

バレーボールを始めたきっかけは?

沖縄県うるま市は海を横切る海中道路や世界遺産の勝連城跡がある自然と歴史を感じることができる場所。ちなみにアーティストのHYのメンバー5人の出身地でもあります。

 

THE沖縄‼︎な土地で育った座安琴希選手は友だちがバレーボールをしていたのをきっかけに小学校3年生のときに始めたと言います。

 

座安琴希選手は3姉妹の次女。

 

姉、妹ともに1歳違いで中学時代は姉はスパイカー、妹はリベロ、彼女自身はセッターとして練習に打ち込みます。部員数が少なかったため座安3姉妹が中心選手として活躍しました。

 

姉妹で力を合わせてバレーボール部を盛り上げる。なんだか漫画みたいな展開ですよね⁉︎これで全国大会優勝ともなれば胸アツな展開なんでしょうけど現実はそう甘くなかったようです(^^;;

 

中学卒業後、沖縄県のバレーボール強豪校の中部商業高校でもセッターとして活躍。2007年、高校三年生のときにはキャプテンとして春高バレーや佐賀県国体を経験しました。

 

でも、
全国大会優勝の経験もなく、全国的にはほぼ無名。座安選手自身も「バレーボールは高校で終わりだろうな」と思っていたそうです。

 

【セッターからリベロへの転向で才能開花】

座安琴希 久光製薬スプリングス 画像

そんな彼女に声をかけたのが当時久光製薬スプリングスの監督に就任していた現全日本女子監督の眞鍋政義監督でした。

 

けれど、
久光製薬から誘われたときはセッターではなく、ほとんど経験がなかったリベロとしてのオファー。

 

そのため初めは入団を断っていましたが、眞鍋監督の熱心な説得によって入団を決めたと言います。

 

リベロとして入団したもののチームには全日本女子代表でバリバリ活躍していた佐野優子選手がいたためレシーバーとして途中出場するのみでした。

 

2010/2011シーズンからはセッター経験を生かして、トスを上げられるリベロとしてスタメンに定着。

 

おそらく、
この当時からMB1やハイブリッド6のように全員攻撃参加の戦術が頭の中にあって、トスを上げられるリベロを育てたいという思いから座安琴希選手を獲得したのかもしれないですね‼︎

 

2011/2012にはベストリベロ賞、サーブレシーブ賞を受賞する活躍の見せるもワールドカップでの出場機会は少なく、ロンドンオリンピックは代表落ちという悔しい思いをしています。

 

「リオ五輪には絶対出場する‼︎メダルを獲る」

 

この思いで迎えた2012/2013シーズンは元全日本のセッター、中田久美新監督のもとで女子史上初の国内メジャー大会三冠(全日本選手権、Vプレミアリーグ、黒鷲旗)達成。

 

さらに2012年10月の第67回国民体育大会と2013年4月の日韓Vリーグトップマッチでの優勝を含めると公式戦五冠達成となりました。

 

座安選手個人も2年連続でベストリベロ賞、サーブレシーブ賞を受賞。黒鷲旗でもベストリベロ賞を初受賞するなど大きく飛躍する年でした。

 

【ケガによる戦線離脱を乗り越えて‼︎】

けれど、
両膝のケガが悪化したことで2013年のワールドグランプリ以降は出場機会は減少。グランドチャンピオンカップは登録メンバーに入るも出場機会はゼロ。

 

2013/2014シーズンのほとんどをケガの治療に費やしたため、わずか4試合のみの出場となりました。

 

「何度挫折を経験しても諦めずにはい上がる」

 

この気持ちの強さで2014/2015シーズンからはチームのキャプテンとして復帰。シーズン中は17勝4敗で独走するもファイナルでNECレッドロケッツに敗れてしまいます。

 

レギュラーラウンドの強さがあっただけに最後の最後に負けてしまうという結果に。。。

 

けれど、
2014/2015の久光製薬スプリングスの強さと団結力は本物でした。レギュラーラウンドは15勝6敗で危なげなくファイナル進出。

 

ファイナルの相手は史上初のファイナル進出で勢いに乗る日立リヴァーレ。実はレギュラーラウンドでは1度も勝てなかった相手。

 

その猛攻を堅い守備で凌いだのが座安琴希選手でした。スコアは3-1で久光製薬スプリングスが2年ぶり、5回目の優勝を果たします。

 

そして、
2016年5月、リオデジャネイロオリンピック世界最終予選の登録メンバーの中に再び座安選手の名前がありました‼︎

座安琴希選手の評価がガラッと変わる⁉︎データとプレー

座安琴希 ポチ 画像

座安琴希選手の「下手」「ダメだ」というような厳しい意見や批判があります。けれどそれを1番わかっているのは座安選手本人ではないでしょうか⁉︎

 

彼女のレベルアップが全日本の守備力アップにつながるのであれば、代表に選ばれ続ける限り応援したいと思います‼︎

 

長年、全日本の正リベロとして、所属チームの先輩であった佐野優子選手と比較されることが多い座安選手。オリンピックでのメダルを狙う以上は佐野優子という最大の壁、そして自分自身の限界を超える必要があります。

サーブレシーブの安定感

サーブレシーブが下手だという評価も試合の場面、場面を切り取って評価しているだけでは?と思ってデータを調べてみました。

 

確かにメダルやオリンピック出場権がかかる大事な試合の大事な場面でのミスはより強く印象に残るうえに「何やってんだよ‼︎」っていう気持ちになるのもわかります(^^;;

 

ただ、
データを見てサーブレシーブが「下手だ」「ダメだ」という印象が少しでも変わると嬉しいです‼︎

シーズン 受数 成功数 成功率
2015/2016 145 94 63.0
2014/2015 290 215 74.1(2位)
2013/2014 77.8
2012/2013 523 392 75.0(1位)
2011/2012 460 339 73.7(1位)

✳︎2013/2014シーズンはケガで4試合の出場のみ。
✳︎2011/2012、2012/2013シーズンは試合数が現在の20試合ではなく28試合のため受数が多い。

 

2015/2016シーズンも決して調子が悪かったわけではなく、同じ日立リヴァーレに所属する新鍋理沙選手が受数297、成功数218、成功率73.4とリーグトップの成績を残しています。

 

新鍋理沙選手は攻撃もできてサーブレシーブもできるパスヒッターとして積極的にレシーブを受けているんでしょうね。

 元セッターとしてトスアップができる強み

リベロはコートの中央に引かれたアタックラインを越えてからの攻撃はもちろん、トスも禁止です。トスを上げるとするならば、アタックラインの手前で踏み切って体が流れながらトスを上げなければいけません。

 

元セッターということもあってセッターの代わりにトスを上げられることも座安選手の強み。とくに身体能力の高さを生かしたジャンプトスは「オォー」とうなってしまいます‼︎

 守護神が吼える‼︎リーダーシップこそ座安琴希の真骨頂

座安選手のコートでの存在価値はただレシーブするだけではありません。真の存在価値は精神的にチームを引っ張るリーダーシップの高さにあります。

 

とにかく味方を鼓舞するように積極的に声を出しています。チームスポーツにとって声を出して盛り上げることはチームの士気を上げます。

 

座安選手はコートにいるときはもちろん、ベンチに下がっているときでもチームメイトに声をかけています。テレビ中継の大歓声の中でもマイクが声を拾うというのはかなりの声量じゃないとできない芸当。

 

さらには、
嫌われてでも言わなければいけないことは言うと損な役回りを自らかって出ます。

 

そんな座安選手に久光製薬スプリングスの中田久美監督は全幅の信頼を寄せていますし、全日本の眞鍋政義監督もここぞというときのリーダーシップを期待していると思います‼︎

  関連記事

島村春世 かわいい 画像
島村春世のWikiや高校の成績•経歴!笑顔が可愛い俊足MBの原点とは?

多彩な攻撃とスピードを武器に世界の高さに対抗する全日本女子バレー代表の島村春世選 …

佐藤美弥 かわいい 画像
佐藤美弥のWikiや可愛い笑顔と真の素顔とは?全日本で光る3つのプレー

2015/2016シーズン、日立リヴァーレの史上初となるファイナル進出という大躍 …

福澤達哉 画像
福澤達哉は結婚した嫁と落選からの復活劇!進化続ける3つの武器とは

全日本No.1の跳躍力から放たれるスパイクの力強さとベテランの冷静さをあわせ持つ …

江畑幸子 かわいい 画像
江畑幸子が引退級の怪我を克服した奇跡とは?不屈の心とド天然な性格

女子バレーボール日本代表の木村沙織選手が絶対的エースなら江畑幸子選手はトランプの …

鍋谷友理枝 かわいい 画像
鍋谷友理枝の高校での伝説的活躍とは?両親から継いだセッターの才能と可能性

相手コートを見つめるときの目ぢからがすごく印象的なデンソーエアリービーズ所属の鍋 …

田代佳奈美 かわいい 画像
田代佳奈美のWikiと転機となる母の言葉!全日本一の度胸と3つの魅力

全日本女子バレーのメンバーに選ばれたた東レ・アローズのセッター・田代佳奈美選手。 …

内瀬戸真実 画像
内瀬戸真実のWiki•出身中学校や嵐好きの素顔!珍サーブと3つのプレー

170cmという身長ながら攻撃の要でもあるウイングスパイカーとして全日本代表にも …

丸山亜季 バレー 画像
丸山亜季のWikiや可愛い素顔は?全日本のリズムを作るレシーブの秘密

岡山シーガルズのリベロ・丸山亜季選手。彼女の読みが冴えたときのレシーブは神がかり …

佐藤あり紗 かわいい 画像
佐藤あり紗の私服ギャル時代が可愛い!リベロに必要な1つの絶対条件

リオデジャネイロオリンピック出場の切符をかけて5月にはアジア最終予選と6月にはF …

田中瑞稀 かわいい 画像
田中瑞稀の中学•高校で磨いたWSのセンス!可愛い私服や彼氏の噂は?

高いバレーボールセンスと身体能力で170cmの身長ながらウイングスパイカーとして …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です