JOYSPO!!

~話題のNewsにSpotlightを当てる~

比嘉真美子の不調を救ったある一言!父兄の想い出胸に復活の優勝へ!

      2016/04/09

比嘉真美子 画像

アマチュア時代から抜群の飛距離を武器にアマチュアの大会という大会で優勝をかっさらっていった比嘉真美子選手。

 

最強女子アマとしてプロデビューするも2013年以降、調子が低迷しています。ただし今年は飛ばすだけがゴルフじゃないと”大人のゴルフ”を身につけて復活を目指します。

 

『ゴルフを始めたきっかけは?』

『不調の原因は?復活を支えるファンの一言とは⁉︎』

『3つの意識で理想のスイング』

『オフの素顔は?Twitterからわかる彼氏のタイプ』

などの話題を中心に比嘉真美子選手の魅力に迫ってみたいと思います‼︎

比嘉真美子選手のWikipedia風プロフィール

【生年月日】1993年10月11日
【出身地】沖縄県国頭郡
【身長】161cm
【体重】58kg
【血液型】O型
【出身校】
・本部町立本部中学校
・沖縄県立本部高等学校
【所属】ジブラルタ生命保険
【プロテスト合格日】2012年7月26日
【契約】
ウェア:ラコステ

 

兄と父を早くに亡くし、自分が家族を支えるんだという強い気持ちでプレーし続けてきた女子プロゴルファーの比嘉真美子選手。

 

比嘉真美子選手は3人兄妹の末っ子。この辛い経験もお母さんとお姉ちゃんがいたから乗り越えられたと言います。

比嘉真美子選手のクラブセッティング

ドライバー ピン G LS TEC ドライバー(10.5°)
FW ピン G ハイブリッド(3番19°、4番22°)
UT ピン G フェアウェイウッド(3番14.5°、5番17.5°)
アイアン ピン S55 アイアン(5番〜W)
ウェッジ タイトリスト ボーケイデザイン SMウェッジ(52°、58°)
パター スコッティキャメロン セレクト ニューポート2(2014年)
ボール タイトリスト PRO V1ボール(2015年)

ゴルフを始めたきっかけは?

小学校5年生のときにお父さんの練習について行ったのがきっかけでゴルフを始めます。

 

諸見里しのぶ選手を教えていた嘉数森勇ティーチングプロに週2回レッスンを受け、ゴルフの基本を学びました。

 

小学校6年生になると大会にも出場するようになり、九州大会で3位になると『もう少し練習してみたい‼︎』と週3回、4回の練習が毎日になりました。

 

ただ、
本音は中学ではバスケットボールをやりたかったと言います。小学校3年生のときから部活に参加して、チームメイトと一緒にプレーするのが楽しかったと言います。

 

個人競技のゴルフにはない楽しさがバスケットボールにはあったのでしょう‼︎それでも両親のすすめでゴルフを選んだのは間違っていませんでした。

中学•高校での成績はアマチュアタイトル総ナメ!

比嘉真美子 高校 画像

中学、高校時代は『練習では音を上げず、嫌な顔をしたことがない』とコーチも感心するほど練習に打ち込みます。

 

これは元ハンドボール選手だった母・彰子さんが『人と同じことをしていても一流にはなれない。何か違うことをしないと』という言葉をずっと胸に練習していたんでしょう‼︎

【アマチュア時代の成績】

  • 2008年『全国中学ゴルフ選手権』優勝
  • 2009年『全国中学ゴルフ選手権』優勝
  • 2010年『全国高校ゴルフ選手権 春季大会』優勝
  • 2010年『日本ジュニアゴルフ選手権』優勝
  • 2011年『日本女子オープン』ローアマチュア
  • 2011年『日本女子アマチュアゴルフ選手権』優勝
  • 2012年『スタジオアリス女子オープン』3位(ローアマチュア)
  • 2012年『日本女子アマチュアゴルフ選手権』優勝

 

2012年のプロテストを8位タイで合格。

年度 獲得賞金 ランキング
2012年 608万6400円 83位
2013年 7865万5413円 8位
2014年 2240万658円 45位
2015年 383万3500円 95位

 

【プロ入り後の優勝記録】

  • 2012年【STEP UP】『ごうぎんDuoカード・レディーストーナメント』
  • 2013年『ヤマハレディースオープン葛城』
  • 2013年『リゾートトラストレディス』

不調の原因は?復活までカウントダウン⁉︎

アマチュア時代には数々のタイトルを手にし、プロ入りわずか2年目にして賞金ランキング8位なった実力はいったいどこに行ってしまったのでしょうか⁉︎

 

比嘉真美子選手自身は、

「練習ではうまくいくショットが安定しないんです。(試合になると)狙ったところにボールがいかなくて…」

と話し、別のインタビューでは、

「2014年はいいゴルフができずに、ショットに自信が持てなくなった」

と話しています。

 

どうやら不調の原因はメンタルにあったようです。スポーツでは『イップス』と呼ばれ、極度の緊張や過去のミスなどのトラウマによって体が硬直したり思うように体を動かせなくなることを指します。

 

比嘉選手の場合、ドライバーショットが安定しないから、2打目がグリーンに乗らない。その焦りからアプローチやパターまで乱れてしまうという悪循環。

 

さらに追い討ちをかけるように左ヒジのじん帯が骨からはく離するというケガ。

ファンの”ある”一言が不調から抜け出すきっかけに!

そんな比嘉真美子選手を救ったのが彼女を支えるファンでした。

 

ある大会で予選落ちした週の日曜日、打ちっぱなしの練習場で見つけたのはゴルフコースで見かけるファンの男性でした。

 

そのファンの男性はどんなにひどいプレーをしていても途中で帰ることなく18ホールが終わるまで応援してくれているので比嘉選手もよく覚えていました。

 

ファンの男性にかけ寄り、

「こんなに悪いプレーばっかりで結果も残していないのに見に来てくれるのはなぜですか?」

と質問せずにはいられませんでした。

 

するとファンの男性は、

「スコアとかじゃないんですよ。比嘉選手が笑顔でプレーしているのを見に来ているだけですから。」

と。

 

さらに続けて、

「今は調子が悪い?それなら僕らは気長に待つだけです」

という思いもよらない答えが返ってきました。

 

この答えを聞いた瞬間に「支えてくれている人たちの気持ちを裏切ってはいけないな」と強く思ったと言います。

 

そして、

今できることを一つ一つやっていこうと思えるようになりました。

 

週刊パーゴルフの2016年3月29日号で『比嘉真美子はどのようにしてイップスを克服したのか』という記事があったので、もう大丈夫そうですね(^^)

比嘉真美子選手がスイングで意識する3つのこと

比嘉真美子選手は平均飛距離260ヤードと女子プロゴルファーの中でもトップクラスの飛距離を武器にしています。

 

【1】飛ばそう、飛ばそうと意識せず、ボールを曲げないことを第一に考える。ボールをあまり高く上げすぎず強い球を打つように心がける。

 

【2】ゴルフクラブを構えたときに無理にヒジを張らずに自然とダラ〜っと垂れ下がった状態を意識。無理にヒジを貼る=力んでしまうのでクラブを振り下ろすときに体が左に流れてしまう。

 

【3】ボールの位置は左足のカカト線上に置く。スイングの幅が小さいからといってボールを真ん中寄りに置くと、逆にクラブをボールに当てにいこうとすると地面を打ってしまう(いわゆるダフる)

オフの素顔は?彼氏にしたいのは〇〇な男性⁉︎

比嘉真美子 私服 画像

ゴルフコースを離れると名探偵コナンなどの漫画や雑誌、テレビを見てリラックス。現在はマネージャーでもある姉・久美子さんと東京都内のマンションに住んでいます。

 

オンとオフはきっちり分けられるほうだと休日はしっかり睡眠をとって体を休ませると言います。よく寝て、よく遊んで、よく仕事するっていうのが比嘉選手のモットーなのかもしれないですね(^^)

 

【すぐに肌が真っ赤!実は〇〇がダメ‼︎】

プロゴルファー同士やゴルフ関係者と食事に行くとやっぱり欠かせないのはお酒。とくに汗を流した後のビールは最高でしょう‼︎

 

比嘉選手は沖縄出身でお酒が強いのかと思いきや、まったくアルコールがダメな体質。すぐに肌が赤くなってしまうそうです(^^;;

 

【ツアー中の癒しは愛犬ココちゃん】

比嘉選手の癒しとなっているのが沖縄に住むお母さんから送られてくる愛犬ココちゃんの写真。犬種はシーズーで比嘉選手の溺愛っぷりがヤバイ‼︎笑

 

Twitterでは比嘉選手の面白いところがどんどん出てきます( ̄▽ ̄)

 

【好きな男性のタイプはあのハリウッドスター?】

好きな男性のタイプはおそらく筋肉質で男らしい人!

共通するのはムキムキな筋肉でしょ?笑
比嘉選手に熱愛報道が出るときはどんな人が彼氏なのか楽しみですね(^^)

  関連記事

Comment

  1. 南宏明 より:

    東海クラッシックで元気な姿を拝見して、嬉しく思います*\(^o^)/*
    従来の豪快なゴルフを楽しみにしてます✋
    よくカムバックしてくれました

  2. 山根一朗 より:

    よしよし!
    自信もち普段通りラウンドすれば、結果は必ずついてきます。
    ごうぎんDuoでのスコアラー以来、サポーターです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です